うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

ベルソムラの副作用で悪夢を見たときの対処法

   

Belsomra:ベルソムラは平成26年11月26日に発売された睡眠薬の新薬です。一般名はスボレキサントと呼ばれています。ベルソムラという名前の由来はフランス語です。belle:ベルは美しいという意味を持ち、som:ソムは睡眠という意味を持つそうです。その2つの単語を合わせて「Belsomra」として「美しい睡眠」という意味を込められて命名されたとの事です。

その名前の通り、睡眠障害に対して素晴らしい薬なのでしょうか、またはその名前とはうらはらに悪夢を見せられるような薬なのでしょうか。今回は、ベルソムラという睡眠薬の特徴や効果、副作用について考えてみましょう。

ベルソムラの特徴

簡単な説明をすると、従来の睡眠薬は、脳内の眠気を発生させる部分を薬の効果で作用させて、眠くなるようにするという仕組みでした。しかし、ベルソムラは脳内の眠気を覚まさせる部分を薬の効果で抑え付ける事によって、眠くなるようにするという仕組みです。従来の睡眠薬と結果的には同じですが、眠りに至るまでのプロセスが異なっている事がベルソムラの最大の特徴と言えるでしょう。

スポンサードリンク

ベルソムラの効果

寝つきが悪い、寝付けない、全く眠れない、眠りが浅く起きてしまう、などの睡眠障害の改善にとても効果的です。薬の効果が表れるのは、個人差もありますが、おおよそ飲んですぐに効果が期待されます。薬の効果が続く時間は、だいたい6時間から8時間ほどであるという事です。

 

ベルソムラの服用方法

眠る直前に、1回20mg飲んでください。高齢者の方は15mgが服用の目安となっています。また、服用する量は、その効き目によって量を減らしたり増やしたりしてはいけません。必ず目安の分量を守って摂取しなくてはなりません。

 

服用時の注意事項

まず、食後すぐにベルソムラを飲まないでください。最低でも1時間以上は時間をあけてから飲んでください。理由は的確な効果が得られないという事です。

また、ベルソムラを飲んだ時に、影響を受けやすい臓器があります。それが肝臓です。肝臓に持病を持っていて、肝臓の薬を飲んでいる方は、特に注意が必要とされます。また、肝臓が病気でない場合でも、別の病気で飲んでいる薬にも、肝臓に作用する薬はあります。以下の薬が肝臓に作用する薬です。一般名で記載いたします。以下の薬が効いている時にベルソムラを飲む事は絶対に避けて下さい。とても強すぎる効果が出てしまい、人体に危険を及ぼす疑いが持たれているからです。

 

・イトラコナゾール(抗真菌薬)
・ボリコナゾール(抗真菌薬)
・クラリスロマイシン(マクロライド系抗菌薬)
・リトナビル(抗HIV薬)
・サキナビル(抗HIV薬)
・ネルフィナビル(抗HIV薬)
・インジナビル(抗HIV薬)
・テラプレビル(抗HCV薬)

 

上記のクラリスロマイシンという薬は処方される頻度が極めて高いので特に注意が必要です。また、上記以外にもベルソムラとの併用を避けなければならない薬は多いとされています。ベルソムラを飲むときは必ず医師、薬剤師、専門知識のある方と話し合うことをお勧めいたします。

スポンサードリンク

ベルソムラの副作用

代表的な副作用は頭痛、疲労感、急な眠気です。飲んで眠った次の日の朝にこれらの症状が起こる事があります。また、ベルソムラを飲んで眠った時に「ひどい悪夢」にうなされるという事例が、発売から半年間で50件数近く挙げられている事が分かっています。この悪夢のもとは、ナルコレプシー症候群という眠り病と言われる病気に近い症状を、薬を飲んだ状態の時に起こしているという疑いが持たれています。

このナルコレプシー症候群とは、時と場所に関係なくいきなり強い眠気に襲われたり、あるいは、感情的になったり、笑ったり、怒ったり、興奮したりすると、突然体中の力が抜けて動けなくなってしまうという病気です。現段階では、この症状が「可能性としては起こるかもしれない」と、予測されている薬でもあります。

 

副作用の対処法

ベルソムラを飲んだ次の日の朝は、自転車や自動車の運転、重機など危険な機械の運転には、特に注意するか、あるいは避ける事をお勧めします。また、効果が薄いからという理由で、目安となる分量以上に飲まない事も対処法の一つです。

上記にも記載した通り、色々な薬と作用してしまう危険性があります。使用中の薬を医師、薬剤師と必ず相談してから、ベルソムラを飲んで下さい。別の病気で別の薬を処方してもらう時にも、逆にベルソムラを飲んでいた場合は、その報告もしっかり伝えて下さい。

 

まとめ

眠れない原因は人それぞれでさまざまなものでしょう。家族や仕事上のトラブルもそうですし、神経病やうつ病などの心の病からも見受けられるでしょう。

不眠、睡眠障害の治療をベルソムラに頼りきりになるのは決して良い事ではありません。急ぐ必要がないのであれば、なるべく薬に頼らず、薬以外の方法、例えば心理的な療法であったり、自律神経を訓練する方法であったり、薬以外にも治療する方法はあるはずです。

不眠症の治療は原因疾患の治療、環境の整備など身近なところから合わせて行う事が、大切な手段のひとつと言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - うつ病に関連すること