うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

生きる意味とは?人生の迷いを解決する3つの方法

      2016/04/16

生きる意味とは

つらいことが続くと、なぜこんな苦しい思いをしてまで生きているのだろうと思うことはありませんか。また、特別何かが苦しいわけでなくても、なんとなく生きる日々になぜ生きるのか、このまま老いていくだけなのかなどと考えて漠然とした不安を抱えたままで、人生に意味を見出せないという人もいると思います。

生きる意味。

これはとても難しい問いです。運命が決まっているのなら、何も考える必要はないと言う人もいるでしょう。いや、人は生きる意味があり、それを探すべきだと言う人もいるでしょう。

私は、生きる意味を見出した方がいいと考えます。生きる意味を見つけたら、生活にハリが出てきます。何かに夢中になり、また、自分が知らない世界に触れることは、いくつになっても新鮮です。未知との遭遇の喜び、知識や技術を得た時の快感や達成感、または誰かに必要にされる温もりを味わえば、生きているということを実感できることでしょう。

しかしながら、自分はなぜ生きているのかという問いに対する答えや、人生における目標を見つけることはなかなか難しいものです。何かきっかけがないと人は変化することはありません。そこで以下に生きる意味の探し方のコツをささやかながらまとめてみましたので、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

生きる意味の探し方

主に二つに分けて考えるといいと思います。

日常に注目するやり方

まず一つ目は日常に注目するやり方です。

皆さんが日常で幸せだなとか楽しいなと思うものを書き出してみてください。ささいなことで構いません。お笑いを見ること、おいしいご飯を食べること、誰かと電話することなどでいいのです。

書き出しましたか?

はい、それを実感することが、皆さんが生きる意味の一つになりえるのです。つまり、日常で今の自分が感じていること、今を大切にしていくこと、その行いと気持ちを感じていくこと。そこに生きる意味を見出すわけですね。

 

大きな目的を設定するというやり方

二つ目は大きな目的を設定するというやり方ですね。

皆さんが成し遂げたいこと、または好きなこと、挑戦してみたいことを書き出してみましょう。次にそれができそうかどうか、できそうならそれを達成するために何をすればいいかまとめてみましょう。できるだけ具体的にステップを書くのがポイントになります。皆さんの人生の目的を決め、それに近づくためにやれることを決め、努力していく。これも一つの生きる意味になります。

スポンサードリンク

どうしても生きる意味が見出せないという方へ

日常に注目するやり方、大きく生きる目的を設定するやり方を書きましたが、どちらもよくわからないという人がいるかもしれません。そういった人は本や映画、音楽に意識的に触れていくことをおすすめします。これらの作品は必ずドラマがあります。人の生き様があります。思想があります。ある意味で他人の人生に触れる行為なわけです。

自分の中に生きる意味が見出せない場合は、外に生きる意味を見出すヒントを求めてみましょう。

その時、この登場人物はなぜこのような行動をするのだろうとか、どういった信念なのか、どう生きようとしているのか、何を楽しんでいるのかといったことに注目しながら作品に触れるといいです。そうすることで自分の考え方に影響が出て、自分の生きる意味がぽつりぽつりと言葉として頭に浮かんでくると思います。

最終的には生きる意味を見出すのは自分自身です。頭に出てきた言葉を大切にして、自分の生きる意味を決めたいですね。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - うつ病に関連すること