うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

レクサプロの効果と副作用まとめ

   

レクサプロとは

レクサプロは抗うつ薬の一種で、うつ病の人に効果を発揮します。日本では2011年から発売が開始されており、比較的新しい薬です。レクサプロはうつ病になり脳内で減少しているセロトニンの量を増やす働きがあります。効果が出るまで1週間程度と早く、副作用も少なめのいい薬です。

すぐに効果を出したい人におすすめです。また、レクサプロは女性の方に効きやすいという報告もあるらしいので、女性に特におすすめの薬と言えるでしょう。

スポンサードリンク

レクサプロの副作用は

レクサプロの副作用として

・悪心
・眠気

・頭痛
・口の渇き
・めまい
・倦怠感
・下痢
・性欲低下

などが挙げられます。

なお、悪心とは、吐き気がすることです。服用し始めて数日から2週間程度の期間でこれらの症状が出ることがあるようです。あまり重い副作用が出ることはないようですが、もしも症状がひどく、不安になった場合は医者に相談して対処の仕方を聞きましょう。

スポンサードリンク

レクサプロの注意点は

他の薬を服用している人は必ず医者に伝えてください。薬によっては、不整脈を起こしたり、セロトニン症候群になるリスクが高まります。セロトニン症候群とは抗うつ薬を飲んだときにまれになるもので

・不安
・イライラ
・落ち着きがなくなる
・手足が勝手に動く
・震える
・体が固くなる
・発汗
・発熱
・下痢
・脈が速くなる

などの症状が出ます。

このような症状になるセロトニン症候群を引き起こす危険性を増やさないためにも、必ず医者に服用している薬を伝えてください。他には心臓の病気があったり、過去に何か検査で引っかかったという経験がある人も必ずレクサプロを服用する前に医者に伝えましょう。

服用中の注意点としては、これは当然のことですが、飲みすぎには注意してください。いい薬だからたくさん服用すればいいというわけではありません。誤って多く服用してしまった場合は必ず担当の医者に報告してください。

他には、不安が強くなったり、イライラが強くなったりすることがあるようです。この場合も軽視せずに、医者に自分の様子をきちんと伝えましょう。抗うつ薬を飲むことで自殺願望が強くなる人もいるので注意が必要になります。

また、レクサプロを服用することによってうつ病の症状が改善される、または逆に副作用を感じて調子を崩すということがあっても自己判断で服用をやめないようにしましょう。自己判断で服用をやめると、変に調子が悪化してしまうかもしれませんので、必ず担当の医者にレクサプロの服用について相談するようにしてください。

 

レクサプロまとめ

レクサプロは効果が出るまでが早く、副作用も少なめです。しかしながら副作用が全くないというわけではないので、何か気になる症状が出たら医者に伝える必要があります。また、他の薬を服用している人や心臓に何かしらの心配がある人は服用前に相談してください。

レクサプロは、正しく服用すればうつ病の人にとって大きな手助けになる薬であると言えるでしょう。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 精神安定剤や治療薬