うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

「しにたいよ」という恋人と付き合う4カ条

      2016/04/16

「死にたい…」

あなたが突然、彼氏や彼女パートナーにこんな風に言われたらどうしますか?「自分がどうでもいい存在に思える」「死にたい」と考えてしまうのはうつ病の1つの症状です。もし彼氏や彼女がうつ病になってしまったら…こんな風に考えるとすごく不安ですよね。

ここでは、そんな状況になった時、うつ病のパートナーどう接すればいいのか?くわしく考えていきましょう。

こんな症状があったら要注意!

いつも元気な彼氏や彼女。でも最近いつもと様子が違う、、と思ったら注意深く様子を見てみましょう。下記のような症状はありませんか?

 

・マイナスの気持ちでいることが多くなった

・今まで好きだった趣味などに急に興味がなくなった

・やる気がなかなか起きない

・夜眠れなくなった

・食欲がなくなった

・集中力が低下して仕事の能率が落ちた

 

このような症状が長く続くようであればうつ病の可能性もあります。心療内科や精神科などを受診をすすめ、不安を和らげるために自分も一緒に付き添ってあげてもいいでしょう。

スポンサードリンク

うつ病と診断されたら

彼氏、彼女がうつ病と診断されたら…とっても不安ですよね。でも、これまでにもお伝えした通り、うつ病は治る病気です。自分を理解してくれる人がそばにいると感じればパートナーはこの上なく心強いでしょう。

でも、自分自身はパートナーにどう接すればいいの?自分にできることは?ここでは、具体的にうつ病のパートナーとの接し方を見ていきましょう。

 

うつ病のパートナーとうまく付き合う4か条

一緒に病院へ付き添う

うつ病の人はなかなか自分では病院に行きたがらないケースもあります。病院へ行くことをそっと後押ししてあげましょう。また、上であげたように自分を理解してくれる人がそばにいることはパートナーにとってとても心強いことです。

一緒に病院へ付き添い医師の方針や病気への理解を深めて2人で協力しながら完治を目指しましょう。

 

うつ病の症状を理解する

上であげたようなうつ病の症状があった時、性格的な弱さや怠けている気持ちだと思うのは誤解です。その人が変わってしまったと思わずに、うつ病の症状だということを冷静に理解しましょう。

 

叱咤激励しない

うつ病の症状を理解することにもつながることですが「がんばって」「早く元気になって」などの励ましは逆効果です。うつ病になる人はむしろ人より頑張り屋で真面目な人が多いのです。「がんばって」と言われてもこれ以上何をがんばればいいのかと本人を余計に混乱させます。ここは聞き役にまわって、パートナーが話易い雰囲気づくりにつとめましょう。

 

ほうっておかない

ほうっておかないというのは放置しないという意味です。うつ病の症状の1つに自殺願望があります。最悪の状態もありうるのです。干渉しすぎず程よい距離感を保ちながらしっかりと見守りましょう。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?もしパートナーがうつ病になってしまったら…うつ病の治療には、どんな薬よりも周りの人たちの理解がもっとも大切です。今日あげた4か条を胸にパートナーと一緒に完治を目指しましょう。

■他のおすすめ記事はこちら
うつ病の家族や恋人との接し方まとめ


スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - うつ病の接し方