うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

うつは食べ物が原因~○○を少なくすれば鬱は治る~

   

Pocket

食べ物がなぜうつ病に影響するのか

うつ病の発症要因の一つとして、セロトニンなどの脳内物質の分泌が減少しているからということが挙げられます。セロトニンが減少することで気分の落ち込みや不眠などの症状が見られるようになります。逆に言うと、このセロトニンが増えると、上述のようなうつ病の症状が改善する可能性が出てくるわけです。

ではなぜ食べ物がうつ病に影響するのでしょうか。

実は食べ物の中にはこのセロトニンの分泌を促す働きがあるものがあるのです。うつ病にいいとされる食べ物があるわけですね。よって、食べ物に気をつけるだけでうつ病に何らかのいい影響を与える可能性があります。

逆に、食べ物によっては疲れがたまることを促進してしまうものもあります。疲れがたまりやすくなり、ストレスを感じやすくなってしまい、結果、うつ病発症の原因の一つになってしまうものもあるわけです。今回は以下にうつ病にいい食べ物、悪い食べ物についてまとめてみましたので参考にしてください。

スポンサードリンク

うつに良くない食べ物は?

これはずばり甘いものです。

えっと思われた方も多いと思います。疲れた時は甘いものをとりたくなりますよね。脳みそが疲れている時は、エネルギー補給のために糖分が必要であるという話を聞いたことがあると思います。糖分はエネルギーとして必要なのは確かなのですが、血糖値が上がり、低血糖症になる危険性が出てきます。これになると、疲れがたまりやすくなったり、やる気が出なかったりするなど、うつ病のような状態になります。

砂糖を多くとっている人の方がうつ病になりやすいという海外の研究結果もあります。よって、うつ病の人や予防したい人は、甘いものをとりすぎないように意識することが大切です。

 

うつに良い食べ物は?

セロトニンの分泌を促すような食べ物を積極的にとりましょう。具体的には…

・魚類

・大豆製品

・乳製品

などです。これらの食品を中心に摂取し、他には野菜などバランスの良い食事をこころがけることが大切です。いわゆる健康的とされる、栄養バランスの食事をとることがうつ病改善へとつながります。

スポンサードリンク

手軽に取れるうつに良いサプリメントは?

うつ病にいい食べ物をとりたいけれども、事情があってうまくいかないという方がいたら、サプリメントで補ってみましょう。

セロトニンの分泌を促すのに重要な栄養素としてアミノ酸があります。よってアミノ酸がとれるサプリメントを探してみましょう。他には葉酸サプリメントですね。葉酸はうつ病の予防に効果があるという研究結果があります。よって、アミノ酸と葉酸が摂取できるようなサプリメントを購入することをおすすめします。

食事とサプリメントを有効活用してうつ病の予防、改善をしていきましょう。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

Pocket

 - うつ病と食事 , ,