うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

うつ病で退職した後「過ごし方・お金・復職」3つの悩み解決

   

うつ病が原因で、やむなく、勤め先を退職される方も、最近は多いかと思います。そのような方の退職後の三大心配事は、

・どう過ごしたら良いの?

・お金のことはどうしたらいいの?

・再就職はできるんだろうか?

ということではないでしょうか。そこで、この3つの悩みをひとつずつ解決していきたいと思います。

退職後は何をしたら良いの? ~退職後の過ごし方~

うつ病で退職した場合、どのように過ごしたら良いか分からないと言う方がかなりいるようです。大きく分けると、退職後の過ごし方としては、次の3ステップを焦らずに進むと良いのではと思います。

ステップ1:十分に静養をする

退職直後は、とにかく、休養に専念することです。うつ病で退職したのです。まずは、体調を回復させることのみを考えましょう。眠りすぎるくらい寝ても良いでしょう。
この段階では、間違っても職探し行動などしないで下さいね!

ステップ2:生活のリズムを整えていく

少しずつでも動きたい気持ちが出てきたり、動ける状況になってきたら、朝、決まった時間に起きるようにしましょう。そして、セロトニンの分泌が促進されるように、朝日を十分浴びるようにしましょう。

日中は、好きなこと、以前、好きでしていたことなどをして過ごしてみましょう。読書、スポーツ、ショッピング、ドライブなど何でもOKです。うつ病になって退職されるくらいですから、きっと仕事に追われ、プライベートな時間など持てずにきたのだと想像されます。

その分を取り戻すくらいのつもりで、自分のために好きなことをして過ごしてみましょう。

ステップ3:今後について考え、動き始める

もう十分に好きなことも堪能したなと思ったら、今後のことを真剣に考え始めましょう。どんな生き方、働き方を今後するかなどについてです。うつ病になって退職したという事実を受けとめ、同じことを繰り返さないように、このことを教訓にして、今後の人生設計をし直しましょう。

スポンサードリンク

お金はどうしたら良いの? ~経済的な心配事への支援制度~

退職後に使える制度としては、

 

・通院中であれば
「自立支援医療制度」


・在職中から受給していたならば
「傷病手当金」


・働く気があるならば(将来的にも含めて)
「雇用保険」


 

が利用できます。それぞれの制度を利用するには、条件等がありますが、大抵の方は、利用が可能と思われます。うつ病で退職時にこれらの手続きをするのは、体力的にきつい面もあると思いますが、ずっとお金のことで悩んでいるよりは良いでしょう。

利用できる制度は活用して、経済的な不安や悩みを軽減させて下さい。

スポンサードリンク

再就職について心配なんだけど? ~再就職するために~

うつ病で退職に至った場合、その後の再就職はできるのだろうかと不安が大きいと思います。退職理由が「うつ病」と言う点が、特に不安を大きくすることと思います。確かに、この点は、再就職するにあたり、一番のネックになるかと思います。

しかし、もう既にうつ病を理由に退職してしまったのは事実なわけですから、その事実を正面から受けとめ、この経験を再就職にうまく活かすくらいの気持ちでやっていきましょう。まずは、今後どのような生き方をするのか、働き方をするのかなどを明確にして、再び、うつ病に陥らないように、仕事選びをしていきましょう。

これらの作業を一人で行うのが難しいと思われたり、再就職活動を指導、支援してくれる人などが欲しいと思う場合は、最近は、うつ病を理由に休職・退職した方向けの「リワークプログラム」を行っている医療機関や民間企業、独立行政法人などもありますので、これらを利用していみるのも良いでしょう。

「リワークプログラム」を行っているところは年々少しずつ増えているようですが、それぞれの機関によって特色があるようですし、再就職の実績等もまちまちのようです。活用する場合には、自分に合っていると思うところを良く見極めた上で、利用してみて下さい。

 

まとめ

以上のように、退職後の悩み事となる「過ごし方・経済面での問題・再就職」について、お話ししてきました。うつ病で退職した場合、他の理由で退職した場合とは異なったうつ病特有の悩みや悩み方になるかと思います。

しかし、現在、あまり好ましいこととは言えませんが、うつ病で退職に追い込まれる方はかなりいらっしゃいます。ですが、そのような方の多くは、無事に次のステップに進み、新しい生活をスタートさせているという事実があります。

うつ病の復帰に向けた制度や仕組みも、かなり整ってきています。焦らずに、情報をうまく集めて活用し、新たな生活の一歩を踏み出していかれますことを願っています。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - うつ病と仕事とお金 ,