うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

光療法はうつに効果があるのか?

      2016/04/16

「光を浴びるだけで効果があるなんて嘘」

そう思っている方がいたらチョット待ってください。うつに対し、体内時計を元に戻すという行為は、治療を後押しする重要なポイントとしてあげられていますが、この「体内時計」の誤差をリセットさせるのが、「太陽光」つまり光なのです。

今回は、その光を使った治療法が、うつにどのような効果をもたらすのか、改めて触れていきます。

光療法とは?

光療法とは2500ルクス以上の強い光を浴びることで体の調子を整える治療法です。

あまり一般の方には知られていませんが、書籍で紹介されていたり、インターネットで解説しているサイトがあるなど、その有効性が注目されています。

うつ病、特に冬季うつに効果があるとされ、使用されることが多いです。

スポンサードリンク

冬季のうつ病に対する光療法の効果は?

冬場にうつ病のような症状が出る冬季うつですが、これは冬では光を浴びる時間が短くなるということが原因でなるとも言われています。

よって光を浴びて調子を取り戻す光療法が有効となります。

光を浴びることによってうつの気分を改善する働きがあるセロトニンが増えるため、光療法で冬季うつが改善するわけです。抗うつ剤より効果があるという意見や、数日で明らかに意欲に変化が見られたケースもあるなど、高い効果が期待できます。

 

光療法の評判は?

基本的には評判が良く、数日で効果があったという声が多数見られます。うつ病になると睡眠も安定しないようになります。

光療法はうつ病そのものに対してだけではなく、睡眠障害にもいい影響を与えるため、直接的にも間接的にもうつ病の人に効果が出る治療法と言えるでしょう。

ただし、中には光療法の器具を購入したものの、あまり効果を感じなかったという人もいるようで、どうしても効果に個人差が生じてしまうようです。

スポンサードリンク

光療法を受けるには?

個人で器具を購入して行うことが可能です。4万円程度で購入することができ、評判もいいようです。ただし、専門家の管理のもと光療法を行った方が高い効果が期待できると思います。

最寄りの病院で光療法が受けられるか確認しましょう。光療法の設備が用意されている病院でなら、光療法を受けることができます。また、うつ病ではなく睡眠障害の人のための施設ですが、国立精神・精神医療センターの睡眠障害センターにて光療法を受けることができます。

 

光療法の治療経過は?

光療法を始めて3日程度で気分が改善されたという報告が多々されています。光療法を始めて1週間で今まで家族と会話をしなかった人が家族と会話をするようになり、2週間もすれば普通の状態に戻り、日常生活に溶け込むことができたというケースもありました。

投薬、通院はなしに個人で光療法を行い、抑うつ気分や睡眠障害が改善されたという声もあります。光療法で調子が良くなったという報告はとても多いです。

3、4日で効果を実感できるほど気分が良くなり、2週間もすれば自分で完治したと思えるくらいうつの症状がなくなったというケースが多いようです。もちろん個人差があるものの、うまくいった場合は、大体これくらいの期間で効果が出るようです。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - うつ病の治療