うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

ベストな瞑想の方法はコレ!うつ病編

      2017/04/16

Pocket

うつ病の症状を緩和させる「瞑想」とは

瞑想とは自分が楽な姿勢でリラックスして自分と向き合う作業のことです。瞑想と聞くと、宗教的なイメージがあり、人によって胡散臭いものではないかと感じるかもしれません。

ところがこの瞑想、うつ病の症状を緩和させるのに効果があるという科学的な結果が出るなど、とても有効であるとして注目されているのです。

スポンサードリンク

うつ病患者が瞑想することのメリット・デメリット

では実際に、瞑想のメリット・デメリットについてご紹介します。

 

瞑想のメリット

瞑想をすることでうつ病患者の症状が治ったというアメリカの研究があります。その効果は抗うつ剤を投与することと大差ないほどであるとのことです。

瞑想の利点としては副作用が少ないことです。薬物のように身体に多大な影響を与える危険性が少ないことは利点として大きいと思います。

また、瞑想をすることで乱れていた呼吸が整い、リラックスもすることができますので、病気そのものだけでなく、普段の生活にもいい影響を与えることが考えられます。

 

瞑想のデメリット

ただし、トラウマなど良くない記憶や感情が強化されてしまったという報告もありますので、やる時は注意が必要です。

スポンサードリンク

瞑想の評判てどうなの?

瞑想をすることで脳内が鮮明となり、悩むことが減ったという声があります。

不安が減り、なんとかなるという風に楽に構えることができるようになったり、普段の生活で穏やかな気持ちになれるようになったなどという体験談もあります。

他には薬物治療をしてもうまくいかず、ほとんど寝たきりに近いくらい状態が悪くなっていた人が、瞑想をすることによって気分が変わり、状態が改善されたという体験談もあります。

 

瞑想は実際どうやるのか

今回はマインドフルネス瞑想というものをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

マインドフルネス瞑想とは

マインドフルネスは心理学の世界で注目されているもので、注意に集中することという意味です。自分自身の様々な部位に注意を向け、気づいたことなどを大切にします。それではマインドフルネス瞑想のやり方を以下にまとめます。

 

マインドフルネス瞑想のやり方

・立つ、座るなど自分が楽な姿勢を見つける

・吐く量を倍くらいにするつもりで、ゆっくりと呼吸する

・手や頭など自分の体に意識を集中する

・今感じたこと、浮かんできたことに意識を集中して、自分の内面を見つめる

・浮かんだ記憶や感情を、心の中で自分の観察記録をとるようなイメージをする

 

以上です。

浮かんできた不安なども逃げ出さず見つめ、やがて手放すようなイメージをすることが大切です。普段は意識しない細かい自分の身体や、内面にゆったりと目を向けて感じていくわけですね。

毎日少しずつやれば効果が出ると思われます。病院などで取り入れているところもありますので、問い合わせをするといいでしょう。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

Pocket

 - うつ病の治療 , ,