うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

うつ病の症状なのかなと思った時

      2015/12/14

Pocket

うつ病を知れば心のショックは和らぐ

今回は、「もしかしたら自分はうつなんじゃないか」と思った時、慌てず、しっかりとした気持ちで乗り越えるための心構えについてお話します。

誰だって初めて「うつ病」になったときは、どうしようと動揺するのは当たり前だと思います。ですが、全く知らない状態で、突然うつ病に見舞われることと比べれば、はるかに心理的なダメージは少ないです。私も、もともとうつ病に対する知識もなかったですし、心の病にかかることなんて全く想像すらしたことがありませんでした。

確かに、「うつ病」という病気自体の存在は知っていましたが、それ以上の詳しい知識は全く無いので、自分の心が突然コントロールできなくなった時の恐怖と言ったら、言葉では言い表せません。

「自分はこれからいったいどうなってしまうのだろうか」という恐怖とショックが、症状をさらに深くしていきました。だからこそ、恐怖に震え症状を悪くする前に、うつ病に対する予備知識を少しでも持ってほしいと考えたのです。

スポンサードリンク

全くわからない病気ほど怖いものはない

例えば、熱があっても、これはただの風邪だからしばらく寝ていれば治るとわかっていれば、恐怖もありませんよね。お腹の具合が悪くなっても、これは食中毒だから、薬を飲んでいれば治ると知っていれば、不安もありませんよね。

でも、ひどい高熱が何日も続き、原因がわからなければ、「自分は大丈夫なんだろうか?」「治るのだろうか?」と激しい不安に襲われます。

その病気のことを少しでも理解していて、それが治る病気であり、治し方もあると知っていれば、病気に対する恐怖はかなり和らぎます。病気に対する知識があるかどうかというのは、それくらい大きく影響するのです。まして、「うつ」はそもそも経験したことがないわけですから、「自分はどうなってしまうのか」という不安を持つのは当然です。

スポンサードリンク

予備知識を少しでも持てば、激しい「うつ病」は防げる

うつ病は、ある日突然襲ってきますが、その徴候や前兆は必ずありますから、予備知識さえあれば、激しい「うつ病」はある程度防げます。

現代社会では、どんな仕事をしていても、どんな生活を送っていても、激しいストレスと無縁ではいられません。成人の15人に1人がうつ病を体験していると言われるストレス社会です。つまり、よっぽど無神経で、鈍感な人でない限りは、うつ病は誰でもなる可能性のある病なのです。

そういった意味でも、日頃ストレスを感じている方は、その前兆や予兆となることを多少でも知っておくべきだと考えます。

 

まずは、うつ病のセルフチェックを

ちょっとここで、心が辛いなと感じる人、心が苦しいと感じる人向けに、「私ってうつ病なのかな?」という、うつ病の判断基準を、以前の記事でも触れましたが、もう少し具体的に書いていきます。

これまでの記事を読んで、自分はひょっとしたら軽いうつ病なんじゃないかな?と思った方は、ぜひセルフチェックしてみてください。もちろん自己評価でうつ病だったとわかっても、落ち込む必要は全くありません。

早く気付けば、それだ心のダメージも軽くなり、心のコントロールを取り戻す作業も楽になります。ぜひセルフチェックをしてみてください。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

Pocket

 - うつ病と症状