うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

うつ病は食事で治るって知ってましたか?

      2015/11/17

食事療法でうつ病は良くなるのか

うつ病の人に効果的な食事というものは存在します。

実際に、海外の研究では食事療法を補助的に用いることでうつ病の改善に成功したケースもあるそうです。もちろん食事に気をつけるだけでは限界はあるのでしょうが、その他の療法とうまく組み合わせることで、効果を発揮すると考えられます。以下の項目でうつ病と食事の関係について詳しく見て行きます。

スポンサードリンク

うつ病を改善するための食生活

うつ病を改善するにあたって、食生活では特別なことをする必要はありません。

 

・規則正しい食生活

・よくかんで食べる

・食べ過ぎない

・栄養をバランス良くしっかりととる

 

これらのことに気をつければいいのです。これらの項目を見てみると、なんだ当たり前のことではないかと思うかもしれません。うつ病に関わらずに、健康のために必要な正しい食生活が、うつ病の人にも良い影響を与えるわけです。

当たり前のことを当たり前にすることは、この忙しい現代社会では難しくなっていますが、これらのことを実践できるだけで段々と体調も良くなってきます。

スポンサードリンク


 

うつ病に良い食べ物

それではうつ病に良い食べ物はあるのでしょうか。以下にあるような食べ物がうつ病に良いのではないかと言われていますので、まとめておきます。

 

・魚類

・乳製品

・葉物野菜

・レバー

・大豆製品

・キノコ

・イモ類

・果物

 

これらの項目を見ても、従来の日本食のように、バランスよい食事が大切であるということがわかります。

 

うつ病に悪い食べ物

うつ病に悪い食べ物としては、糖分を多く含むものです。お菓子などは甘くておいしいですが、血糖値が上昇することで体内では血糖値を抑えようという働きが生まれ、その影響で体や頭の動きが鈍くなってしまいます。

また、うつ病では肥満の人が多いという報告もあり、食べ過ぎると肥満につながることからも、糖分を多く含むものは押さえるべきであると考えられます。少しは必要だと思いますが、取りすぎは良くないようです。

 

うつ病の食事についてまとめ

うつ病の治療のために食事に気をつけることはとても意味のあることです。もしも乱れた食生活であるという方がいたら、食事を見直すだけでいい影響が出てくるかもしれません。

 

・規則正しい食事を

・バランス良く、魚、乳製品、野菜、大豆、イモなどを摂取する

・糖分をとりすぎないようにする

・適切な量の食事を。食べ過ぎない

 

うつ病の人の食事では、これらのことに気をつけるととても良いと思われます。もちろん食事だけでなく、睡眠など他にも気をつけた方がいいことはあります。

病院での治療を受けつつ、無理のない範囲で(これらを意識しすぎて症状が悪化しては本末転倒です)総合的に自分の生活を見直していきましょう。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - うつ病と食事 , ,