うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

うつ病の彼氏との付き合い方

      2016/04/16

Pocket

まずうつを知ろう

うつ病とは気分が極端に落ち込み、楽しかったことが楽しめなくなってしまうなどの症状を主とする病気です。一見するとさぼりや、普段皆さんが経験するような気分の落ち込みのように見えますが、自分自身で簡単に脱出できるものではありません。

いつまでもくよくよするなと言われて、そうだ頑張ろうというふうに、スムーズに立ち直ることは難しいです。精神的負担だけでなく、不眠や食事の量が変化する、体がだるく動きが遅くなるなどの身体症状もあり、その負担は想像以上です。

どうしてもピンと来ない方は、自分が疲れている時や本気で落ち込んでいる時を想像してみてください。そしてその状態が毎日続いていると思ってください。不正確ではありますが、それだけつらい状態というのは伝わると思います。

ちょっとへこんでいるだけだと思って関わると、うつ病の人を傷つけ、つらい思いをさせてしまう恐れがあります。治療にはカウンセリングや病院での薬物療法などが一般的です。

スポンサードリンク

うつの彼氏との接し方

特別気をつけるのは、過度にはげまさないこと。うつ病の人に頑張れと言うのはだめだとよく言われます。

しかしながら、応援が全く効果がないということはないと思います。支えてくれる存在がいるというのは、大きいものです。そこで言葉かけを工夫しましょう。

頑張れ、元気出してと言うのではなく、大丈夫だよ、とか安心してと言う風に安心感や肯定する気持ち、支える気持ちを出してはげますのはどうでしょうか。個人の状況によって変わってくると思いますが、言葉のかけ方一つで負担が変わってくるということだけは覚えておきたいところです。

他には、落ち込んでいる様子を見て、馬鹿にしたり、軽く考えたりせずに、どのような状態なのかきちんと理解してあげることが大切です。もちろん、彼氏の全てを把握し、背負い込まなければならないということはありませんが、できる範囲で彼氏の気持ちを理解し、寄りそってあげるといいと思います。

ただし、どれだけ献身的な態度をとっても、彼氏の状態が良くならなかったり、心ない態度をとられたりすることがありえるということをわかった上で関わる必要があります。

スポンサードリンク

うつの人に言ってはいけない言葉

前項目で書いたように、頑張れなどのはげましは良くないとされています。うつ病の人はその時点で頑張っていますし、わかっているのに自分ではどうしようもないという状態です。うつ病でない人でも、自分ではどうしようもない時に頑張れとかどうにかしようと言われてもイライラすると思います。

うつ病の人はそれ以上に精神に負担を感じてしまいます。他には、うつ病の人を軽く扱う言葉にも気をつけたいです。

例えば、

 

・誰だって気持ちが落ち込むときはある

・もっと困っている人なんていっぱいいる

・ぱーっと遊んで元気になろう!

・そこまで悩むことじゃないよ

・それくらいどうにでもできる

・思ったより深刻に見えない

 

などの言葉は傷つきます。うつ病の人もつらいなりになんとか元気を出そう、心配に見えないようにしようと努力しています。必死になって取り繕っているところに軽く扱われると、本当はそうじゃないというように感じます。

うつ病の人のつらさを理解し、休むことを受け入れ、その人自身のことを認める姿勢が大事なのです。


■他のおすすめ記事はこちら
うつ病の家族や恋人との接し方まとめ


まとめ

うつ病はつらい病気です。しかしながら、そのうつ病の恋人のことを理解し、受け入れ、接していくことも苦労が多く、時には投げ出したくなることもあると思います。

辛くなったら友人や医者、家族などに相談しましょう。二人の問題だからと自分だけでどうにかしようとしないことです。

そこで気持ちを発散したり、アドバイスを受けたりすることで、うつ病の恋人とどう関わっていくか見つめなおすといいでしょう。注意するのは、自分までもがうつ病のようにならないようにするということです。

気づかないうちに自分までもが感情的になり、気分が落ち込みやすくなっていることがあります。辛かったら抱え込まずに、誰かに相談をすることが大切であると言えるでしょう。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

Pocket

 - うつ病の接し方 , ,