うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

うつ病の接し方で禁句なのは?

      2016/04/16

この人がうつ病を発症したかな?と感じた場合、家族や職場の人たちなど周りの人はその接し方に十分注意が必要です。ここでは、うつ病の人に対する接し方の注意ポイントなどをまとめてみました。

うつ病の症状??見分けるポイント

下記のような症状がみられたら注意が必要です。

 

・元気がなくなった

・趣味や好きなことに対して興味がなくなった

・服装に無頓着になる

・学校や会社に行きたがらなくなった

・家事ができなくなった

・食欲がなくなった      などです。

 

上記のような症状が長期間にわったってみられた場合には、一緒に付き添うなどして、専門医の受診を勧めてみましょう。

スポンサードリンク

うつ病の人と接する時に大切なことは?

では、うつ病の人と接する時はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

第一は、「声をかけすぎず、聞き役にまわる」です。うつ病の人と接する場合にまず大切になるのは、励ましなどの言葉をかけすぎないことです。うつ病を患う人は、そもそも真面目な人が多く、頑張りすぎて心が疲れてしまった状態です。無理に励まそうとするのはむしろ逆効果です。

相手の話を引き出す聞き役にまわってあげましょう。

スポンサードリンク

うつ病の人の接し方で禁句なのは?

①励まし…「頑張って」「元気出して」「早く良くなって」など

上記にも書いたようにうつ病を患う人はそもそも真面目で頑張り屋の人が多いです。そんな人に「頑張って」と声をかけても、「これ以上何を頑張ればいいのか?」と本人を余計混乱させてしまいます。

また、「頑張って」という言葉の裏には、「早く良くなってほしい」というこちら側の思いが込められています。そうすることで、本人は「早く症状を改善しなければいけない」と、よけいに自分を追い詰めてしまうことに繋がりかねません。

②うつ病を軽視する…「怠けてるんじゃないの」「誰でも落ち込むことはある」「もっと大変な人もいる」など

うつ病の人は、いろいろなことへのエネルギーが減退している状態です。上記のような言葉は「自分のことを分かってくれない」という思いや、本人の自信をより失わせてしまいます。

 

■他のおすすめ記事はこちら
うつ病の家族や恋人との接し方まとめ


まとめ

ここまで見てきたように、うつ病の人は他人の言葉にとても敏感になっています。また、相手の言葉をネガティブに受け取りやすい状態でもあるのです。周囲の人が思いやりをもってかけた言葉が逆効果になることもありえるので、そのことをしっかり認識して接しましょう。

こちらから、「励まそう、励まそう」とするのではなく、むしろ相手が話しやすい雰囲気づくりに努め、その話に同調し、手を握ってあげたり、背中をやさしくさすってあげるなどの行動が、うつ病の人の安心につながるでしょう。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - うつ病の接し方