うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

本当?!うつのダイエットで肥満とうつが治る

      2015/11/26

うつ病になると太る

うつ病になると、過食に陥る方が多く、以前より体重が増えてしまったという方の話をよく聞きます。まず、なぜうつ病になると太りやすくなるのか、その原因について、考えられるものをあげてみます。

スポンサードリンク

うつ病になると太りやすくなる原因

・夜遅くまで起き、ついつい夜食を食べてしまう

・ストレスからくる過食

・ひきこもりなどによる運動不足

 

やはり、この3点が原因となることが多く、「まずい!」と思いダイエットをしても、うつ病による生活スタイルは変わらないため、リバウンドしてしまう方が多いようです。

 

なぜダイエットをするとうつ病が治るのか?

「うつ」と「太る」ことの関係性の医学的な根拠は無いですが、どうやら「うつ」を悪化させる「生活習慣」と肥満の原因となる「生活習慣」は似ているということがわかります。

ということは、生活習慣の変化によって悪化した「うつ」は、ダイエットによる生活習慣の改善で、同時に治る可能性があるのです。つまり、うつ病を治そうというよりは、ダイエットのために生活習慣を改善し、その結果うつ病が治ってしまうという逆転の発想です。

 

生活習慣の改善は肥満とうつ病治療の土台

念のため書き添えておきますが、「生活習慣の改善」だけでうつ病が治るわけではありません。確かに、十分な睡眠や、生活習慣の改善で症状が軽くなったり、完治する人もいますが、そういった方は少数派で、多くの場合は、適切な薬物療法との並行で効果を発揮します。

ですが、生活習慣の改善はうつ病を治す上で、強力な土台となります。「体が資本」という言葉がありますが、うつ病治療も同じです。

どんなに薬を飲んでも、原因となる生活習慣が変わらなければ、完治は難しいです。ダイエットも同じです。生活習慣が変わらなければ、急激なダイエットをしても、リバウンドします。だからこそ、「うつ病治療」→「生活習慣の改善」←「ダイエット」という、密接なつながりがあるのです。

スポンサードリンク

生活習慣を改善する

睡眠と覚醒のリズムを整える

まず、不規則で乱れがちな生活を、朝起きて昼活動し、夜十分に寝るという、ごく当たり前の生活に戻す作業に入ります。注意点としては、無理をしないで、徐々に始めていくことが肝心です。

多少、眠る時間帯が遅くなっても、毎日同じ時間に起きて、同じ時間に眠るということが大切になります。実は、夜遅くまで起きてないで早く寝て、朝早めに起きるという活動をするだけで、太りにくく、痩せやすい体質となります。つまり、睡眠と覚醒のリズムを整えることは、ダイエットにもつながります。

もし忙しいという方で、平日に充分な睡眠が取れない場合は、休日にしっかりと眠り、体を休める必要がありますが、そのせいで昼過ぎまで寝てしまったりするのであれば、職場の環境を変えることを勧めます。

 

光を浴びる

人間は、日光の光を浴びると、脳が覚醒モードへと変わります。特に午前中の日光は、入眠時刻に大きく影響するため、規則正しい睡眠時間を維持するためには、光を活用することが大切です。

もしも、うつの症状が重くて外にも出られないという方は、窓際にいるだけでも十分です。また、一度朝の光を浴びて、後は閉めきった暗い部屋にこもっているという方もいますが、昼間はできるだけ、カーテンを開けて太陽光のもとで過ごすことをお勧めします。

そして、日光を浴びることは、ダイエット的な観点から見ても重要です。実は、昨年、西オーストラリアの大学研究チームが、日光と、ダイエットに関するある論文を発表しました。

その論文によりますと、日光を浴びることで、皮膚で一酸化炭素が作られ、それによりビタミンDが活性化され、血糖値やコレステロールの低下など、肥満や糖尿病の予防に繋がるそうです。

 

少しずつ運動する習慣を

体調が回復してきたら、無理なく出来る範囲で軽い運動にチャレンジしてみましょう。最初は数分程度試してみて、日を追うごとに徐々に運動の時間を長くしていきます。最終的には20分~30分ほどで問題無いです。

運動する時間は、出来れば夕方にしてください。何故かというと、適度な疲労感が得られ、心地よく眠れる効果が期待できるからです。

 

スポーツだけが運動じゃない

運動といっても、スポーツだけが運動じゃあありません。日常生活の動作、例えば掃除や洗濯などの家事、通勤になるべく歩くように心がけることなど、ちょっとした工夫で軽い運動の効果があります。

音楽を聞きながら、自宅の階段の登り降りや、家の庭を歩くのでも構いません。徐々に活動の範囲を広げていき、体を動かしながら、気力や体力、そして元の体を取り戻すのです。

 

まとめ

ここまでうつとダイエットの関係を話してきましたが、要は、起床時間や就寝時間、日光を浴びることや運動することなど、生活習慣を少しずつ改善することで、ダイエット効果とうつ病を治すことにも繋がるのです。

そして、大切なことは、まずはやってみること、そして長く続けることです。ぜひやってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - うつ病に関連すること