うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

うつ病ってどんな病気?

      2015/12/14

Pocket

ある日突然、、あなたは「うつ病」です

病院でこんなことを言われたら正直ショックで、「自分は大変な病気になってしまった、、、」と弱気になりますよね。うつ病は今や、15人に1人がなるものと言われています。

ですが、それほど誰でもなる可能性が高い病気なのに、どんな病気なのか、なぜかかるのか、どうすれば治るのかなど、知っている人は少ないと思います。もっとよく理解することで、自分や、自分の大切な人が「うつ」に襲われた時、冷静に対処できると思います。まず、うつ病を理解するためには、その原因を知ることが大切です。

普通の体の病気とは違い、心の病なのですから、やはり何かしら心に変調をきたす原因があるのです。

スポンサードリンク

うつ病の入り口

例えば「つらいなあ」「すごく嫌な気分で何もやる気にならない」と感じる時ってありますよね。辛いことがあったり、耐えられないくらい仕事が忙しくなったり、頑張っているのにうまくいかないことが続いた時など、誰でも憂鬱な気持ちになります。それも、うつの入り口です。

ただ、大体の方が、少し時間が経つと、ほとんどの場合、そうした重たい気分は、心の中から離れていってくれます。つまり、自分の心は、自分の気持ち次第でしっかりコントロールできるものなのです。このように、誰もが感じる辛い気持ち、嫌な気分は、まだ病気ではありません。

ですが、これらが「うつ病」という病気にまで進行すると、辛さや苦しさがいつまでも心のなかに残ってしまいます。そして、心を悪い方へと引きずりますので、段々と希望が見えなくなり、絶望的になってしまうのです。

スポンサードリンク

絶望と孤独が心を追い詰める

人を絶望に追いやる一番の原因ってなんだと思いますか?それは、「喪失感」です。

例えば、「大切な人を失ってしまった」「仕事を失うかもしれない」場合、喪失感が「私はもうダメだ」と絶望へと誘います。また、実際に失っていなくても、「なくなってしまうかもしれない」という不安だけでも、十分に絶望感に打ちひしがれてしまうこともあります。そして、「誰もわかってくれない」「誰にも助けを求められない」という孤独な思いが、更に深い絶望へと心を追いやるのです。

この時、あなたの心が辛く苦しい出来事に押しつぶされなければ、過去の出来事として払いのけることが出来ますが、「もう嫌だ」「もう無理だ」という思いがずっと続き、どうしてもその思いが振り払えなくなると、心が押しつぶされてしまうのです。

自分の心なのに、自分でコントロールできなくなってしまう状態、、それが「うつ病」なのです。

スポンサードリンク

Pocket

 - うつ病と症状