うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

精神障害者年金の3級でも仕事が見つかるポイント3選

   

働いたら障害者年金が打ち切られるという不安をよく聞きます。

障害年金3級だと、支給される額も少なく、それだけでは生活ができず、だからといって働いたら年金が打ち切られるなんて、八方ふさがりですよね。

しかし、どれくらい働いたら年金の打ち切りになるのか、明確な基準は公表されていないのです。

分かっていることは次のことです。

  • 3級:労働が著しい制限
  • 2級:日常生活に著しい制限
  • 1級:日常生活が不能
1級や2級の場合は、原則として仕事ができないこと、そのうえで生活に制限を受けるほどの障害ということなので、仕事はできません。

当然、仕事ができるのであれば年金の打ち切りに直結する可能性が高くなります。

しかし3級の場合は「労働が著しい制限」ですので、仕事を始めたからといって、年金が打ち切られることには直結しません

ですので、精神障害者年金3級を受給しているという条件について、理解と配慮のある場所で仕事を見つける必要があります。

精神障害者年金を受給しているという条件に精通しているのが、障害者専門の転職エージェントです

では、障害者専門の転職エージェントは、一般的に就労先をみつける「ハローワーク」や「転職サイト」とはどのように違うのでしょうか。

ハローワークで仕事を見つける場合

ハローワークで仕事を見つける場合
障害者雇用での就職先を見つける時、はじめに紹介されるのがハローワークではないでしょうか。

もちろんハローワークには、数え切れないほどの求人情報が登録されており、障害者雇用も例外ではありません。

また、ハローワークでは、障害者雇用のための専門職員や相談員もいますので、求人への申し込みから就職後のケアまで行ってくれます

また就職面接会なども実施されており、フォローとしては心強く感じます。

しかし、近年、精神障害者認定を受ける人も多く、ハローワークの専門職員が足りてないということもあり、ひとりひとりにしっかりと時間をかけてサポートすることが難しいようです。

また、企業としては、ハローワークは求人掲載が無料のため「とりあえず出しておこう」という側面もあります

ハローワークも求人を出している企業の、実際の雰囲気や社内の状況をひとつひとつ調べるわけではないので「思っていた待遇と違った」ということも多くあります。

そういった意味では、無料で求人広告を出せるハローワークの求人募集は、慎重に選ぶ事はもちろん、入社してみないとわからない、といったリスクもあります。

 

一般的な転職サイトで仕事を見つける場合

一般的な転職サイトで仕事を見つける場合
ハローワーク以外でも、いわゆる「転職サイト」を活用する方法もあります。

一般的な転職サイトでは、キャリアや専門技術などを積極的に応援をしてくれるのですが、正直、障害者雇用枠という意味では、選択肢が少ない可能性があります

少ない選択肢の中から、就職先を選ぶ場合、気を付けなければいけないのは”自分に合わない企業を選んでしまう”ことです。

精神障害者年金を受給しているということは、やはり精神的な負担は避けるべきですよね。

自分に合わない職場に就職してしまっては、精神面への負担が大きくなる可能性は高いですし、症状が悪化してしまう可能性もあります

もちろん、障害者枠で希望する会社も見つけることは可能です。

しかし、一般的な転職サイトでの障害者枠は少ないので、やはり競争率が高くなってしまうのです。

待遇や職場の雰囲気なども良いとされる会社には、とうぜん多くの人が希望を出します。そもそも少ない障害者枠をとって、それを勝ち抜くのは至難の業です。

もちろん、条件に合う障害者枠が獲得できれば問題ないのですが、どうしても競争率が激しいといった場合は、障害者専門の転職エージェントが存在しますので、そちらを利用した方が有利でしょう。

それでは、障害者専門の転職エージェントとはどのようなものなのでしょうか。

 

障害者専門の転職エージェントで仕事を見つける場合

障害者専門の転職エージェントで仕事を見つける場合
転職エージェントにも、ちゃんと障害者の求人を専門に扱い、障害者年金や制度などに精通するエージェントが存在します

まず、こういった転職エージェントとハローワークの求人を比較した場合の決定的な違いは、企業が求人情報を出す際に”有料である”ということです。

有料で求人募集をするため、「とりあえず求人を出しておこう」という趣旨の求人は存在しません。

本当に障害者雇用を必要としている会社の求人です

ですので、待遇や、障害者雇用という面を理解したうえでの求人募集となります。

また、転職エージェントも、精神障害という事実をしっかりと把握していますので、あなたの今の状態を詳しく話し、相談しながら仕事を探すことが可能です。

理解しているからこそ、障害年金を受給していても、それらを打ち切られないボーダーラインを経験上わかるのではないでしょうか

なにより、企業がお金を出して求人募集をしているので、転職エージェントとしても、応募した人にはしっかりとしたフォローをする必要があります。

お金を出した企業側と、精神障害を持ちつつも働こうとしている応募者双方に対して、理解とフォローをするのが、障害者雇用専門の転職エージェントなのです。

障害者年金をもらっているから働くのが不安という、精神的な負担も軽減されますよね。

合わせて読むと転職の確率が上がる記事
障害者専門のエージェントでおすすめの2社


 

まとめ

精神障害者年金の3級でも仕事が見つかるポイント3選まとめ
障害者雇用に理解があり、またそこに付随する障害者年金にも精通した場所で仕事を探すことが、もっとも最善の方法といえます。

「ハローワーク」「一般的な転職サイト」「障害者専門の転職エージェント」の3つの特徴をしっかりと捉えることで、働いたら障害者年金の受給ができないという不安も軽減されると思います。

それでは、最後にそれぞれの特徴をまとめておきます。
  • ハローワーク:専門職員は居るが、企業は無料で求人を出せるため、企業側の理解に不安がある
  • 一般的な転職サイト:障害者枠での求人は少ないため、競争率も高くなる
  • 障害者専門の転職エージェント:専門のエージェントに理解もあり、企業側が求人を出す際も”有料”なため、障害者雇用に理解がある
障害者年金を受給している場合は、経験と理解、そして専門性のあるエージェントに相談することをおすすめします。

合わせて読むと転職の確率が上がる記事
障害者専門のエージェントでおすすめの2社


 

 - 精神障害の転職ノウハウ