うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

うつ 妊娠中の薬の服用について

      2016/04/16

例えば、妊娠したことを知り、うつ病の薬を止めたけど、不眠が残っていて、薬を飲みたいけど、赤ちゃんに影響が出るかもしれないから心配、、、

妊娠中の薬の服用は、お腹の赤ちゃんのことを考えると、どうしても神経質になってしまうもの。かといって、必要以上に心配したり、不安を持つことで、うつ病の症状を悪化させることにもつながりますし、不安が赤ちゃんへ悪影響をおよぼすこともあります。

今回は、妊娠中の薬の服用について、必要以上の不安や心配を持たないよう、しっかりと理解を深めていきましょう。

うつ病の薬が赤ちゃんに及ぼす影響

確かに薬物の多くは、胎児に対し何かしらの影響を及ぼす可能性があります。実際には、アルコール等を除く薬物が、赤ちゃんの先天異常を引き起こす確率は、およそ2~3%といわれています。

薬について大切なことは、妊娠中は勝手に自分で判断して、うつ病の薬を服用せず、医師に相談し、正しく服用することです。

もちろん、タバコやアルコール(社会的薬物)については、百害あって一利なしなのでやめたほうがいいです。薬の話をする前に、この社会的薬物の恐ろしさについて、先に説明します。

スポンサードリンク

タバコの影響

タバコの喫煙、または受動喫煙が胎児に影響するという話はよく聞きますが、実際にどのような影響があるのか。最も多く見られるのは、出生時の体重の低下です。また、タバコを吸う女性の子供のほうが、脳や顔、心臓などに先天異常が出やすくなります。

これらの理由については、タバコのニコチンが、胎盤を通し、胎児に影響を送る血管を収縮させる為、栄養分や酸素の供給が少なくなるからです。

タバコに関しては、喫煙していた女性が禁煙を実施するのは、全体の20%ほどしかいないそうですが、こうした知識を知れば、もっと妊娠中の喫煙が減るはずです。

 

アルコール

赤ちゃんの先天異常の原因として、一番多いのが妊娠中にアルコールを摂取することです。妊娠中のアルコールの摂取は、流産のリスクを倍増させ、新生児の体重を激減させます。また、出生後の発育異常や、精神発達遅延など引き起こす可能性が高まります。

 

予備知識 カフェイン

コーヒーや、お茶などに含まれるカフェインは、胎児の心拍数を上昇させることがありますが、これまでの研究で、少量の摂取(例 コーヒー1日1杯)なら、胎児への影響はない、またはごくわずかだそうです。ですが、量が多くなれば影響が出てくる場合もあります。

1日8杯以上のコーヒーを飲んだ場合は、早産や死産、流産、また、出生時の体重低下のリスクが高まる可能性があるという研究結果もあります。

話がそれてしまいましたが、次は、妊娠中にうつ病の薬を服用する際の注意事項などについて説明します。

スポンサードリンク

大切なのは薬の「種類」と「服用時期」

薬物が赤ちゃんに与える影響は、薬の量や強さ、時期などよって変わってきます。気をつける必要があるのは、赤ちゃんの体が作られる時期に、抗うつ剤を使用しないことです。

 

受精後20日目前後のうつ病の薬の服用

この時期は、胎児に先天異常に対する強い抵抗力があると言われている為、全く影響がないか、赤ちゃんを死亡させてしまうかのどちらかになります。

 

3~15週前後のうつ病の薬の服用

この時期になると、赤ちゃんの体が発達し始める為、先天異常が起こりやすくなり、奇形児が生まれる確率が高くなります。ですから、この期間の薬の服用は避けた方が良いです。

 

16週~出産期のうつ病の薬の服用

この時期になれば、うつ病の薬を服用しても、ほとんど影響はないと言われています。しかし、成長するにつれ、発達障害が出る可能性もありますので、できるだけ服用は避けたい方が良いです。

 

母乳をあげる時期のうつ病の薬の服用

母乳を通し、赤ちゃんに薬の成分が伝わる量は、非常に少ないといわれています。体の中に残る期間が少ない薬であれば、母乳をあげる時間と服用する時間を離せば、問題ないという産婦人科医もいるそうです。

また、母乳ではなく、ミルクをあげるという選択肢もありますので、かかりつけの専門医にしっかりと相談してから服用してください。

 

まとめ

妊娠中のうつ病に関する薬の服用について、時期や種類が大切という話をしてきましたが、実際には、妊娠後しばらくしてから気づく人もいると思います。

もし、そういった方がいらっしゃった場合は、まず医師に相談して、いきなり薬をやめるのではなく、徐々に減らしながら、服用をやめることをすすめます。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - うつ病の治療