うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

うつになりやすい食べ物って何!?食事の改善でうつを軽減する方法とは!

   

「うつ病」になるきっかけは、ほとんどが過度な精神的ストレスです。まいにちツライ心を吐き出せず、ため込んでしまって症状が悪化する、ということが多いと思います。

しかし、食生活でも「うつになりやすい」という事をご存知でしょうか。

食事の栄養問題で、うつになりやすいとされる食事があるのです。

今回は、どのような食べ物がうつになりやすく、食事とうつにはどういった関係があるのか、また、食事でうつを改善する方法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

うつになりやすい食べ物とは

うつになりやすい食べ物とは
普段の食事はうつと深く関りがあります。

うつは、主に脳内物質のセロトニンが不足して、神経伝達が上手くいかなくなることにより発症すると言われていますよね。

病院に行って処方される、処方箋医薬品にもセロトニンの伝達を効率よくするために行われます。

ですので、このセロトニンの素となる食材の摂取が減る事を避けなければならないのです。

また、低血糖がやる気をなくす原因であるとも言われています

しかし、だからといって糖分を摂らないようにするというのは間違いで、糖分の取りすぎが、低血糖を招く恐れがあるのです。

沢山の糖質を摂ることにより、血糖値が急上昇します。血糖値が急上昇すると、脳は異常事態だと察知し、血糖値を下げるためにインシュリンを大量に分泌します。

その結果、低血糖状態となり眠気をともなったり、やる気をなくしたり、不眠や集中力の低下、疲労感を感じ「うつ状態になる」という結果を招きます。

「うつになりやすい食べ物」とは、実は過剰な糖分の摂取なのです。

うつになりやすいから摂取してはダメなものというのはありません。どのような食べ物(栄養)も過剰に摂取しすぎることが、身体の不調を招きます。

ですので、糖分を摂らなければうつにならないのではなく、適度な糖分の摂り方が重要なのです。

 

うつと栄養

うつと栄養
何事も「過剰な摂取」は毒となります。

ですので、バランスの良い食事が一番の薬なのです。

うつの治療として、生活習慣の見直しや、食事バランスの見直しが推奨されるのは、過剰に偏った栄養を取るのではなく、バランスの良い生活を行うことが重要だということなのですね

ですので、糖質も、血糖値の上がり下がりの幅が大きくならないように、バランスを考えて摂取することが大切なのです。

糖質を摂取する食事で、うつの原因となり得る低血糖を防ぐには、どのような摂取の仕方が良いのかを説明します。

スポンサードリンク

食事の改善でうつになる可能性を下げる

食事の改善でうつになる可能性を下げる
上にも書いたように、糖質の過剰摂取や、急な糖質の上昇で、血糖値の激しい変化をします。それはうつの症状になり得る状態を作ってしまいます

ですので、糖質をバランスよく摂取することが大切です。

基本的には、炭水化物や甘いお菓子、清涼飲料水などの過度な摂取や急な大量摂取を意識して控えてください。

そして、ビタミンCを多く摂取してください。

食事の時に野菜から食べることをお勧めします。どんなおかずよりも先にサラダなどの野菜から食べることで、そのあと食べる物による、血糖値の急激な上昇を抑えてくれます

後は、食物をよく噛むことです。

噛むことも、血糖値の急上昇を抑制してくれます

食事には野菜や魚類を多く取り入れると良い、と言われています。

 

食事の習慣について

食事の習慣について
うつ病やストレスを感じている人は、食事の習慣を変えることが良いとされています

今回「マインドフルな食べ方」というものを見つけました。

  • 一度に一気に食べない:いちどに少量ずつ食べ物を口に運びます。
  • 一品一品、確認する:1度に1品ずつ口に入れて味を確認しながら食べましょう。
  • 食べる前に観察する:口に運ぶ前に、毎回食べ物をよく見て香りを味わってから口に運びましょう。
  • よく噛んでよく味わう:30回から50回よく噛んでよく味わい尽くしましょう。
  • ゆっくり味わう:時間をかけてゆっくり味わうということに集中しましょう。
引用元:うつ脱!

全てを一気に実行することはとても難しいと思いますので、出来そうなものをいくつか守っていくところから始めましょう。

ただ「一度に一気に食べない」というものは、必ず実行した方がよいと思います。

一気に食べてしまうと、やはり血糖値の乱降下に繋がるからです

 

まとめ

うつになりやすい食べ物って何!?まとめ
「うつになりやすい食べ物」は主に糖質に関するものであることが分かりました。

そして、糖質が悪なのではなく、糖質の摂り方が非常に重要であるということですね。

血糖値の急な変化が、精神的にも影響してくるということなのです。

これまでの食生活を変えろと言われても、急に変えることは難しいと思います。ですので、食事の方法から変化させていくのが良いかもしれません。

まずは、野菜から食べること、よく噛むこと、お菓子などの糖質はなるべく控える事。

食事でうつが改善されるのならば、副作用のある薬物療法に頼ることもないし、煩わしい通院からも解放されますよね。

ですので、このルールから始めてみるのはいかがでしょうか。

ただし、現在すでに薬物療法を行っている人は、自己判断で薬を止めることは絶対に避けてください。必ず、医師の判断のもとで、身体の負担が無いよう注意してください

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - うつ病と食事