うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

スボレキサントって意外と高い!?薬価と作用機序のまとめ!

   

スボレキサント(薬名:ベルソムラ)が2014年に発売されましたが、まだまだ世間への浸透には程遠い睡眠薬です。名前を初めて聞く方も多いのではないでしょうか。

スボレキサントは従来の睡眠薬とは全く違った薬理を持ち、依存性・耐性の少ない薬として、これからの精神医療でも期待されている薬です。

そんなスボレキサントについて、薬価を含め作用機序などをまとめました。病院で処方される睡眠薬に満足していない方は、ぜひ目を通してほしい内容です。

スポンサードリンク

スボレキサントの作用機序

スボレキサントの作用機序
従来の睡眠薬は睡眠成分を多く分泌させる役割を持ちますが、スボレキサントは覚醒成分を抑える役目があると思っていただいていいと思います。

スボレキサントは覚醒成分のオレキシンという脳内物質が受容体にくっつくのを阻害します。つまり、覚醒成分のオレキシンの脳内結合が少なくなる事で眠くなるといった作用機序と言えます。

また、患者さん本来の覚醒と睡眠サイクルを元としているので、自然で安全な睡眠効果が期待できます。入眠障害から中途覚醒をカバーできる睡眠薬です。

スボレキサント(薬名:ベルソムラ)の副作用は少ない!?

スボレキサントには従来の睡眠薬とは異なった素晴らしい利点があります。それは副作用が明らかに少ない事です。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の最大の欠点としては、「身体の薬の慣れ:耐性」と「飲まないといられない:依存性」が取り上げられがちです。

また、日常的に睡眠薬を飲んでいると「眠り方が分からなくなってしまう」というケースもよく聞きます。

しかし、スボレキサントは薬ですので、当然ベンゾジアゼピン系睡眠薬ほどではないにせよ副作用が存在します。以下の項目が臨床試験において報告されている副作用です。
  • 悪夢をみる
  • 人によっては翌日の眠気が起こる

悪夢を見る

スボレキサントにはレム睡眠を増やす作用があるので夢を見やすいです。

不眠症の患者さんは精神的に不安定ですので、レム睡眠の増加と相まって見る夢が悪夢となることがしばしば見受けられます。

 

人によっては翌日の眠気が起こる

オレキシンの抑制によって入眠させるので朝方になっても眠気が残る方もいらっしゃるようです。

あまりにもひどい場合はベンゾジアゼピン系睡眠薬に切り替えることも視野に入れるべきと言えるでしょう。

 

無理にスボレキサントを選ぶ必要は無い

スボレキサントは素晴らしいお薬です。まさに不眠治療の救世主となる可能性を秘めています。しかし、薬に合う合わないは個人の体質次第だと言えます。

効かない薬や副作用がひどい薬を使う必要は全くありませんので、例えばスボレキサントが身体に合わない場合は、違う薬理を持った薬を使うのも一つの方法です。

また「ベンゾジアゼピン系睡眠薬は悪だ!」と言う方もいますが、適量を適切な使用法で飲む分には全く問題ありません。ケースバイケースで薬の増減や変更をしてみるべきだと思います。

スポンサードリンク

スボレキサントの薬価は高かった!

スボレキサントの薬価は高かった!
販売されて間もない薬はどうしても薬価が高くなりがちです。公費負担制度を使うと1割負担になるにせよ薬代もバカになりません。そして、スボレキサントが配合されている薬は「ベルソムラ」しかなく、類似薬もありません。

また特許が切れないとジェネリックも販売できないのでしばらくの間は安価なジェネリックも期待できないと言えます。

調べてみた所、ベルソムラの場合 15mg錠で89.1円、20mg錠で107.9円となっています、錠での処方となります。

超短期型の睡眠薬ルネスタと比べると、ルネスタの場合 1mg錠 51.0円、2mg錠 80.9円と、費用対効果としてはいかにベルソムラの薬価が高いかということが分かります。

薬価の高さも処方されない原因のうちの一つと言えますね。もう少し薬価も抑えられれば「試してみようか」という気にもなりますが、3割負担の方は「とてもじゃないけど」という値段ですよね。

 

医療現場のサンプルが少ないのも懸念事項

医療現場のサンプルが少ないのも懸念事項
スボレキサント(薬名:ベルソムラ)については、発売されての歴史が短いことから未だ医療現場で浸透しきれていない薬だと言えます。

故に、使ってみてのメリット・デメリットがハッキリしていない部分もあるので、不眠治療の第一薬に出されるかというとそうではなく、どうしても従来の睡眠薬を処方する精神科医も多いです。

しかし、副作用や依存性・耐性の問題はほとんど無いことから、今後精神医療の常識となる可能性もあるでしょう。

 

まとめ

スボレキサントは作用機序の面から言うと画期的ですし、ベンゾジアゼピン系睡眠薬にはないメリットがたくさんあります。寝つきが悪い方や夜何度も起きてしまう方は、一度試してみてる価値はあるお薬です。

また、薬物治療も大切ですがストレスの元を断って解消するなどの生活環境のクリーン化も必要だと言えます。

不眠症患者さんはストレスが起因している場合が多いので、必要であればカウンセリングを受けると心の支えも取れますし、病気自体も快方へ向かうでしょう。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 睡眠の薬