うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

ベルソムラをodするとどうなるの!?odしてしまう理由と致死量について

   

od(オーバードーズ)とは、睡眠薬や抗不安薬、その他いわゆる「薬」を大量摂取することを指します。薬には容量・用法が必ず存在しますが、これらを無視して自己判断で服用してしまうことは、とても危険なことなのです。

今回、ベルソムラのod(オーバードーズ)について、どのような症状がでるのか、そしてなぜod(オーバードーズ)をしてしまうのかについて紹介していきます。

ベルソムラのod(オーバードーズ)について

ベルソムラのod(オーバードーズ)について
ベルソムラの用法・容量は、1日に1回寝る前に20gm(高齢者は15mg)が用法容量です。これは、ベルソムラの効果を最大に発揮するための使用方法です。

それでは、この用法容量を超えてod(オーバードーズ)をするとどのようになるのでしょうか。

スポンサードリンク

od(オーバードーズ)とは

そもそも、od(オーバードーズ)とは、英語でdrug  overdoseといいます。過剰を表す「over」と服用量の「dose」の組み合わせです。いわゆる過剰摂取です

ドラマなどで薬を大量に手に取り、一気に飲んでしまうようなシーンがありますよね。そのような飲み方もod(オーバードーズ)であり、自傷や、精神的に有害な作用を起こすために自発的にod(オーバードーズ)する人もいます。

主に、精神疾患で自暴自棄になってしまい、od(オーバードーズ)をする人が多いイメージです。

ベルソムラをod(オーバードーズ)するとどうなる?

用量用量を守らず、od(オーバードーズ)をした場合、身体や精神に様々な影響を与えます

まず、副作用が起きます。od(オーバードーズ)をすることで、本来期待する効き目以上の効果を出してしまい、血中にいきわたる薬の濃度が高くなります。それが理由で、本来作用しない身体の器官にまで影響が出てしまいます。

ベルソムラをod(オーバードーズ)してしまった場合、血中濃度が高くなり薬の効果が強く出てしまい、次の日まで持ち越し効果を起こす場合があります。

起きた時から身体が重く感じたり、だるさが抜けなかったり、胃が荒れてむかつきなどを感じるケースもあるでしょう。

また、肝臓や腎臓へのダメージも考えられます。そもそも医薬品は、長期間飲み続けることで肝臓や腎臓にダメージを与えます。

薬を分解して体外に出すことで蓄積を防ぐのですが、肝臓や腎臓が疲弊してしまい、上手く働くことができなくなり、体調に悪影響を及ぼします

 

ベルソムラに致死量はあるの?

ベルソムラに致死量はあるの?
od(オーバードーズ)といえば、精神的に参ってしまい、自傷行為として行うイメージがあります。睡眠薬を大量に摂取することで、死亡してしまうリスクもあるからです。

それでは、ベルソムラの致死量はどのくらいなのでしょうか。

医薬品にはLD50という指標があります。これは、この用量を超えて服用することで、死亡する確率が50%ある、という指標です

ですが、ベルソムラは新薬のためか、このLD50のデータが存在しません。

ですので、参考に他の睡眠薬のLD50を3種類紹介します。
睡眠薬 LD50(推測値)
マイスリー 約10,000錠
ロヒプノール 約50,000錠
ハルシオン 約180,000錠
 

それぞれ相当な数を摂取する必要があることが分かります。

もちろん実際の人体実験ではなく、動物実験の結果を人間に当てはめた推測値です。

ベルソムラについても、LD50(死亡確率50%)に達するには相当な量が必要である事が推測できます

スポンサードリンク

ベルソムラをod(オーバードーズ)してしまう理由

ベルソムラをod(オーバードーズ)してしまう理由
ベルソムラをod(オーバードーズ)してしまう理由としては、様々ありますが、代表的なものを2つ紹介します。

耐性がついてしまった場合

長期間ベルソムラを服用することで、耐性がついてしまい、効果が出にくくなってしまった場合です。

ベルソムラを服用しても眠りにつけず、追加でベルソムラを服用してしまうと、それが癖になってしまい服用量が増えてしまう場合があります。

精神的な作用

睡眠障害を理由にベルソムラを処方され、睡眠を薬物療法によって治療している場合、同時にうつ病などの精神疾患を伴っている場合が多くあります。

日々の過度なストレスなどで、ある時精神的なバランスが保てなくなりod(オーバードーズ)するというケースです。

 

まとめ

ベルソムラをodするとどうなるの!?まとめ
薬をod(オーバードーズ)してしまうケースの多くは精神的なストレスで自殺念慮が高まってしまった時かもしれません。

また、現在飲んでいる医薬品の効果が、耐性によりだんだん薄れていき、効果に満足できなくなったというケースも多く聞きます。

私も、睡眠前にマイスリーを服用していますが、過度なストレスに晒された時など、眠りにつけない時にマイスリーを追加で飲んでしまうことがありました。

長期服用していることも重なり、耐性が出来てしまっているのでしょう。いつもよりもストレスが強かったり、次の日に不安な仕事があるとマイスリーを飲んでも眠くならないのです。効果が出ていないような気がして、追加で服用してしまったのですね。

しかし、このようなod(オーバードーズ)は非常に危険なことです。LD50(半数致死量)に達するようなことはありません(そのような分量は処方されません)が、用量用法を無視することで、無用な副作用が出てしまい、次の日に胃のむかつきや怠さで逆効果を生みます。

od(オーバードーズ)は本当に危険な行為です。ですので、効果が感じられない場合や、od(オーバードーズ)をしてしまいそうなほど精神的に追い詰められた場合、必ず専門医に相談してください

自己判断での大量摂取は絶対に避けてください。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 睡眠の薬