うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

メイラックスで痩せる人と太る人の違い!その原因は?

   

抗精神病薬や抗不安薬などメンタル系の薬には「痩せる薬」「太る薬」というものが存在します。薬自体が体重を左右するのではなく薬によってどのような精神状態かになるかの違いや副作用によって体重の増減が見られるといったものです。

例えば、抗不安薬で緊張が解かれれば食欲不振が治るといった副次的な効果によるものが多いです。

ここでは、抗不安薬のメイラックスで痩せる人と太る人の違いについてまとめてみました。

メイラックスで痩せるケースと太るケースの違い

メイラックスで痩せるケースと太るケースの違い
体重の増減は健常者でも気になりますし、食欲がありすぎると糖尿病のリスクも出てきます。では、メイラックスで痩せるケースと太るケースの違いは何でしょうか?調べてみましたので参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

メイラックスで痩せる人

薬で痩せる人というのは薬の副作用が顕著に現れた状態と言えます。メイラックスの副作用では食欲不振といった副作用が僅かながら報告されていますので、体質によっては食欲が湧かないというケースも存在します。

しかし、メイラックスの食欲不振は稀な副作用ですので服用すれば絶対痩せる薬というわけではありませんし、体重の減少を目的とした薬ではないので、そこは理解しておきたいところです。

ダイエット目的で個人輸入などはかなりリスキーですのでやめておきましょう。

また、副作用が出るということは薬が体に合っていない証拠ですので、正しい治療のため主治医に報告すべきだと言えます。

メイラックスで太る人

メイラックスで太る人というのは精神状態がよくなり、うつ状態が改善された証拠と言えます。誰でもうつ状態やパニック状態の時に食欲なんか覚えませんよね。

食欲が出てきたのであればひとまず治療の方向性は合ってる、またリラックスできていると言えますので、食欲増進は異常なことではありません。

しかし、あまりにも食欲が止められない場合は、それはそれで別の病気の足がかりになってしまうので、これも医師に相談すべきだと言えます。

私自身も抗うつ薬を飲み続けて7kgは太りましたが、うつ状態は改善されたので仕方のない代償かなと思ったりしています。

メイラックスの体重増減は「副作用」と「精神状態」

メイラックスで痩せる・太る原因は「副作用」と「精神状態」ということが分かったと思います。

いずれも、異常性が見受けられたり、痩せすぎ・太りすぎの兆候が見られた場合は、ちゃんと医師に相談しましょう。

また、太りすぎ痩せすぎの判断に関しては医療機関で血液検査を定期的に行ってくれる場合もありますので、薬は合っているかやメタボリック気味ではないかなど診てもらうことも可能です。

血液検査では、薬の血中濃度なども測ってくれるので、自分の体のことをきちんと把握しておきたい方は1ヶ月に一回検査してもらうといいですね。

 

ちょっと一息:向精神薬で太りやすい薬と言えば……

ちょっと一息:向精神薬で太りやすい薬と言えば……
「これを飲んだら太る!」というお薬も実は存在します。

それは「ドグマチール」です。聞いたことがある方や服用中の方も多いと思います。うつ病対策にまず最初に出されることが多い薬ですが、ドグマチールは太ります。

もともと、胃薬の研究中において抗うつ薬としての効果が見受けられた薬ですので、整腸効果や食欲増進効果があるのです。太りやすさとしては最高レベルです。なんと言っても胃薬を飲んでいるのと変わりないのですから。

他にも食欲増進効果がある薬は珍しくないので、太りやすい体質の人はその旨を伝えるといいですね。しかし、精神状態の改善と肥満どちらを取るかと言われると、精神状態の改善が真っ先だ!という意見の医師がほとんどです。

軽い肥満は割り切った方が良いと言えるでしょう。

スポンサードリンク

余裕があれば軽い運動をしましょう

余裕があれば軽い運動をしましょう
病気が急性期の頃は運動どころではないと思いますが、寛解期に入ってきた時は積極的に体を動かすといいでしょう。

ウォーキングなんかは気分も晴れますし、肥満防止や生活習慣病予防にもなります。私は意気込んで毎日5kg走っていましたが、膝が疲労骨折になってしまい歩くのさえ苦痛になった時期があります。

ですので、いきなり体に重圧をかけるのではなく楽しみながら無理なく運動をすると、効果もだんだん出てきますし立派な趣味にもなります。

うつや精神疾患に無理のない運動はいい効果を生んでくれますので、服薬とともに試したい習慣と言えるでしょう。

 

まとめ

メイラックスは稀に食欲不振という副作用が生じますが、そのまま放っておくと栄養不足による貧血やふらつきの原因になりかねません。

「痩せたわ!やった!」と思いたいところですが、食事による栄養補給は精神疾患治療の基礎中の基礎ですので、そのような副作用が顕著に現れた場合は主治医に報告しましょう。

メディスンショッピング(過度な薬選び)を助長するわけではありませんが、自分に合った薬を服用することは疾患の寛解には必要不可欠なポイントと言えます。

最初のうちは主治医の処方を試してみて、次第に自分の体に合った薬を根気よく服薬するのがベストですね。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 精神安定剤や治療薬