うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

睡眠薬ベルソムラの薬価が高い理由とは?睡眠薬の薬価比較

   

副作用も少なく依存性も少ない睡眠薬として注目されている新薬「ベルソムラ」ですが、その他既存の睡眠薬(ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系)よりも薬価が高いことをご存知の人も多いかと思います。

今回、現在主流のベンゾジアゼピン系および非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬で、代表的ないくつかの睡眠薬の薬価と、ベルソムラの薬価を比較して紹介します

今後、ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬からベルソムラへの移行を考えている方も少なくはないと思いますので、薬価を参考に、処方薬の数量も考慮できると安心ですよね。

ベルソムラの薬価

ベルソムラの薬価
まずはベルソムラの薬価です。

ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に比べ、副作用や依存性が少なく、今後主流となり得る睡眠薬が「ベルソムラ」です。

ベルソムラについては、長期投与も可能になりましたので、医師との相談の際に、薬価についても相談することをお勧めします

ベルソムラについては、3種類の容量で薬価を紹介します。
睡眠薬 薬価 最高濃度到達時間 作用時間
ベルソムラ 20mg 107.9円 約1.5時間 約12時間
ベルソムラ 15gm 89.1円
ベルソムラ 10mg 68円
これらの価格を参考に、比較的古くから使われている睡眠薬であるベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系の薬価についても見ていきましょう。

スポンサードリンク

睡眠薬の種類と薬価

睡眠薬の種類と薬価
一口に睡眠薬といっても、様々な種類が存在します。そして、それぞれの睡眠薬ごとに価格も違います。昔からあるものは安く、新薬は高いという印象です

そこで、現在服用している睡眠薬からベルソムラに移行する場合に、薬価をあらかじめ知っておくことで、薬の値段にビックリすることもなくなりますよね。

まずは、現状主流の睡眠薬(ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系)についての薬価をいくつかピックアップします。

ベンゾジアゼピン系の薬の薬価

ベンゾジアゼピン系の薬は、しっかりと眠らせる作用が働くことが特徴です。睡眠薬の中では、種類が一番多い薬です。

現在広く使われている非ベンゾジアゼピン系の薬と比べると、副作用が強く出る場合もあります。

また、作用が強いものもあるので、自然な眠りというよりも、中枢神経抑制の作用が強く、不自然な眠りになる場合もあります。
睡眠薬 薬価 最高濃度到達時間 作用時間
ハルシオン 0.25mg 13.8円 1.2時間 2.9時間
レンドルミン 0.5mg 9円 約1.5時間 約7時間
ロヒプノール 1mg 13.3円 約1時間~約1.6時間 約7時間
ユーロジン 1㎎ 9.1円 約5時間 約24時間
ソメリン 5㎎ 17.9円 1時間 約24時間~約42時間

非ベンゾジアゼピン系の薬の薬価

非ベンゾジアゼピン系は、しっかり作用し効果的なことと、重い副作用が少ないことから、現在広く使われている睡眠薬です。

マイスリーは処方されている人も多いのではないでしょうか。
睡眠薬 薬価 最高濃度到達時間 作用時間
マイスリー 10mg 65円 0.7時間~0.9時間 1.78時間~2.3時間
アモバン 10㎎ 26円 0.75時間~1.17時間 3.66時間~3.94時間
ルネスタ 2㎎ 80.9円 0.8時間~1.5時間 4.83時間~5.16時間
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬よりも全般的に高い印象がありますね。

やはり、新しいものは高いということですね。特にルネスタは2012年に発売された、比較的新しい薬なので、薬価も高くなっています

スポンサードリンク

ベルソムラは何故高い?

ベルソムラは何故高い?
このように見てみると、ベルソムラはその他のベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に比べて薬価が高いと言えます。

薬価が高い理由としては、2014年に発売されたばかりの新薬ということが挙げられます

例えば、ベルソムラを3割の負担で20㎎を一か月分処方された場合、971円になります。

また、ベルソムラは近年、投与制限が解除されて、長期の処方が可能になりました。

ですので、例えば3か月分などの処方も出来るのです。

毎月通院しなくてもよいというメリットもあります。

ただし、薬価も高いので、万が一ベルソムラが効かない、効果が感じられないとなった場合、少し高い買い物になってしまいますね。

 

まとめ

睡眠薬ベルソムラの薬価が高い理由とは?睡眠薬の薬価比較まとめ
ベルソムラは、これまでの睡眠薬よりも副作用や依存性が少ないことを特徴としています。

ですので、現在服用している睡眠薬の副作用や依存性が気になる場合は、ベルソムラに移行してみるというのも一つの選択肢ですね。

もちろん、どのような方法(現行の睡眠薬の用量を減らしながら移行する)で移行するかという過程も、医師との相談のうえで慎重に行う必要があります。

そこでもう一つ考慮するべきことが、薬価の問題ですね。

ベルソムラは高いのです。

長期に処方されて、いざ薬局でベルソムラを受け取る時、金額にビックリしないように、現在服用している睡眠薬の薬価とベルソムラの薬価を、知識として知っておくことも大切なことです

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 睡眠の薬