うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

イララックの感想や不安を抑える効果の評判は?

      2017/12/12

不安やイライラが付きまとうと、本当にツライですよね。何をするにも集中できないし、貧乏ゆすりやため息が頻繁に出たり、不安で心が押しつぶされそうになったりして、何もかも投げ出したくなるんです。

日頃から過度なストレスを受けて、神経や筋肉が緊張している状態が続くと、心にも余裕がなくなります。

不安障害やうつ病という場合もありますので、できれば専門医に相談するのが一番なのですが、病院に行くことって、結構ハードルが高いですよね。

そこで、神経や緊張を和らげてくれる市販のお薬から試す方法があります。近所のドラッグストアなどで売っている市販薬で「イララック」という商品です。聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

今回、この「イララック」の効果や、使ってみた感想と評判などをみながら、どの程度不安やイライラを抑えることが出来るのか、参考になればと思います。

あわせて読まれてます
イララックの効果や副作用は?口コミや薬局の値段は?

イララックの効果

イララックの効果
そもそも、イララックはどのようにして作用し、どのような効果があるのでしょうか。

まず、イララックに配合されている成分ですが、全て生薬エキスで次のようなものがあります。
  • パッシフローラ乾燥エキス
  • チョウトウコウ乾燥エキス
  • カノコウソウエキス
  • ポップエキス
これらの生薬は、高ぶっている神経を沈めてくれて、イライラや不安感をやわらげ、穏やかな気持ちにしてくれます

スポンサードリンク

イララックの作用時間

イララックの作用時間
イララックを服用して、効果が出るまでは約1時間かかります。体質にもよりますが、だいたいの目安としてとらえてください。

処方箋医薬品のように即効性は無く、ゆっくりと穏やかに効果を発揮してきます。効果が表れるとだいたい7時間の間効果が持続します

即効性が無いので、全然効果がないと感じる人もいるようです。しかし、即効性のある処方箋医薬品には強い副作用が出ることが多いので、副作用を避けたいという人には処方箋医薬品よりも生薬配合の市販薬の方が安心して服用できます。

ただし、生薬配合の市販薬でも、全く副作用が無いわけではなく、まれに体質によっては副作用を生じる場合もあります。

 

イララックの副作用

イララックの副作用
体質によっては以下のような副作用が報告されています。
  • 発疹
  • かゆみ
  • 嘔吐
  • 食欲不振
処方箋医薬品に比べれば軽い症状ですよね。そして、必ずこれらの副作用が出るわけではありません。

ただし、アレルギー体質の人や妊娠中の服用には気を付けなければならない症状ですので、用法・容量を守って服用するようにしてください。

▼▼合わせてよく読まれている記事▼▼ ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

▼スポンサードリンク▼

イララックを使った感想

イララックの感想
それでは、実際にイララックを服用した感想を見てみましょう。

常に緊張を感じているときなどに心を落ち着かせるためには良いかもしれませんが、強い緊張がかかるような場面での使用では効果はあまり期待できません。

引用元:市販で買えるあがり症の薬

大勢の前に出たときなど過度のストレスに対するあがり症の症状(震えなど)抑制を期待したがほぼ効果が感じられなかった。

緊張の緩和という部分でも「??」な効果で、ダミーピルなんじゃないかというレベル。

日々の慢性的な軽度のストレスには多少効果があるのかもしれませんが、私のような意図の場合は素直に医師に専門の処方薬を服用することをオススメする。

引用元:緊張薬.com

鎮静作用のある市販薬をいくつか試した事がありますが、自分の体質に合っていたようでこの商品が一番効果を感じました。

イライラするのを完全に防ぐ事は出来ないものの寝付きの悪さが改善されたように思います。

カプセルが少し大きめで飲み込みにくいのが難点ですね。

引用元:緊張薬.com

強い効果のある薬ではないので、過度な期待はしない方が良さそうですね。

 

イララックで本当に不安は抑えられる?

イララックで本当に不安は抑えられる?
イララックを服用した感想を見る限り、極端に緊張をする場面、例えば大勢の前でのスピーチやプレゼン、それに対する前日からの不安などには適さないようですね。

効果の強い薬ではありませんし、即効性もないので、緊張する場面ですぐに飲むという使い方はできません。

緩やかに効く薬ですので、慢性的な不安やイライラを日々感じているという人は、試してみるのも良いと思います。

イララックを試してみて、どうしても不安やイライラが解消されない場合は、専門医に相談をして、例えばベンゾジアゼピン系のデパスなどを服用した方が良いようです。

精神障がいの方向けの就労支援・転職情報の鉄板記事!
精神障害2級で就職するなら専門エージェントを活用しよう!

精神障害者年金の3級でも仕事が見つかるポイント3選

 

まとめ

イララックの感想や不安を抑える効果の評判は?まとめ
市販薬と処方箋医薬品の効果には、やはり即効性や実感できる効果に差があります。そして、もちろん副作用にも大きな違いがあります。

私は、ベンゾジアゼピン系のデパスを服用しています。不安障害のためデパスは手放すことが出来ません。おそらく私がイララックを服用してもほとんど効果を感じる事はできないでしょう。

しかし、デパスなどの処方箋医薬品は、即効性も効果も強い代わりに、強い副作用もあります。私が何より怖いと思う副作用は「依存性」です。デパスが手放せないというのも、この依存性という副作用のせいなのです。

ですので、不安やイライラを感じているとしても、最初からデパスのような強い処方箋医薬品はお勧めしません

できれば、イララックのような副作用の弱いものから試してみて、どうしても効果が見られない場合に処方箋医薬品に移行するといった順番が良いでしょう。

▼▼よく読まれてる記事▼▼

▼スポンサードリンク▼


■一緒に読まれてる記事■

 - あがり症