うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

睡眠導入剤は市販のどれが効く?市販薬と処方薬の違いまとめ

   

毎日寝付けなくて睡眠不足が続くと、身体のあらゆる部分に不調が出てくるものです。どうしてもきつくて、それでも眠れない状態が続く場合、不眠症などの睡眠障害かもしれません。

不眠症状が続いて本当にツライと思っても、なかなか病院に行く決心ってできませんよね。なので最初は市販薬を使ってみるというのも一つの選択肢です。

最近では、テレビCMでも頻繁に、様々な種類が宣伝されていますよね。これらは、睡眠改善薬(睡眠改善薬)という位置づけで、ドラッグストアで販売されています。睡眠改善薬で眠りにつくことが出来るならば、夜眠れないという不安から解放されますよね。

病院でもらう処方箋医薬品の睡眠薬ではなくても、市販薬の睡眠改善薬で十分に眠れるという人もいるのです。

それでは、処方箋医薬品の睡眠薬と、市販薬の睡眠改善薬にはどのような違いがあるのでしょうか。

スポンサードリンク

処方箋医薬品と市販薬の違い

処方箋医薬品と市販薬の違い
処方箋医薬品の睡眠薬には「睡眠導入剤」と「睡眠薬」に分類できます

この二つに違いは主に作用時間の違いです。作用時間が短いものが睡眠導入剤、作用時間が長いものが睡眠薬と呼ばれます。

作用時間の短い睡眠導入剤は、寝つきが悪い場合や中途覚醒してしまう場合に使われ、作用時間の長い睡眠薬は、中途覚醒や早朝覚醒してしまう場合に使われます。

どちらにも中途覚醒が入っていますが、睡眠中何度も起きてしまう場合は睡眠薬が使われることが多いのです。

また、処方箋医薬品の睡眠薬や睡眠導入剤には、翌朝まで効果が続いて、めまいや眠気、またはふらつきなどが起こる持ち越し効果や依存性といった強い副作用などもあります。

成分としては、ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系が主に処方されます

一般的にドラッグストアで売っている睡眠導入剤は「睡眠改善薬」です。これは、処方箋医薬品の睡眠導入剤とは成分が違います。

睡眠改善薬には「ジフェンヒドラミン塩酸塩」という抗ヒスタミン剤の一種が入っています。抗ヒスタミン剤という言葉をテレビCMなどで聞いたことある人も多いのではないでしょうか。

これは風邪薬や花粉症の薬にも入っている成分で、脳を覚醒させるヒスタミンを抑えることで眠気をもたらす成分なのです。風邪薬などを服用すると眠気が生じるのもこの成分が入っているためなのですね。

この抗ヒスタミン剤の成分効果を生かして睡眠を促す薬が、ドラッグストアに売っている睡眠改善薬(睡眠導入剤)と言われるものです。

ドラッグストアで購入することのできる睡眠改善薬(睡眠導入剤)をいくつか紹介します。

 

市販の睡眠改善薬(睡眠導入剤)の種類

市販の睡眠改善薬(睡眠導入剤)の種類
市販で購入できる睡眠改善薬(睡眠導入剤)には次のような種類が存在します。

ドリエル(エスエス製薬)

こちらは私もテレビCMで良く見る睡眠改善薬(睡眠導入剤)です。

寝つきが悪い人や眠りが浅い人の、一時的な不眠症状を緩和します。

1日1回、2錠を服用します。

認知度は、市販の睡眠改善薬(睡眠導入剤)の中でも一番高いかもしれません。

一緒に読まれてます
ドリエルの効果と口コミ
ドリエルの効き目は
ドリエルexの主な5つの効果
ドリエルEXで本当に睡眠の質は改善できる?
ドリエルex服用時には要注意!主な副作用7つ

 

ドリーミオ(資生堂薬品)

催眠鎮静作用が大きい抗ヒスタミン剤が入っていて、睡眠の改善が見込める薬です。

1日1回、2錠の服用です。比較的小さい錠剤なので、大きな錠剤が苦手な人でも飲みやすいのではないでしょうか。

ディトナ(オール薬品工業)

抗ヒスタミン剤が中枢神経へ作用します。

1回の服用は2カプセルです。

プロリズム(カイゲン)

1日1回カプセルの服用です。比較的小さいカプセルですので飲みやすいものになります。

私は商品名よりも販売元の「カイゲン」を良く耳にしますね。

ヨネール(米田薬品)

1日1回、2錠を服用します。

印象としては、商品名が「眠れそう!」という印象ですね。

リポスミン(皇漢堂製薬)

1回2錠を服用します。

フィルムコーティング錠剤で、2錠で眠気を促します。

スリーピン(薬王製薬)

1日1回、1カプセルを服用します。

こちらは錠剤ではなく、液状成分なので比較的効果が早く感じられる場合があります。

 

いくつかは聞いたことがある、あるいはドラッグストアで見かけたことがあるという薬があるのではないでしょうか。

どれも同じような効果をもたらしてくれますが、違いと言えば形状と服用回数です。自分の飲みやすい形状のものを選ぶことが大切ですね。即効性を求める場合は、錠剤よりも液状のものを選んだ方がいいでしょう。溶ける時間が違いますからね。

スポンサードリンク

睡眠改善薬(睡眠導入剤)の副作用

睡眠改善薬(睡眠導入剤)の副作用
処方箋医薬品の睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の成分を使っているので、先に書いたように、ふらつきやめまい、持ち越し作用や依存性といった副作用が少なくとも生じてしまいがちです。

ドラッグストアで手軽に買える市販の睡眠改善薬(睡眠導入剤)は処方箋医薬品の睡眠薬と比べ副作用は格段に少ないのですが、、副作用が全く無いわけではありません。

服用して頭痛やふらつき、吐き気などの体の異常を感じた時は必ず医師に相談してください。また、服用前に説明書を読み、用法・容量を守った服用が大原則です。

 

まとめ

市販の睡眠導入剤はどれが効く?まとめ
私は今、処方箋医薬品の睡眠薬の非ベンゾジアゼピン系であるマイスリーを服用しています。当然のように副作用が出ています。出ている副作用としては、服用直後の短期健忘と依存性です。

マイスリーがないと不安で眠れないのです。これは長期間服用しているせいでもありますが、ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬および睡眠導入剤には副作用はつきものです。

市販の睡眠改善薬(睡眠導入剤)には、処方箋医薬品の睡眠薬ほどの副作用はほとんどありません。

毎日眠れなくてツライという人は、市販薬の睡眠改善薬(睡眠導入剤)から試してみるのも一つの選択肢です。

しかし、それでもどうしても眠れない場合は専門医に相談をしてください。毎日過度なストレスや不安に晒されている場合、精神的な原因のせいで上手く睡眠をとれていないのかもしれません。精神的な原因である場合、不安障害や睡眠障害、うつ病の可能性もあります

そういった精神疾患が原因の場合は、イライラや不安を取り除く必要があるのです。処方箋医薬品の睡眠薬には抗不安作用のある成分が入っていますので、イライラや不安を和らげてから睡眠をサポートしてくれます。

市販薬を選ぶ際には、ほとんどが同じ効果を発揮するものなので、自分が飲みやすい形状のものや、服用回数なども意識して選んだ方がいいと思います。

また、どのような薬にも言えることですが、長期間の服用は避けるべきです。副作用である依存性が出てしまうからです。眠るために服用している睡眠薬も、自然に眠れそうなときでも睡眠薬を服用しなければ落ち着かない、不安になるなどの本末転倒な状況になってしまいます。

私は長期間服用を続けているせいで、そういった依存状態に陥ってしまっています。

最初は、ドラッグストアなど市販の睡眠改善薬(睡眠導入剤)から使ってみて、どうしても効果がでなくてツライ場合は、専門医に相談することが大切です。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 睡眠の薬