うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

柴胡加竜骨牡蛎湯はうつに効果あり!口コミや副作用まとめ

   

うつ病になると専門医から処方薬として抗うつ薬を処方されますよね。しかし、処方薬には副作用がつきものです。そんな副作用が気になるという人は、漢方薬を試してみてはいかがでしょうか。

柴胡加竜骨牡蛎湯を知っていますか?

読み方は「さいこかりゅうこつぼれいとう」と読みます。なんだか読みにくい名前ですが、この柴胡加竜骨牡蛎湯、抑うつや不安に効果があるとされていて、漢方のツムラやクラシエ薬品などから市販されている漢方薬なのです。

それでは、柴胡加竜骨牡蛎湯にはどのような効果があり、またどのような副作用に気を付けるべきか見ていきましょう。

柴胡加竜骨牡蛎湯の効果とは

柴胡加竜骨牡蛎湯の効果とは
柴胡加竜骨牡蛎湯の効果には次のようなものがあります。

スポンサードリンク

  • 抑うつ
  • 不安やイライラ
  • 不安障害
  • ストレス性障害
  • 不眠症
  • 自律神経の乱れ
  • 高血圧による不安や動悸
精神的に不安定になり、イライラしたり抑うつ状態が続くような人に用いられる漢方薬なのですね。神経の高ぶりを抑えて気持ちを落ち着かせるために用いられるお薬です。

病院で処方される抗うつ薬などには副作用がつきものです。眠気や頭痛、ふらつきや、長期間服用すればとても恐ろしい副作用の「依存」を引き起こしてしまいます。

しかし、この柴胡加竜骨牡蛎湯は漢方薬ですので、副作用が非常に少ないため、処方薬で副作用が気になる人、また高齢者や子供にも服用しやすい漢方薬なのです。

うつ病には睡眠障害がつきものですよね。私も、不眠症からうつ病が発覚したくらいです。そんな不眠症にも柴胡加竜骨牡蛎湯は効果を発揮します

このように効果を見てみると、うつ病に効果があることが期待できますよね!

 

柴胡加竜骨牡蛎湯がなぜうつ病に効くの?

柴胡加竜骨牡蛎湯 うつ病 効く
柴胡加竜骨牡蛎湯がうつ病に効果的な理由は何なのでしょうか?

先に書いたように、効果としてはうつ病で発症する疾患を網羅しているようです。では、どのように身体に作用するのでしょうか。

柴胡加竜骨牡蛎湯はイライラを沈めることが出来るのです。どういうことかというと、ストレスをコントロールする「グルココルチコイド受容体」というものがあって、この機能が低下することでストレスやイライラを感じるのです。

日々、過度なストレスに晒されると、「グルココルチコイド受容体」の機能が低下してしまい、セロトニンやドーパミンなどの物質が減少してしまうんですね。これが不安障害やうつ病になってしまう一つの原因なのです。

柴胡加竜骨牡蛎湯はこの「グルココルチコイド受容体」の機能を改善することによってストレスコントロールに作用します。機能が改善され、気持ちを落ち着けたり、気持ちを上げることが期待されていて、それがうつ病に効果的に働くというわけです。

聞き慣れない用語ばかりでは、いまいちピンとこないという人もいますよね。私も専門用語ばかりではなく、実際のところ効果はどうなの?と思ってしまいます。

ですので、実際に柴胡加竜骨牡蛎湯を使用した人の口コミをいくつか紹介したいと思います。

スポンサードリンク

柴胡加竜骨牡蛎湯の口コミ

柴胡加竜骨牡蛎湯の口コミ
それでは実際の口コミを見てみましょう。

以前から不安が伴い、病院では「不安障害」と診断されました。それからは病院で処方された薬と併用して、ツムラの柴胡加竜骨牡蛎湯ツムラの12番という漢方薬を服用しました。長期の服用と、安心して過ごせる環境を確保したことの影響で改善してきたため、効果はあったと思います。

出典:漢方薬ナビゲーション

 

漢方薬は2~3か月かけてゆっくり効いていくイメージがあったのですが

私にとって、柴胡加竜骨牡蠣湯は

飲んだら数分で効果を感じています。

出典:子育て相談byいこーよ

 

私の場合は、4ヶ月前頃に、この薬を処方されましたが、投稿者さんと同じように、体調が辛い時に飲むように、してました。4ヶ月前に処方されたものですが、最近までほとんど服用せず、様子をみていたという感じで。

ここ、4日前頃から、仕事の事などで、情緒不安定の状態が、酷くなり、久しぶりに服用する事に。

出典:子育て相談byいこーよ

 

あれからトータル3か月間(2015年5月~8月)飲み続けた「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」ですが、残念ながらそれほど効果はありませんでした。

出典:パニック障害を克服しよう!(パニック障害の症状・原因・治療法等)

実際に柴胡加竜骨牡蛎湯を服用して効果があったのか、そしてどのくらいで効いたのか、体質によっても違います。

漢方薬というと、イメージとして即効性は無いようなイメージがありますが、すぐに効いたという人もいるようです。また、頓服として服用されている人もいるようですね。

もちろん体質やその時の体調にもよりますから、長期間服用しても効果が無かったという人もいます。その場合は薬剤師や医師に相談をしてみてください。症状などをメモしておけば、スムーズにアドバイスを受けることが出来るかもしれませんね。

 

柴胡加竜骨牡蛎湯の副作用

柴胡加竜骨牡蛎湯 副作用
柴胡加竜骨牡蛎湯は漢方薬なので副作用は少ないのですが、やはり体質や個人差によっては副作用が出る場合もありますので、どのような副作用があるのかを紹介します。
  • 食欲不振や軽い吐き気、胃の不快感など覚える場合があります
  • 下痢や腹痛を起こす場合があります
  • 発疹やかゆみが出る場合があります
漢方薬とはいえ、その時の体調などによっては副作用を起こす場合もあります。また、漢方薬を服用した際の副作用として一番多いと言われるのが「誤治(ごち)」です

これは、症状の認識を誤って服用してしまうと、薬の効果が出ないのは当然ですが、体調を損ねてしまう場合があります。漢方薬を服用する場合は、証(体質や病気のタイプ)が合うことを確認することも大切です。

万が一上のような症状が出た場合は、すぐに服用を止めて、医師に相談することが大切です。

 

まとめ

柴胡加竜骨牡蛎湯 まとめ
うつ病と睡眠障害の診断を受けた私は、すぐに処方薬での薬物治療を行いました。ですので漢方薬を使った経験はありません。

処方薬を長期使用した感想としては、やはり副作用に悩まされるくらいなら、最初は漢方薬を使った方が良かったな、と思います。現在、私は向精神薬の副作用である「依存」で、薬が無いとイライラや不安が出てしまいます。こういった症状はほとんどが依存のせいです。

柴胡加竜骨牡蛎湯などの漢方薬は、心療内科では勧められませんでした。私は存在すら知らなかったので相談をすることもできなかったんですね。

しかし、柴胡加竜骨牡蛎湯を知った今なら、一度は医師に処方薬以外の薬物療法も相談すべきだったと思っています。

うつ病は本当にツライ疾患です。それを治すために行う薬物療法が効き始めた時は、本当に楽に感じました。ただし処方薬を長期間服用することはお勧めできません。

依存という副作用があるからです。漢方薬に副作用が皆無かと言えば、それは間違いですが、抗うつ薬などの処方薬に比べれば軽い副作用だと感じてしまいますよね。

依存などの副作用で悩んでいる人も、これから医師に相談する人も、一度、柴胡加竜骨牡蛎湯などの漢方薬での治療も相談してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 精神安定剤や治療薬