うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

パンセダンは落ち着く?眠れる?効き目や副作用を大解剖

      2017/09/13

緊張をほぐしたり・自然な眠りに効くとされる「パンセダン」

販売元は象のマークが印象的な佐藤製薬です。処方箋が不要で薬局でも買えるので、緊張や不眠に悩まされている方は購入を考えた事もあるのではないでしょうか。

そこで、口コミや効果をもとに「パンセダン」を大解剖します。購入時の参考になれば幸いです。

■同じような薬「イララック」との比較記事
イララックとパンセダンを比較!効果と口コミまとめ

■パンセダンで一緒に読まれてます
パンセダンの効果や作用時間はどんなもの?実際に使用した感想は?
パンセダンとアルコールの併用は危険!お酒と一緒に飲んではいけない理由

パンセダンの概要

パンセダンの概要
パンセダンの成分や服用法についてまとめましたのでご覧ください。

スポンサードリンク

パンセダンの成分

パンセダンの注目すべき主な成分は、
  • パッシフローラ
  • セイヨウヤドリギ
  • カギカズラ
  • ホップ乾燥エキス
となっています。ポイントは全て植物由来の成分ということ。一つずつ効能を見ていきましょう。

 

パッシフローラ

チャボトケイソウの葉や茎から成分を抽出し製薬されています。

脳の興奮を抑え、神経の高ぶりを鎮めます。不眠や一時的な緊張に効果があるとされています。

副作用はほとんどありませんが、たまにふらつき・眠気を訴える方もいます。

 

セイヨウヤドリギ

古代から、けいれん発作・頭痛などの症状に使われてきました。現代ではがんの治療に使われる事もあります。

主に鎮静効果が期待できる成分を含んでいます。

 

カギカズラ

漢方薬でも使われるメジャーな植物です。

興奮・めまい・けいれん・不眠に効果があるとされています。

こちらも、副作用がでることは稀だと言われています。

 

ホップ乾燥エキス

植物ホップから抽出し生成される成分です。ビールでおなじみの植物ですが、効果が広いことが知られています。

古代からヨーロッパ・アメリカなどでリラックスアイテムとして用いられてきました。

また、効果としては食欲増進・緊張解消・不安感解消・イライラ・不眠などに効果が認められています。

実はダイエット効果もある成分を含んでいるんです。

パンセダンの用法

パンセダンの用法は「1日2回2錠ずつ」とされています。多めの水で服用しましょう。

日中でも服用できますので、緊張を感じた時のお守りとして持っておくと安心です。ただし、服用量は超えないように注意しましょう。

ちなみに、ドラッグストアでは700円前後で売られていることが多いです。

 

パンセダンの効果

パンセダンの効果
ここでは、日中服用した場合と就寝前に服用した場合に分けてご説明します。

日中服用した場合

日常生活で緊張する場面に効果的だと言えます。例を挙げてみましょう。
  • テスト前に緊張する
  • 大事な会議が不安でドキドキする
  • 大勢の前のスピーチで緊張する
などの、一時的な緊張に効果を現します。イライラ感を静める働きがあるので、感情のコントロールがうまくとれない時に飲むのも効果的だと言えます。

副作用を感じることは稀ですが、そのかわり作用は穏やかです。

就寝前に服用した場合

睡眠に必要なポイントは3つです。
  • 緊張の緩和
  • 副交感神経レベルの上昇
  • 適度な疲労感
適度な疲労感は、各々が散歩なりするとして、上の2つ「緊張の緩和」と「副交感神経レベルの上昇」においてパンセダンは力を発揮します。そして、結果的に自然な睡眠が取れるようになります。

不眠が解消され十分な睡眠が取れることによって、疲労回復に繋がりますので、日中パワフルに過ごせるようになるというわけです。

また、翌日眠気を持ち越したり、身体のだるさや倦怠感が少ないこともメリットとして挙げられます。

スポンサードリンク

耐性や依存性の問題は?

耐性や依存性の問題は?
病院で処方されるベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、耐性の問題や依存性の問題がしばしば挙げられます。

それを憂慮して処方薬は飲まないという方も多いのではないでしょうか。

パンセダンの耐性と依存性についてまとめました。

パンセダンと耐性

耐性というものは「もともと飲んでいた量では効かなくなり、次第に薬の量が雪だるま式に増えていくこと」を指します。

病院で処方される薬には、この耐性という現象はつきものです。

しかし、パンセダンに関しては植物由来の成分ですので、処方薬と比べて耐性はほとんど形成されません。

ですので、身体に優しい薬だということが伺えます。

パンセダンと依存性

睡眠薬は飲み続けると、飲まないと眠れなくなります。いわゆる「薬なしでは眠り方が分からない現象」を引きこすのです。

パンセダンは依存性のある成分は入っていませんので、安心して服用することができます。

 

パンセダンの欠点

パンセダンの欠点
パンセダンは副作用の心配がないかわりに、作用がとても穏やかです。

ですので、過度な緊張や慢性的な不眠には効果が出にくいと言えるでしょう。

パンセダンを一箱飲んでみても効果が得られない場合は不眠症や自律神経失調症の疑いもありますので、病院で医師の診察を受けることをオススメします。

 

パンセダンの口コミ

パンセダンの口コミ
独自にパンセダン服用者の口コミを集めて簡単にまとめてみました。みなさんどのような効き方なのか気になりますよね。ぜひ参考にしてみてください。

イライラと緊張が悩みの種でしたが、飲んだら少し楽に立った気がします。プラセボ効果かもしれませんが。

運転免許取得の実技でどうしてもあがってしまうので、服用してみたのですが、なんとか落ち着いて乗れるようになりました。

効果はあまり感じられませんでしたし、値段も高いので服用をやめました。体質の問題なのでしょうか…

肯定的な意見が多かったとはいえ、効かなかったという意見もポツポツありました。

体質が左右する薬なのかなといった感想です。

 

まとめ

健常な方が、日常で体験する「緊張」「あがり症」「いらいら」「不眠」には効果があります。

しかし、日常生活が困難になるほどの症状が出た場合や、服用し続けても症状が治らない場合は病院へ行きましょう。

副作用の心配はほぼないので、緊張などの症状をまずはパンセダンから試し始めるといった、段階的なアプローチもいいのではと思います。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 睡眠の薬