うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

しにたくなったらどうしたらいい?心が楽になった5つの対処方法

   

人は色々な理由でストレスを感じます。生きていると何度となく落ち込みます。その理由に大きいも小さいもありませんよね。例えば、仕事で失敗をした、どう考えてもお金が足りない、今の状況が一生続くくらいなら・・・など。今、この時に感じる事が全てです。

そして何もかもが嫌になり「死にたい」と考えます。

でも、今、この記事を読んでいるということは「死ぬ方法」を探しているのではなく、「生きる方法」を知りたいと思っているのではないでしょうか。きっと言葉では「死にたい」と表現していても、本当は「死にたくなるこの状況を何とかしたい」という思いがあるのではないでしょうか。

死にたいということ

死にたいということ
「死にたい」という思いは、本当は「心を楽にしたい」ということなのです。きっと、死にたいと思ってしまうほど近い未来、あるいは将来を悲観してしまう出来事があったのだと思います。

「死んだ方が楽だ」という表現が一番近いのではないでしょうか。現状でツラいまま生きるよりも、死んだ方が楽になるのではないか、という推測をしているのです。

もちろん誰も、死んだら楽かどうかなんて知るすべはありません。でも、死にたくなったらどうしたらいいのだろう?と思ってインターネットを開いたのならば、きっと心を楽にする方法があるはずだと希望をもっているはずです。

その通りです。

死なずとも、心を楽にする方法はあります!

まずは、死にたいと思った原因を探してみませんか?

スポンサードリンク

死にたいと思った原因はなに?

死にたいと思った原因
死にたいと思った原因は何でしょうか。10人いれば10パターンあるでしょう。だから、人間の数だけ原因が存在する可能性がありますよね。それでも、心を楽にする方法はいくつかに絞られてきます

なぜかというと、これまでたくさんの人が「死にたい」と感じた時、心が楽になったという行動は、インターネット上や出版された本の中に書いてあり、それにはいくつかのパターンに集約されているからです。

自分の悩みは特別だと思うかもしれません。死にたいと思うほどの悩みなのだから誰も味わったことが無いものだと思うかもしれません。

しかし、この世の悩みに、死にたいと思う原因に、唯一無二のものなんてないのです。必ず、これまで生きていた誰かが体験し克服したものなのです。だから、心を楽にする解決策は必ず、誰かが残してくれています。

 

死にたいと思った時の対処方法

死にたいと思った時の対処方法
それでは、今から、5つの対処方法を紹介していきます。

この中のどれか、実行できるもの、自分の解決になりそうなものを実行してみてください。

スポンサードリンク

ゆっくり休む

月並みなアドバイスのような方法ですよね。

でも、本当に「ゆっくり休む」ということはなかなか出来ることではありません。死にたいほどの不安が付きまとっている状況で「ゆっくり休む」ことなんて出来ないのです。

ではどうすればいいのか。

家族や親族、または信頼できる人の傍で横になってください仕事も休んで、食事の用意もしてもらって、太陽の光が当たるような、自然の風が通るような場所で「ゆっくり休む」のです

横になって休んでいる時に、体の奥、心臓の部分がフワッとした感覚が現れるまで休んでください。

その感覚が現れたら、一つ、大きく深呼吸をしてください。

その瞬間、必ず身体が軽く感じます。

しばらくそうしていてください。

お腹が空いたら、食事をしてください。

食事が終わったら、お風呂に入ってください。

明るいうちにこれらを済ませると、必ず、心が軽くなっています。

自然と「死にたい」という感情は薄れているはずです。

それは、この行動によって、心が楽になっているからです。

買い物をする

ストレス発散には買い物が良いといわれています。

実際に買い物をするとストレスが解消されていることを実感しますよね。これは何故なのか。理由は「欲を満たす」からです。「死にたい」と思った原因には、自分の欲が満たされていない、欲自体が薄れている場合が多くあります。だから、買い物をしてください。

まずはインターネットでもショッピングモールでも、少しでも欲しいと思うものを見つけてください。それはモノでもいいし食べ物でもいいのです。

一瞬でも欲を取り戻してください。「欲」が出ることで、暗い感情は薄れて、心は楽しいと感じ始めるのです。

とことん考えてみる

原因を探ってみてください。自分の中に押し込めている「死にたい」と思う原因です。なんで死にたいのか。どこがどうあったならば「死にたい」と思わなかったのか。これを考えてください。

何時間でも何日でも。できればそれをノートに、パソコンに書き出してください。その原因の反対側が、心を楽にする方法です。生きていたくなる理由です。原因が仕事での大きな失敗なら、仕事を辞めてください。お金が無いなら恥を忍んででも借りてください。

仕事を辞めたら、これまで仕事に使っていた時間に、仕事以外の何かが入ってきます。それが生きることが楽しくなるヒントかもしれません。

つぶれそうな心を楽にする方法が分かるかもしれませんよね。

相談する

インターネット上にもたくさん悩みを相談する場所があります。今や、お坊さんが悩みを受け付けている時代です。スマートフォンアプリでも構いません。

「死にたい」と思った原因をどこかに示してください。アウトプットしてください。親でも親族でも友達でも手段は問いません。相談して、吐き出してください

必ず、心を楽にする方法のヒントが見つかります。もしかしたら、相談すること自体が心を楽にすることに直接つながるかもしれませんね。

現実逃避する

上にあげた方法はすべて使えない。そんなレベルではないという人もいると思います。

私がそうでした。これは私が実行した方法です。

今生きている環境から逃げてください。「現実逃避」をするのです。死にたいと思うほど追い詰められているのなら、その前に逃げてみてください。

私は昔、家族や仕事、その時生きていた場所や人間関係全てから逃避しました。誰もついてこれないように、外国に現実逃避しました。地理も環境も言語も全く知らない場所まで逃避しました。その現実逃避は数か月です。結果どのような心境になったかというと、人生が一旦リセットされるくらいどうってことない、という結論に達しました。心を楽にすることに成功したのです。今ものうのうと生きています。

ここまで大胆な現実逃避でなくてもよいのです。小説を読んで、その世界に逃避してみるとか、映画を見て、映画の世界に逃避してみるとか。あるいは引っ越しをするのも良いでしょうし、職場を変えてしまうのもいいでしょう。

とにかく「死にたい」と思わせている現状を変えてしまうのです。簡単なことではないかもしれませんが、逃避すると決めてしまえば、確実に心は楽な方向に向かっていきます。死ぬことを決めてしまうよりも簡単です。

 

まとめ

死にたくなったらどうしたらいいまとめ
上に書いてある対処方法なんて出来るわけない!仕事は辞められないし、そんなお金の余裕もない!と思われる人もいると思います。

でももう一度考えてみてください。一度は死を考えたはずです。上に書いた対処方法は、死よりも断然簡単な方法です。

「死にたい」とまで思ってしまう現状になるまで、どれほど我慢をしてきましたか?自分をどれだけ追い詰めてきましたか?もう十分です。

もう自分を追い詰めなくてもいいんです。楽になっていいんですよ。今は視野が狭くなって、「死にたい」「心を楽にしたい」と、心の中で唱えていると思います。

でも、上に書いたような方法、もっとも大胆な方法でもいいです。それを実行することで、「死にたい」「心を楽にしたい」という思いでパンパンだった心の中に、少しだけ別の思いが入ってくるはずです

その時、自分を見ていてくれた人がいることに気付きます。心を楽にしてくれる人がいることに気付きます。そうすれば「心を楽にする方法」が存在することに気が付くはずです!

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 死にたくなったら