うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

ドリエルexの主な5つの効果!どこまで不眠に効く?

   

不安や緊張で不眠を訴える方は、数多くいらっしゃいます。

その中にも「この程度の症状で病院で行っていいのか」という声や「処方薬は副作用が不安」という思いを抱いていらっしゃる方も多いです。

そこで薬局でも買える睡眠改善薬「ドリエルEX」についてまとめました。

ドリエルEXの特徴

ドリエルEXの特徴
ドリエルEXは睡眠改善薬という薬として、エスエス製薬より販売されています。

一時的な不眠を訴える方や、眠りが浅い方向けのお薬です。内容物として「ジフェンヒドラミン塩酸塩」という眠気を催す成分を含んでおり、水溶性カプセルなので即効性があるとされています。

また、カプセル内にはリラックスを誘うラベンダー香料が封入されています。

スポンサードリンク

ドリエルEXの服用方法

1日1回、1カプセルを就寝前に服用とされています。

それ以上の服用は、神経の高ぶりや、さらなる不眠に繋がるため禁忌です。

ドリエルEXのコスト

ドリエルEXのコストですが、あまりお手頃とは言えません。6カプセル入りで、2,376円と割高な値段となっています。

慢性的な不眠に悩まされている方は、病院やクリニックで睡眠薬を処方してもらったほうが、かなり安くつきます。

あくまで、一時的な不眠対処に向けられた薬と言えます。

 

ドリエルEXの効果

ドリエルEXの特徴
メーカーが公表している効果や口コミを考慮して、5つのポイントを挙げてみました。

寝つきが悪い・眠りが浅いなどの一時的な不眠に

メーカー自体も「一時的な不眠」と公表しているので、不眠症の診断を受けた方や、症状がそれに該当する方は服用は避けたほうが良いでしょう。

臨床結果では79.2%もの人に効果が見受けられたという報告もあるので、会議前日や時差ぼけなど、原因がハッキリしている不眠には効果的だと言えます。

また、病院で処方されるベンゾジアゼピン系の睡眠薬は薬理が全く異なるので、効き方もマイルドです。

ヒスタミン受容体をブロックし、自然な眠りに

ヒスタミンとは脳内を覚醒させる物質です。このヒスタミンが受容体にくっつくことで人は起きていられます。

ドリエルEXは受容体にフタをして、ヒスタミンが受容体に取り入れられることを阻止します。そのことにより、自然な眠りへと脳内を移行させます。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は「気を失う眠り方」と揶揄されますが、ドリエルEXは「穏やかな坂を下るような眠気」という口コミも見受けられました。

風邪薬の眠気のメカニズムを利用した成分

みなさん病院や薬局でもらった薬で眠気を感じたことがあると思います。

そのメカニズムを利用した薬がドリエルEXです。

入眠イメージとして「風邪薬を飲んでウトウトしてる間に寝てしまった」という効果だと認識してもらって良いと思います。

ノンレム睡眠の時間を増やす

ドリエルEXの作用として、ジフェンヒドラミン塩酸塩がノンレム睡眠の増加、つまり深い眠りを増やす働きがあります。

これにより、眠りが浅く夜中何度も起きてしまうといった方にも効果があると言えます。

不眠の種類には「入眠困難」「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟眠障害」といった症状がありますが、幅広く対応できる薬だと言えます。

日中のだるさの改善

このポイントに関しては薬の副次的な作用と言えますが、深い眠りによって熟睡感を得られ、日中の行動もシャキシャキとパフォーマンスよく暮らせることが期待できます。

スポンサードリンク

ドリエルEXの欠点

ドリエルEXの欠点
ドリエルは耐性がつきやすいのが難点だと言われています。

耐性とは「一定量飲み続けていたら、その容量では効かなくなること」です。身体の慣れと思っていただいてもいいです。

ドリエルは抗ヒスタミン薬と呼ばれる薬で、睡眠薬とは違い「数日から一週間」で元の容量では効かなくなってくるとされています。

このことから、ドリエルEXは長期服用には向かない薬だということが分かります。

 

ドリエルEXの副作用

ドリエルEXの副作用
ドリエルEXは効き目が穏やかな分、副作用も少なめで、容量用法を守れば重大な副作用は現れません。

しかしながら、体質によって以下のような副作用が表れる場合があります。
  • めまい・頭痛・昼間の眠気
  • 発疹・かゆみ
  • 胃痛・吐き気・食欲不振
  • 動悸・倦怠感
副作用が強く出たり、継続して出た場合は薬剤師や医師に相談するようにしましょう。特に、高齢者や薬に過敏に反応する体質の方は注意が必要です。

服用に関しての注意点

不眠症と診断された方は服用できません。

先述の通り、定価が高く睡眠薬のほうが1/10ほどのコストで済むので、医師の処方を受けたほうが経済的ですし安心です。

また2〜3回服用しても症状が改善されない場合は、既に不眠症の域に入っている可能性もあるので、病院やクリニックの診察を受けるべきと言えます。

 

まとめ

ドリエルEXは「健常な方がたまに感じる不眠」の解消には効果的な薬だと言えます。

処方なしで買える点においては、手軽に手に入れられるので、いざという時ドラッグストアに駆け込めば買うことができます。

私の感想

個人的に思うのは高価すぎるということです。

私なら病院に一度行って、数錠睡眠薬を処方してもらい、御守り代わりに持っておくという方法をおすすめします。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 睡眠の薬