うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

ナイトミンの効果と副作用まとめ!軽度の不眠の方必見

   

現代のストレス社会において睡眠の悩みを持つ方は大勢いらっしゃいます。

気持ちの良い睡眠を取りたい方には「不眠が辛い、でも睡眠薬は飲みたくない!」という気持ちの方も中にはいるのではないでしょうか。

そこで、私がお勧めするのが漢方薬の「ナイトミン」です。

今回は、小林製薬が販売しているナイトミンの効果や副作用についてまとめてみました。

あなたの不眠はどのタイプ?

あなたの不眠はどのタイプ?
不眠といっても様々なタイプがあります。あなたの不眠の特徴を再確認しましょう。

スポンサードリンク

入眠障害

寝つきが良くないという症例です。

寝ようと横になってもなかなか寝付けない、寝付くのに数時間かかってしまうといった傾向が見られます。

また、寝付けないからスマホを見る→脳が覚醒して目が冴える→また寝付けなくなるといったサイクルに陥りがちです。

入眠時間が遅れると睡眠時間が減ってしまうので、身体の疲れも十分ケアできません。

中途覚醒

深夜に目が覚めてそこから眠れなくなるという症例です。

通常夜中に目が覚めてもすぐ眠るのが自然ですが、この場合目が覚めてしまいますので再入眠が困難になります。入眠できたとしてもすぐ起きてしまい、中途覚醒を何度も繰り返す方もいます。

十分な睡眠が取れないので、日中の眠気に困る方も多いです。

早期覚醒

朝早くに目が覚める症例です。

早起きを意識していないのに3〜4時辺りに目が覚めてしまうと早期覚醒と言えるでしょう。この症例も再入眠が難しいので、日中の仕事や学業のパフォーマンスにも影響してきます。

 

不眠の原因は何か

不眠の原因は何か
不眠の原因はストレスであると言えます。

例えば、日中に継続的な緊張を強いられたり、不安を抱えながら過ごしていると身体に何らかの変化が現れます。

また不眠はストレスで身体が悲鳴をあげる初期段階で症状が出てきますので「最近眠りが良くないな」と思ったら、早めのストレスケアや療養が必要になってきます。

 

軽度の不眠なら「漢方ナイトミン」

軽度の不眠なら「漢方ナイトミン」
軽度の不眠や、なるべく体に負担なく睡眠を改善したい方、睡眠薬に不安が残る方は漢方をおすすめします。

「漢方ナイトミン」とはどのようなものかをご説明します。

スポンサードリンク

漢方ナイトミンの概要

軽度の不眠に効くナイトミンは以下の薬草が配合されています。
  • 酸棗仁(サンソウニン)
  • 知母(チモ)
  • 川芎(センキュウ)
  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 甘草(カンゾウ)
この5つの薬草が睡眠の質を高くし、安眠を促します。漢方ですので体の負担も少なく依存性もありません。

特に酸棗仁(サンソウニン)に関しては、体力の低下や心身の不調に効果があるとされていますので、緊張や不安が元の不眠に効果的にアプローチしてくれます。

漢方ナイトミンの効果

睡眠薬はパソコンで言うと「電源ボタンを直接押して強制的にシャットダウンする」という感覚ですが、漢方ナイトミンの場合は「一つずつウィンドウを閉じていって電源を切る」という感じです。

つまり、漢方ナイトミンは自然な入眠が期待できると言えます。

眠りを誘発するというよりも、体をリラックスさせて自然に眠れるようにしてくれるのが大きな特徴です。

漢方ナイトミンの服用方法

1日3回食後に服用するようにとパッケージにも書かれています。睡眠薬ではないので1日を通して体の調子を整え、質の高い睡眠へアプローチする漢方です。

たくさん飲んだからといって効果も上がるというわけではないので、指示通り飲むことを心がけましょう。

効果が現れるまで数週間かかる場合もありますので、効果が出ないからといってすぐ服用を中止するのではなく、ある程度飲み続けると不眠の改善に繋がることもあります。

漢方ナイトミンの副作用

漢方なので副作用が出ることは稀ですが、胃腸が弱い方は「吐き気や食欲不振」が起こることもあります。

もし、そのような症状が出たら内科か心療内科に相談すると良いでしょう。

漢方ナイトミンの口コミ

肯定的な意見がある反面、効かなかったという声も見られます。

目覚めのスッキリ感は結構違う気がする。無くなったら漢方内科に処方してもらいに行こうかな。 箱見たとき、これこれこれこれ!!!ってなった。

どうやら4時間、途中で目が覚めること無く、眠れるナイトミンだね。5時間は今のところ無いのが不思議、というか、それより目覚めの良さが凄いね。

効き目は出ませんでした。寝つきも改善されずです。値段も高いのでリピートはしないと思います。

 

漢方ナイトミンでは対処しきれない不眠もあります

漢方ナイトミンでは対処しきれない不眠もあります
ナイトミン自体は軽度の不眠症向けですので、「眠れなくて気分が沈む」「日中の眠気で動けない」などの症状が出ている場合は病院で薬を処方してもらうことが望ましいです。

また、不眠を放っておくとうつ病や自律神経失調症を発症する可能性もあるので、ナイトミンを飲んでも改善しない場合は睡眠薬の服用も視野に入れたほうがいいでしょう。

 

まとめ

軽度の不眠症であっても、病院を受診するとガッツリ睡眠薬を処方されることが多いです。

また、睡眠薬で寝る習慣をつけると、おかしな日本語ですが「眠り方を忘れてしまう」といった現象に陥ってしまいます。

自分で何とかしたいという方は最初に漢方を選ぶといいでしょう。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 睡眠の薬