うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

意外と知らなかったメイラックスの強さ・効果・副作用【1mgの場合】

   

メイラックスはベンゾジアゼピン系の抗不安薬の中でも、比較的新しい薬です。

副作用が出にくい特性もあり処方されている方も少なくはないと思います。

そこでこのコラムではメイラックスの薬効や副作用についてまとめてみました。

メイラックスの特徴

メイラックスの特徴
メイラックスは他の抗不安薬とは大きく異なる点がいくつか存在します。

スポンサードリンク

薬の作用がすごく長く続く

メイラックスの半減期は、約122時間ととてつもなく長いです。

半減期とは血中の薬の濃度が半分になる期間のことで、薬の作用時間を測るものさしです。

このことから、慢性的な不安や興奮が継続する患者さんに対して処方されることが多い薬でもあります。

副作用が起こりづらい

メイラックスは他の抗不安薬と比べて作用が非常にマイルドです。

従来の抗不安薬で起こりがちな、眠気やふらつきなどの副作用も起こりづらいです。

従って、安全性が高いお薬と言えます。

 

メイラックスの効果

メイラックスの効果
メイラックスの効果としては、
  • 不安を和らげる
  • 筋肉をリラックスさせる
  • 眠くさせる
といった効果が挙げられます。

このような効果が長時間持続するので、服薬の合間のブランクを避けたいときに使われることが多いです。

 

メイラックスの強さ

メイラックスの強さ
メイラックスに関して言うと、作用の強さは「やや強い程度」とそれほど劇的な作用を持つ薬ではありません。

しかし、全く効かないというわけではなく、十分な鎮静・抗不安作用は持ち合わせています。

処方される理由としては作用期間の長さを加味してという理由が多いです。

1mgよりも2mgの方がよく効くの?

「容量が倍になったから作用も倍になるのでは?」と誰しもが思います。

しかし、抗不安薬に関して言えば服用する薬の量が2倍…3倍…になったからといって、作用も比例するかというと、それは間違った知識です。

容量が増えると効きはわずかに強くなりますが、体感的に「1mgよりも少し効いているかな」といった程度のものです。

薬の服用量を増やせば、増やすほど効くというわけではないのです。

もし、服用していて効果が現れない場合や、自分の身体に合っていないと感じる場合は主治医に相談しましょう。

スポンサードリンク

メイラックスの副作用

メイラックスの副作用
ベンゾジアゼピン系の抗不安薬ですので、そこまで顕著ではないにせよ副作用は必ず付いて回る問題です。主な副作用をご説明します。

耐性と依存

メイラックスに限らずベンゾジアゼピン系の抗不安薬を大量に長期間服用していると、1錠で効いていたものが、2錠…3錠…と増やしていかなければ効果が現れなくなってきます。

これが「耐性がつく」という言葉の意味です。

また、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬は依存性の問題も捨てきれません。

薬を飲まないとソワソワしたり、飲み続けないと不安になったりするのが依存の症状と言えます。

 

メイラックスの耐性と依存性は

メイラックスは他のベンゾジアゼピン系抗不安薬に比べて、耐性や依存性が改善されているので、服用するには比較的安全なお薬だと言えます。

しかし、全く副作用がないというわけではないので、注意深く経過を観察する必要があります。

 

メイラックスを服用する際はこれだけは避けましょう

一番のタブーはお酒と併用することです。アルコールと処方薬の同時摂取は耐性と依存性が急速に形成されます。

また、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬はお酒を飲むと記憶がなくなる「健忘」を起こしやすいので、薬の効果を最大限得るためにも、アルコールとの併用は控えましょう。

眠気・ふらつき

抗不安作用が強いお薬は、ボーッとしたりフラフラするといった副作用が出る場合があります。

メイラックスに関しても、副作用が出にくいとはいえ0ではありません。

長時間身体に作用する薬ですので、日中の脱力感は少なからず出てきます。

このことから、車を運転する方や高所での作業に従事している方は特に気をつけるべきだと言えます。

健忘(過度な物忘れ)

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬は日中ボーッとしてしまうことが多いので、さっきまでの物事が思い出せなかったり、記憶が薄いせいで毎日の充実感を感じられないといった現象が起こり得ます。

また、抗不安薬の長期にわたる服用で認知症を誘発するといった研究結果が出ています。

症状が解放に向かえば、抗不安薬を主治医の指示のもと徐々に断薬するといった方法も考えるべきです。

 

おすすめの抗不安薬の使用法

メイラックスのオススメ服用法
外出先で気分が悪くなることはよくあります。

会社や通勤時間・通学時間などちょっとしたストレスで、精神的に負担がかかって苦しい思いをすることも少なくありません。

そのような緊急事態に対処する術は「ん?おかしいな」と思ったら早めに薬を飲むことです。

抗不安薬は効いてくるのに最短で20〜30分は必要です。

精神的不調と薬の効果の時間的なズレをなくすためにも、自分の直感を信じて服用するのも一つの手です。

大したことなければそれはそれで良いのですから、ちょっと気分に陰りが出そうな時は早めに抗不安薬を飲みましょう。

 

メイラックスの口コミ

メイラックスの口コミ
ここではメイラックスの口コミをまとめました。生の声なので参考にしてみてください。

メイラックスに肯定的な意見

メイラックスいいんやねー。とりあえず体調大丈夫で良かった

出勤前に必ずメイラックス飲んで出勤してます。長時間作用するので。オススメ。

■否定的な意見も…

薬局の人に、メイラックス(安定剤)を減薬、断薬したりすると、めまいが増す場合があるよと言われました。

メイラックス飲まないと寝れないけど、早起きできなくなるし。

やはり長期間の作用もあってか、過眠の悩みも多く見受けられました。

 

まとめ

メイラックスは安全性・作用期間共に安定しているお薬ですので、処方されることも多いと思われます。

耐性やアルコールの問題さえ気を付けていれば怖い薬ではないので、主治医の処方通り服用しましょう。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 精神安定剤や治療薬