うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

大切な人を守る為に!オーバードーズの後遺症と対処のまとめ

      2017/07/26

オーバードーズ(OD)とは薬物の過剰摂取という意味で、精神疾患を持つ方のほとんどが経験していると言われています。

必要以上の薬を飲んだり、お酒とともに服薬したりというのが主な手段です。

あなたの大切な人が重度な後遺症を残さないように、もしオーバードーズを発見した際にできる対処の方法をまとめました。

精神疾患を持つ方がオーバードーズを行う背景

オーバードーズを行う背景
主に、自分のキャパ以上のストレスを受けてしまった時や、病気が治らないイライラ感による自暴自棄が主な理由として挙げられます。

日頃から患者さんの思いを共有することが、オーバードーズや不意な自傷行為の予防に繋がるので、できれば毎日じっくり話を聞いてあげましょう。

スポンサードリンク

実は怖いオーバードーズの後遺症

オーバードーズの後遺症
後遺症には個人差がありますが、代表的な後遺症について解説します。

精神依存

薬を飲まないと心の平穏が保てないという意識が、頭の中で固定化してしまいます。

少しでも嫌なことやストレスに感じることがあると、薬物の過剰摂取を選択してしまう思考が根付いてしまうのです。

身体的依存

薬を飲まないでいると、発汗・動悸・イライラなどの離脱症状が現れます。すごく簡単に言うと麻薬と同じ仕組みです。

向精神薬は処方薬として安全性が確立されたものですが、脳内物質に作用する点においては麻薬と類似する点はたくさんあります。

肝機能の低下

服薬をするということは、薬の成分を肝臓で分解し脳に届けなければいけません。

処方薬を過剰に服薬すると肝臓が常にフルに働いている状態になり、結果肝臓の病気になることも少なくありません。

筋力の低下

抗うつ薬や向精神薬は筋肉が緩むといった筋弛緩作用が強い薬がほとんどです。

オーバードーズをすると常に筋弛緩作用が続いた状態になるので、日中は疲れやすく、力が思うように入りません。

その結果、事故や怪我の元になる可能性が高いです。

脳へのダメージ

向精神薬は脳内物質に作用します。オーバードーズは脳内物質の異常な分泌に繋がり、脳内が混乱してしまいます。

結果、物覚えが悪くなったり、ボーッとする時間が増えたり、さらに読解力や計算力・記憶力に大きな悪影響を与えます。

 

大切な人のオーバードーズに気付いたら

家族とオーバードーズ
もし、大切な人のオーバードーズが発覚したら、またその現場を目撃したらどうすればいいのでしょうか。

スポンサードリンク

オーバードーズをしていることが発覚したら

「そんなことするな!」と無理やり薬を取り上げても逆効果だと言えます。

ここは、危険性をきちんと説明した上で薬の管理を一任してもらいましょう。

まず、なぜオーバードーズをしたか、不安に思っていることは何かをよくよく聞いて、「どうすればオーバードーズをやめられるか」を模索しましょう。

オーバードーズは一種の癖とも捉えられるので、根気よく患者さん本人の不安を取り除いていくことが大切です。

オーバードーズ真っ最中の現場を目撃したら

オーバードーズの現場を目撃してしまったら、落ち着いて状況の確認をしましょう。容体によって対処法も変わってきます。

 

意識がはっきりしていて、自傷行為も見受けられない場合

まずは、本人を落ち着かせ楽な姿勢にさせましょう。

そして、何が心の中で引っかかっているのかを探って、今後の対策を練ることが重要です。

緊急性はない状態ですので、次の診察で主治医にオーバードーズのことを相談するといいですね。

 

意識がもうろうとし、自傷行為・嘔吐が見られる場合

この場合は至急病院へ連れていく必要があります。まずは、嘔吐物が気道に詰まらないように横にさせます。

自傷行為がある場合は刃物を遠ざけ、患者さん本人の様子を逐一確認しましょう。

傷が深ければ止血します。また本人も吐き気を訴えるケースが多いので、これ以上薬の成分を吸収しないためにも、吐けそうなら吐かせましょう。

病院選びですが、夜間でも開いている精神科もあるので、電話をして受診することも考えるべきだと言えます。

 

オーバードーズは死ぬまで続くの?という不安

オーバードーズはいつまで続くのという不安
オーバードーズでストレスをどうにかするという行為は、若年に多い事象と言えます。

歳を重ねるにつれ精神的に安定してくるので、いつのまにかオーバードーズも治まったという方がほとんどです。

しかしながら、若いうちに脳の機能が異常を起こしてしまうと、一生その障害と付き合わなくてはいけなくなるので、なるべく薬の過剰摂取は避けたいところです。

特に肝機能は一度トラブルを起こすと慢性的な疾患になりやすいので、処方内容を守り服薬することが大切です。

 

家族ができるオーバードーズ対策

家族ができるオーバードーズ対策
家族がオーバードーズに対してできる対策は、処方通りの服薬を確認することです。薬は家族の目の届くところに保管しておいたり、家族の目の前で薬を飲むようにする。

また、本人がソワソワし始めたり、泣いているといった行為があれば声をかけてあげましょう。精神的に不安定な時期は、オーバードーズを選択しやすくなってしまいます。

 

まとめ

一時期ニュースになりましたが、度重なる自傷とオーバードーズにより心臓の弁に穴が開いて、少女がお亡くなりになったということがありました。たかがオーバードーズと思う方もいるかもしれませんが、体へのダメージは相当なものになります。

まずは、「なぜオーバードーズをするのか」という根本的な原因の解消が先決だと言えます。

また、精神科や心療内科を受診してみると色々な対処法も見出せますので、診察やカウンセリングで相談されると的確なアドバイスも期待できるでしょう。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - OD