うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

ハンドスピナーの効果が凄い!専門家がイライラを緩和する効果を発見

      2017/07/21

ハンドスピナーって知ってますか?指で挟んでブンブン回転するアレです。内部にボールベアリングを内蔵しており、一度回すと勝手にしばらく回っています。販売しているメーカーによっては粗悪品もあるようですが、ハンドスピナーで検索するとその手の比較サイトがたくさん出てきます。

最初に見た時は、何が面白いのだろう、ペン回しのような手遊びおもちゃかな?と思っていたのですが、そもそも筋無力症の子供が、力が無くても遊べるようにと作られたようです。

最初は「スピニング・トイ」として特許も取得されていたようですがこの度、その特許期間が切れたという事で、いろんなメーカーが発売するようになり、そこから爆発的な人気となり、一時期は売り切れが続出したり、海外では学校内で禁止になったりしたところもあるようですね。

注目されているのはなぜ!?



なぜそれほどまでに注目されているのでしょうか。大人が延々手遊びをしているだけのように見えるかもしれませんが、これ、実は精神的なストレス解消など、色々な効果があると言われています。

もともとはおもちゃとして商品化され、子供から大人まで、あまりに手軽に遊べるという事で、授業中ノートを取ることを忘れるくらい熱中してしまうおもちゃ。

しかし、この「集中する」という効果が、ストレスを緩和することに繋がり、精神的な疾患の緩和につながる可能性がある、 と医療の専門家が考え始めたのです。

実際、ハンドスピナーの広告CMにも ADHD(注意欠陥多動性障害)への効果をうたうプロモーションが使われたりすることで、どんどん注目を集めていきました。

今ではネットショッピングでも手軽に買えるし、家の近くの雑貨屋さんでも取り扱うお店が増えているようです。また、ネット上でハンドスピナーの商品を探していると、とてもたくさんの種類から選べる状態になっていますね。

好みを選べて、安くて、手軽に遊べること、そして精神的なストレス解消にもなるという専門家の声が、さらに注目に拍車をかけた理由ではないでしょうか。

スポンサードリンク

注目されている効果とは



それではどのような効果があると言われているのでしょうか。主に効果があると言われている疾患が次のようなものです。
  • ADD( 注意欠陥障害)
  • ADHD (注意欠陥多動性障害)
これら障害には主に、回すことに「集中できる」という意味で「効果がある」と言われているのではないでしょうか。

 
  • 自閉症
ルーティーンにこだわりが強く、シンプルなことを延々繰り返すことが好きな人が多いといいます。確かに、ずっと回し続けるハンドスピナーはハマってしまうかもしれませんね。

 
  • 落ち着きのない方に
これは疾患ではないのですが、常に動いているような、せわしなく喫煙しているような人にも、一部効果が出ているようです。回していると落ち着くのか、やはりリズミカルな一定の動き(回転)をする、見る事によって精神が落ち着くのかもしれませんね。

確かに、ハンドスピナーには、精神的ストレスを緩和させる効果があるという主張があるのです。しかし、この主張には賛否あり、実際に効果が無いとは言い切れないが、実証裏付けがないとの主張もあります

簡単に言うと、まだわからないということです。ただ、集中してしまう事だけは確かで、それが様々なストレス障害の治療に効果が出るかどうか、今後気になるところではあります。実証されれば各医療機関でも治療器具として用いられる可能性もあるのですね。

 

ハンドスピナーに関する口コミ



今や子供から大人まで大人気、何よりも手軽に遊べる、値段が安いということで、 ハンドスピナー自体の評判は非常に良いようです。

「見た目がかっこいい」
「ずっと回し続けている」
「ハンドスピナーのせいで仕事が進まない」

医療という面での口コミはほとんど見つけることはできませんでした。とにかく楽しい、止められないというもの。
ハンドスピナーは現在、様々な色、形、回りながら光るような商品もあり、確かに見た目もかっこいいと感じる商品が多くみられます。もちろん種類が多い分、性能(回る時間や速度)は商品によりばらつきがあるようですが、たくさんの種類の中から好みのものを探せるというのも魅力の一つですね。

そしてもう一つが、中毒性だと感じました。ずっと回してしまうという、何かその回転から逃れられないような、動きを止められないというような中毒性が、さらに人気を集めている原因なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

実際に使ってみた



先日友人がハワイ旅行のお土産に買ってきてくれたので、私も現在一つ持っているのですが、これがなかなか、回し始めると止まらない、止められないのです。一度手に持つと、いつまでもスピンさせていることに気付きます。やっぱり中毒性があります。

何というか、無意識に延々、加速をさせて回し続けてしまうのです。確かに、ちょっとしたストレスで落ち着かない時、貧乏ゆすりをするような感覚でハンドスピナーを回してしまいます。ストレスが発散されているかどうかは正直わかりませんが、回すこと、回っているものを見る事に集中してしまいます。

延々ペン回しをするような感覚です。体でリズムをとる代わりに、回っている物を見てリズムを感じ、イライラやストレスが解消されているという事なのでしょうか。

貧乏ゆすりやペン回し、無意識に細かく体を動かしている時というのは、心的ストレスが原因とされています。一定のリズムを刻むことで心的ストレスを調整しているというのです。

そう考えると、一定のリズムで回り続けるハンドスピナーは、確かにストレス解消になっているのかもしれませんね。

なによりも「何かしながら」遊べる事が最大の魅力ではないでしょうか。テレビを観ながら、映画を観ながら、勉強中でも考えながら回して集中する、なんて人もいるでしょう。さすがに、これを外で使おうとは思いませんが、自宅にいる間はずっと触ってしまうのです。

 

まとめ



ハンドスピナーの医療的効果はまだまだ実証の無い未知の領域にあるようです。

しかし、実際に使ってみるとストレスの解消や暇つぶしには、最高のパフォーマンスを発揮することがわかりました。現在もこの記事を書きながら、少し手が止まっときにブンブン回しています。

正直に言うと、何が面白いのか明確に表現することができません。でも回してしまう。これが最大の特徴であるかもしれませんね。

これは実際に手に取って試してみるのが一番いいと思います。値段もそんなに高いものではないですし、本当にストレス解消に繋がるのならば、損ではないと思います。

因みに、うちには猫がいるのですが、机に置いてハンドスピナーを回すと、回転をずっと見ています。たまに手を出そうとするのですが、スピナーに手をはじかれて、威嚇していました(笑)。

うちでは猫も一緒に遊べる、本当に暇つぶしオモチャです。楽しいですよ。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - うつ病の治療