うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

うつで休職してる時の過ごし方で改善に繋がった3つこと

   

うつ病で休職をした時、毎日何をしていいか分からない、何をしたらいいか分からない、なんて人はいませんか?

私がそうでした。うつ病でツライ毎日を我慢して働き、それでも心と身体が耐えられなくなった時、休職という形をとり、療養することはとても大事なことです。

しかし、いざ休職期間に入り、毎日自由な時間が増えた時、何をしていいか分からない。うつ病になってしまうまで自分を追い込んでしまう人は、休みの時間ですら、その休みを有効に活用しようと頑張ってしまうのです。

人が働いている時に休んでいるなんて、世間に申し訳なくて、休養すら努力の対象としてしまいます。負い目のようなものを感じてしまうのですね。

でも、思い出してください。今まで努力して、頑張ってきた、頑張りすぎてしまった結果、心と身体が悲鳴を上げてしまったのです。

だから、まずは「休まなければいけない自分」を受け入れてください。そして、うつ病で休職をしている間は仕事の事、努力しなければいけないという思い込み、そして世間への負い目を忘れることが大切です。

心と身体を休める事を受け入れる

心と身体を休める事を受け入れる

うつ病になる人には、とてもまじめな人が多いと言います。

現に休みの日だって何かしら努力しなければとか、だらだらしていてはダメだとか、妙に頑張ってしまいますよね。でも、休職中はゆっくりと、なるだけ自分のわがままを認めてあげてください

今は休む時であることを受け入れてください。

世間への負い目なんて感じなくていいんです。だってこれまでツラくてもずっと走り続けてきたんです。その事も認めてあげてください。

私もこういったことを、休職する時に言われました。そして、すごく安心したことを覚えています。しかし、これ、数日経つと段々とまた焦ってくるんですよね。何もしていない自分は大丈夫なのか?毎日だらだら過ごして、ゴロゴロ過ごしていて大丈夫なのか?って。

せっかく仕事からもプレッシャーからも解放されているはずなのに、何もしない事にストレスを感じてくるんですよね。不思議なものです。私は数か月ほど休職したのち、そのまま退職しました。その時にはまだ、休職中の過ごし方なんて考えたこともありませんでした。

せっかく時間があるのだから技術的な勉強でもしようか、何か資格でも取ろうかなんてことまで考えていたのです。でもそれは、間違いです。休職中は休む、休むべき時だということを受け入れることが大切だったんですね。

それでも、うつ病で休職している時、どう過ごしたらいいの?と悩んでしまう人は、次の3つを実行してみてください。それは「起きる時間だけは守る」「外に出て日光と外の風を感じる」「欲を見つける」です。

スポンサードリンク

やった方がいい3つの事

うつで休職中にやった方がいい3つの事

私は休職期間、正直ジタバタしました。心と身体を休める事なんてしなかったかもしれません。だから悪化して、そして退職へと流れてしまったのです。

仕事を無くし、本格的に無職の状態になった時、本当に焦りました。焦ってしまったのです。そして無理やりバイトをしたり、就職をしたり。もちろん長続きはしませんよね。だって治っていなのですから。さんざんジタバタした挙句、これはもう本格的に「休む」しかない事を自覚しました。

それからというもの、生活習慣だとか運動だとか「やらなくてはいけない」と思っていたことを一切やめました。怠けました。だらだら過ごしました。

でも、そうやって過ごすことでようやく、これは改善に繋がるなという事、そして「やらなければいけない」という感覚ではなく「やった方が楽になる」という事が分かるようになってきました。それが次の3つの事なのです。

 

起きる時間だけは守る

うつ病の改善には生活リズムを整えなさい!なんて言われたことありませんか?私はあります。

どうすればいいのかと問うと、寝る時間と起きる時間を整える事だと言われました。このように言われると、きっと皆さんもそうだと思いますけど「やらなくちゃ!」と思って、無理やりにでも実行してしまいますよね。

眠れないなら睡眠導入剤。朝起きれなそうだから目覚ましをたくさん掛ける。そして意気込んで寝たり起きたり。。休職中なのに、仕事はせずに休む時なのに、です。私も必死でリズムを整える事ばかり考えました。

でも、それってストレスたまりませんか?働いている時となんら変わらず時間に拘束されていませんか?

私は気付きました。こりゃダメだって。

そこで、朝か夜か、どちらか一方だけ守ってみようと考えたのです。そして、判断基準としては、朝だらだら寝るよりも、決めた時間に起きた方がスッキリするという理由から、朝起きる時間だけを守りました

その代わり、夜はダラダラ何時に寝てもいいのです。寝る前にスマホをいじってもいいし、映画を見たり本を読んだり。ただし朝は決まった時間、しかも午前中と呼ばれる時間帯であるギリギリの9時くらいという、適当に決めた時間に起きるようにしました。

一週間くらいは確かに、夜更かしをすれば朝起きられないという日々は続きました。でも三日目くらいからちょっと頑張って、9時に一旦は目を覚ますようにしました。起きられるなら、そのまま起き上がって、すぐに歯磨きをします。すると一応目が覚めるのですね

夜更かしをしていた場合はまだまだ眠いのですが、9時に起きたのでその日は達成です。あとは何をしてもいいんですしね!

こうやって、決めた時間に起きる事だけを繰り返すと、まあ、当然ですけど夜眠くなるんですよね。で、眠くなったら寝る。自然と寝る時間も早くなっていきますよ。そして9時起きが苦にならなくなります。試してみてください。

気づいたら、いつの間にか睡眠のリズムがある程度整っているのですからびっくりです。これこそ、休職中に出来る、努力をしない改善方法の一つではないでしょうか!

 

欲を見つける

次のステップ、というと大げさですが、これもよく言われますよね。外に出て太陽の光を浴びろ、と。「いやいや、無理」と何度言ったことか。

だって、心も身体もだるいから休んでいるんだし、外に出るのなんてしんどい。そもそも、太陽の光を浴びる為にわざわざ外に出るなんて、何していいか分からなかったです、私は。でも、家にずっと籠っているのは気が滅入るのも確かです。

ならばどうやって外に出ようかと考えました。一応毎日、9時には起きているので、家でやることなんてネットサーフィンかスマホ弄りくらいです。下手すると、ネットサーフィンで職探しなんて、またストレスの溜まるようなことをやってしまいがちなんですよね。

そこで、第一歩として「欲を探そう」と思いました。うつ病になってから気力もなく、欲しいものや行きたい場所なんてほとんど考えてなく、何に対しても欲が湧かなかったし、仕事のことで頭がいっぱいストレスもいっぱいで、自分の好きなことなんて忘れていましたし。。

そこで、まずはネットショッピングでウィンドウショッピング(なんだかややこしいですが)を始めてみました。

▼▼合わせてよく読まれている記事▼▼ ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

▼スポンサードリンク▼

外に出て日光と外の風を感じる

ネットショッピングのウィンドウショッピングをするうちに、ちょっと欲しいものがいくつか見つかったのです。

もともと文房具とか本とかが好きだったのですが、例のうつ病のせいでそんなこともすっかり忘れていたのですね。いつもなら、そのままネットで注文するところですが、ここはせっかくのチャンス!欲が出てきたならば、自分で見に行こうと決心しました。

外に出る事なんて、本当に面倒でしんどくて、目的も無く歩き回る散歩なんて(散歩好きの方、すみません)疲れるだけだと思っていたのですが、欲があればそれは目的になるんですね。

外出する目的です。実際のものを見に行く、気に入ればそれを買う事だって目的です。買い物にはストレス解消の効果もあるし、これはとても色々なことが達成できる効果的な手段ではないか!って、思ったのです。

 

まとめ



休職中に何していいか分からない、後ろめたくて思い詰めて、結局家の中で悶々と過ごし、少しも休養になっていないなんて、結果としてはその方が罪悪感にさいなまれる可能性だってあるのです。

なので、夜更かしはしていいので9時に一回起きてください。慣れてきたらネットサーフィンで欲しいもの(欲)を見つけてください。そして、それを自分の目で確かめる目的で現地まで足を運んでみてください。

この流れだけで、睡眠のリズム、意欲、外に出るという達成感の高い3つの事を流れの中で実行できてしまうのです!!

気負わず、無理をせず、心と身体を休めながら、人として当たり前の生活を取り戻すことが一番大切だと思うのです。

▼▼よく読まれてる記事▼▼

▼スポンサードリンク▼


■一緒に読まれてる記事■

 - うつ病で休職中