うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

考えすぎる性格を直したい人がやってはいけない3つのこと

   

お金の不安や将来の不安、このままだとお金が足りない、明日の仕事が上手くいかなかったらどうしよう。具体的な不安から漠然とした不安まで、考え始めると頭の中でいろいろな悪いイメージが流れて、眠れなくなってしまうことありますよね。

その多くは、まだ起こっていない失敗の対処法を考えています。そして、その対処方法は、想像できる範囲で、でも自分にはどうしていいかわからない、方法が分からないものばかりです。

そこで今回、考えすぎる性格を直したい人がやってはいけないことを3つ紹介します。それは「一人で考え込む事」「人目を気にする事」「失敗を必要以上に恐れる事」です。

3つの事をやってはいけない理由



なぜ、この3つをやってはいけないのでしょうか。それは、この3つの事を実行していると、行動が出来なくなる、動けなくなるからです。行動しない、前に進まないということは、恐れや不安を大事に持ち続けることになります

部屋の中のゴミを捨てようか捨てまいか考え続けて大切に持ち続けていても、ゴミは部屋の中で腐っていくだけですよね。捨てましょう、行動しましょう。一歩だけ動いてみましょう。

一人で考え込む事

この世の中で、唯一無二の不安や悩みを持っている人など、そうは居ません。誰かしら自分以外にも同じ不安や悩みを持っています。そして持っていた人がいるのです。

一人で考え続けても、自分の経験した出来事の範囲内でしか、解決方法も結末も想像することが出来ません。それは一日中悩んでも一晩中悩んでも、一年悩んでも変わりません。持っている経験や知識、記憶が変化しない限り延々と同じ考えを繰り返すだけなのです。

私も考え過ぎるタイプなので、明日の仕事で大きなことを任された時など、失敗パターンをいくつもいくつも考えて、夜も眠れなくなる時があります。また、腰痛で仕事ができない時期など、お金の心配で、これまた夜も眠れないことがありました。

しかし、仕事での失敗パターンは、頭の中で考えるのではなく、ノートに書き出していくことで解消されました。頭の中で考えていても、失敗したらどうしようと考えるばかりで、「どうしよう」の部分の解決策に行きつかないんですね。

また、お金の心配の時には、救済措置が無いかと、ネットで調べて役所に電話して、行動することで解決の道が見つかりました。一晩中悩んでいたことが嘘みたいに解決への道へと誘導されていったのです。自分の中だけの知識で悩んで考えていても、答えは見つからないのですね。なぜなら経験が無いから、そんな解決の道を知らないからです。

スポンサードリンク

人目を気にする事

自分の行動、言動で人から嫌われたくない、馬鹿にされたくないと思うのは誰もが思うことです。確かに、人目を気にせず我が道を行く人はいますよね。そしてそういう人は行動力がある人だと認められていたり、毎日悩みもなく生きているように見えるものです。

私の周りにも行動力があり、悩みが無いように見える友人が数人います。でも、そういった人たちも周りの人全員から認められているわけではないし、むしろ目立つ存在なので、その分嫌われたり陰口を言われていたりしています。

本人たちはそれを本当に気にしていないのでしょうか。そうではありませんよね。もちろん気にしているし、悩んだりしているのです。私の友人にも一人、人目を気にせず我が道を行くタイプがいます。私はどちらかというと考えすぎるタイプの人間なので、それを直したいと思い、友人に訪ねてみたことがあります。

「人に嫌われたり馬鹿にされたりすることが怖くない?」とぶつけてみたのです。

なかなか不躾な質問ですよね。馬鹿にしている奴がいるよと言っているようなもんですね。。しかし彼は、「そんなことを気にしていたらやりたいことが出来ない」と言い「嫌われたり馬鹿にされることは人一倍嫌だ」とも言いました。

そして極めつけが「でも、行動しなければ全員に馬鹿にされている可能性だってある。でもそれは目に見えないし自分の中だけの評価でしかない。 行動すれば少なくとも、そのことに対して賛同する人間がいる。それが現実になるし目に見える。」と言うのです。

人目を気にして行動しないことは、自分の頭の中だけで、他人に馬鹿にされ嫌われ続ける事を、自ら選んでいるのですね。

 

失敗を必要以上に恐れる事

失敗してもいいじゃないか!なんて、たくさんの人が言っています。たくさんの本に書いてあります。失敗は成功のもと。たくさん失敗した方がいいなんて。

意味は分かるし、理解できるのですが、それでもやっぱり失敗するのは自分。失敗したらどうしようと、延々失敗のパターンを考え続けてしまいますね。そして、失敗した時にどう対処するかを考えるのではなく、失敗したらどうしようの場面をずっと考え続けてしまうのです。夜も眠れませんよね。

きっと、過去の失敗体験が、失敗という事実を異常なほどに恐れさせているのです。でも実際に事が終わると、大したトラブルもなくむしろ満足する形で成功することって多くないですか?

そうなんです。実は「心配事の80%は実現しない」ということが実証されているのです。

その場で最適な対応を判断しなくてはならないような状況では、必要以上に緊張しがちです。しかし、米国ミシガン大学の研究チームが行った調査によると、心配事の80%は起こらないとされています。起きるのは残りの20%ですが、そのうちの8割は、あらかじめ準備して対応すれば、心配事には至らずに解決できるそうです。つまり、そのときにならないと手の打ちようのない「本当の心配事」は全体の4%にすぎないのです。
出典:佐藤富雄の名言 厳選集

 

まとめ



考えすぎて夜も眠れない。でも、それは自分一人で解決しようとしているからです。むしろ、悩んでいる間は解決しようとすらしていないのかもしれません。不安や恐怖心をただただ増幅させているだけなのですね。

失敗することは怖いことです。しかし、一人で全てを完ぺきにこなし、完ぺきな成果を上げて、かつ周りの人々全員から認められるなんてことは不可能です。どうすればそれが成し遂げられるかを、一人でずっと考えていても答えなんてありませんよね。

私も考えすぎてしまうタイプなので、気持ちがすごくわかります。しかし、その悩み、自分の体験する不安や失敗が、人類史上初めてなわけないのです。同じ悩みや不安をたくさんの人が経験し、それを書籍に残したり、ネット上にアップしたりしています。必ず不安や恐怖心を軽減する方法が、身近な本屋さんや図書館、ネットでも見つかるはずです。

本屋さんや図書館、ネットで自分の悩みを具体的に調べてみてください。不安や恐怖を調べてみてください。そしてこれらを第一歩目の行動にしてみてください。一人で考えていたことが嘘のように解決するかもしれません。そして、その成功体験を習慣づけることで、考えすぎる性格を直していくことに繋がります

この3つの「やってはいけない」を参考に、まずは行動という一歩を踏み出してい貰えると幸いです。
スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 考えすぎる性格