うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

エリスパンの効果や副作用を教えます。

   

Pocket

気分が落ち込む、日々憂鬱で、頭痛や吐き気など身体的な症状が出て、毎朝のように会社に行きたくない。。。そんな状態が続いているという人、最近多いのではないでしょうか。ただの疲労や原因がはっきりしているものであれば、あまり心配はないのですが、明らかに以前と違う落ち込み方、周りから心配されるくらいに症状が出てしまっている場合、うつ病の可能性があります。そんな場合は専門医に相談してみましょう!

うつ病と診断されると、薬物療法が始まります。治療のとっかかりとしては一般的な療法ですね。主に処方されるものとして、ベンゾジアゼピン系のお薬が抗不安薬として処方されます。

ベンゾジアゼピン系のお薬は、ものにもよりますが、即効性が高く作用時間が長いものが多いです。今回はその中でも「エリスパン」の効果副作用について、どのくらいの効果があり、またお薬に付き物の副作用について見ていきたいと思います。

エリスパンの効果と強さ



エリスパンの効果には以下のようなものがあります。
  • 抗不安作用
  • 筋弛緩作用
  • 抗けいれん作用
ベンゾジアゼピン系のお薬は様々な種類がありますが、エリスパンはこれらの効果は全体のお薬の中でも中間に位置するものです。また、エリスパンは1時間程度で全体にいきわたり、約1日をかけて抜けていきます。比較的長時間のお薬に分類されますね。ベンゾジアゼピン系のお薬でよく効くお薬の強さと比べると次のような目安です。
  • デパス   :抗不安―強 ピーク―3  半減期―6
  • ワイパックス:抗不安―強 ピーク―2  半減期―12
  • レキソタン :抗不安―強 ピーク―1  半減期―20
  • エリスパン :抗不安―中 ピーク―1  半減期―23
  • メイラックス:抗不安―強 ピーク―0.8 半減期―122
こう見てみると、強さは大体中間的な位置にあることがわかりますね。即効性があり長く効くお薬です。そんなに強すぎるわけでもないのですが、やはり服用に伴って副作用離脱症状は免れません。それではエリスパン副作用離脱症状について、どのようなものがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

エリスパンの副作用と離脱症状とは!?



エリスパンはそれほど強いお薬ではありませんが、やはり副作用があります。特に注意しなければいけない副作用としては、日中の眠気やふらつきがあります。眠気については、緊張状態からエリスパンを服用することで、緊張や不安から解放され、眠気を伴います。運転や機械作業など、けがをしやすいお仕事では注意が必要ですね。

また、眠気がコントロールしにくくなるため、毎日の睡眠にも影響が出る場合があります。簡単に説明すると、夜の睡眠が浅くなり熟睡することができなくなるのです。また、エリスパンの服用をやめる際に出る離脱症状がります。エリスパン離脱症状は比較的軽いとされていますが、長期に服用し、かつ急に止めてしまうと離脱症状が起こります。主に、イライラしたり、強い不安を感じたり、稀に手の震えなどの症状が出てしまいます。長期服用すれば、離脱症状は免れません。それでは、エリスパンの服用をやめる際、どのような方法をとればよいのでしょうか。

 

エリスパンの上手なやめ方



長期服用したエリスパン離脱症状を極力抑えながら上手にやめる方法は、減量、あるいはエリスパンより弱めのお薬に変更していく方法です。主には減量していく方法がとられると思います。自己判断で一気にやめてしまうほど危険なことはありません。離脱症状であるイライラや不安感が一気に襲い掛かってきます。

私は自己判断でやめたことがあり、これら症状が一気に出てしまいました。本当に苦しく、自宅の床を転げまわるほど。結局また通院しながら治療のやり直しになってしまいました。本当に注意が必要ですね。。

ベンゾジアゼピン系の離脱症状には本当に注意し、医師と相談の上で減量する形でのやめ方をお勧めします。

 

まとめ



エリスパンは、現在よく処方されるお薬の中でも、効果はそんなに強いものではありません。むしろ、最近ではあまり処方されないお薬かもしれません。それでも必ず副作用があり離脱症状を伴います。治った!と自己判断でお薬をやめてしまうと、離脱症状に悩まされ、また逆戻りということも起こりかねませんね。。。

お薬は一気にやめるのではなく、徐々に、少しずつやめるものです。効果や副作用が比較的軽いとはいえ、ベンゾジアゼピン系です。かならず医師と相談しながら、副作用のことも理解してやめて行くことをお勧めします!
 
スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

Pocket

 - 精神安定剤や治療薬