うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

鬱のしゃべり方が分かる!見分け方や接し方・隠し方まとめ

      2017/12/12

最近は「」という言葉も広まり、10年前とは比べ物にならないほど皆さんも耳にする機会が増えたのではないでしょうか。また、うつ病の方が身近にいるという人も増えていますね。企業などでも、そういったメンタルのケアを義務付けるなど、鬱というものを社会全体が受け入れようとしています。

それでは、鬱とはどういった状態なのでしょうか。また、他人からどのように見えているのでしょうか。

鬱になると、全身がだるくなり、動くことすら面倒になります。また、何かが欲しいなどという欲もなくなっていきます。とにかく毎日がツラく、ずっと目を瞑っていたい、誰とも接したくない、話をするのも面倒になります。しかし、鬱は外観からは中々判別することが難しく、見分けることが難しいものです。

では、どういった点に注目すれば気づくことが出来るのでしょうか。ちょっとしたサインを見逃さなければ、気づいてあげられるかもしれません。また、自分が鬱かも?と、気づくことが出来るかもしれません。そんなサインについて、見ていきたいと思います。

精神障がいの方向けの就労支援・転職情報の鉄板記事!
精神障害2級で就職するなら専門エージェントを活用しよう!

精神障害者年金の3級でも仕事が見つかるポイント3選

 

鬱になるとしゃべり方が変わる?どんな感じ?

しゃべり方

「鬱」になると、おっとりしたしゃべり方になったり、話すときに目を合わせられなかったりという人も多くいます。また、明らかに口数が減ったり、相槌が多くなったりします。
普段話していてもほとんど気がつかないかもしれませんが、身近にうつ病の方がいる場合は気がつく人もいるかもしれません。

印象はどんな感じ?

会話中の反応がどこかため息混じりで、つまらないのかな?と気を使う場面もあるかもしれません。一つ一つの言動も、ゆっくりとした感じになり、心ここにあらずといった印象を受けることもあるでしょう。

スポンサードリンク

鬱になると表情にも変化が

 嫌われている人の特徴と対処法
では、表情にはどのような変化が現れるのでしょうか。

鬱になると、何かとやる気が出なくなります。やる気が無くなると、ボーッとした目になったり、口角が下がって泣きそうな顔になったり、いわゆる落ち込んでいる人の表情に近く、その表情をずっと保っているような状態になります。

明らかに元気がないという表情ですね。一点をずっと見つめている時間も多いことに気づくかもしれません。

うつ病の症状を表す9つの特徴
一緒に読まれてます

 

その他の身体的症状は

身体的にもあらゆる影響が出てきます。

鬱状態になると、全身が気だるくなり、生活にも支障が出て来ます。トイレに行くという当たり前の行動すら面倒になってしまいます。人によっては、めまいや手足の痺れ、慢性的な頭痛、睡眠障害や不安障害なども同時に併発する場合もあります。

不安で眠れない日が続くと、さらに体のだるさも増していき、楽しいと思えることが少なくなってしまうのです。そういった気持ちが、身体的な症状を引き起こしていきます。

▼▼合わせてよく読まれている記事▼▼ ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

▼スポンサードリンク▼

友人を心配させたくない!どうすれば隠せる?

ri-ze_main_fukusayou
鬱の状態は隠すことができるのでしょうか。

周りの人に心配をかけたくないと思うのは、皆が思うことです。しかし鬱を隠す事で、さらに精神的に追い詰められてしまうこともあります。ツラいと言えない事が一番ツラいからです。

それでは友人を心配させないためにはどうしたらよいのでしょうか。それは、鬱の事を知ってもらう事なのです。自分が今物事をどのように感じ、どのような状態なのかを知ってもらうことが、周囲に心配をかけない最大の方法だと私は思います。

薬に頼らずうつの治療に成功した話
マインドガードdxの販売店はココ【購入した女性の暴露インタビューあり】

 

友達がうつかも…接し方は?

友達はきっと鬱だ。友達はそれを隠そうとしている。それが分かった時どのように接するべきなのでしょうか。

まずやってはいけないことは、腫れ物に触るような接し方や執拗に気分や状態を聞き出すことです。言葉にすればするほど「鬱」ということを意識してしまい、さらに憂鬱になってしまいます。

また、「考え方をポジティブにした方がいい」とか「運動をもっとすべきだ」など、解決方法を提示することは避けた方がいいでしょう。本人にもわかっているのです。わかっているけどできない状態なのです。慰めや叱責は逆効果になってしまいます。

では、どのように接することが一番良いのかというと、鬱であることを認め、肯定してあげることです。そして、何より寄り添ってあげることです。

うつ病を理解し温かく見守るためには
一緒に読まれてます

うつは経験しないとわからないものです。ただ、ありのままを受け止めてあげてください。 そうすることで、少しでも気持ちが楽になります。そして、支えられていると感じるてもらうことが、一番大切なのです。

▼▼よく読まれてる記事▼▼

▼スポンサードリンク▼


■一緒に読まれてる記事■

 - うつ病の接し方