うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

うつ病で食欲がある場合は非定型うつ病の可能性が高い

   

非定型うつ病は若い女性に多い病気です。20代~30代女性に増えています。食欲が低下するうつ病とは違い、過食ぎみになるのが特徴です。

今回は非定型うつ病とは何か、症状は何かまた定型うつ病と非定型うつ病の違いを紹介し、最後に非定型うつ病になってしまった後の対策を紹介します。

うつ病でも食欲がある場合があるのか?



うつ病は興味・やる気がなくなりどのようなことに対しても消極的になります。うつ病になる時には、体から警告が発せられます。それが食欲不振であったり、睡眠障害だったりします。

ただその程度については人それぞれで違います。私も夜に眠れないことが多く、2時-3時頃にホットミルクを飲んで寝ることもあります。この程度では誰も睡眠障害とまでは疑いませんよね。

食欲も同様に人それぞれによって程度は違います。ただ、うつ病になると食欲が普段より低下することは確かです。

これに対して、非定型うつ病は食欲が逆に増加します。食欲があるからうつ病ではないとは言い切れないのです。

スポンサードリンク

非定型うつ病の可能性があるかもしれない



うつ病は何事に対してもやる気がなくなり、食欲がなくなるとご紹介しました。しかし、非定型うつ病は食欲が逆に増加します。

 

非定型うつ病とは?

非定型うつ病とはうつ病(定型うつ病)とは異なる病気です。定型うつ病とは症状が違い、気分がずっと落ち込んでいる訳ではないことから、世の中で認知がまだ不十分なものです。

なので、「甘えているだけ」、「ずるしているだけではないか」「やる気がないだけだ」といったように周囲からの理解が不十分なケースが多いです。(私も部下が落ち込んでいるところを見ると、そんな落ち込んで甘えていないで自分の力でやり切れ!と思ってしまうこともあります。)

確かに単なる気分の落ち込みか、非定型うつ病かを一般の人が見分けることは難しいです。専門の精神科医に診察をうけて診断してもらう必要があります。ですが、症状として特徴的なものは以下のようなものがあると言われています。

 

非定型うつ病の症状

  • 夕方に気分が悪くなる
  • 疲労感が強い
  • 周囲の目が気になる
  • 気分が落ち込んでいることもあるが、気分が改善する時もある
  • 食欲が増加する
  • よく眠るようになる
こう見ると「私もこの症状がある!」と思った人もいるのではないでしょうか。ストレスの多い現代社会だからこそ増加している病気だと言われています。

ネット上では非定型うつ病かどうか確認するチェックシートも増えているので、気になったら確認してみてください。

スポンサードリンク

定型うつ病との違いは?

非定型うつ病に対して、定型うつ病はずっと気分が落ち込んでいて、消極的になることが特徴です。

私も最近上司に怒られて、気分が落ち込みました。その日はずっと憂鬱な気分で、ふとするとそのときに怒られた言葉を思い出して落ち込んでました。しかし、時間はすごいもので、1日2日経つとそのようなこともどうでもよく思えます。

ところが、定型うつ病はこの上司に怒られた直後の落ち込んだ気持ちがずっと続きます。これが特徴的です。以下に定型うつ病の症状を上げます。
  • 朝に気分が悪く、夕方にかけて徐々に改善していく
  • 疲労感がある
  • 気分がずっと落ち込んでいる
  • 食欲が低下する
  • 眠れない
いかがでしょうか?非定型うつ病と同じような症状もありますが、非定型うつ病とは反対の症状もあることがわかります。

特に非定型うつ病は定型うつ病とは違い、食欲が増加し、睡眠を多くとるようになることが特徴としてあげられます。

 

食べられるのなら「ネバネバ食」でうつを改善

では、最後に非定型うつ病の対策をご紹介します。非定型うつ病の対策で一番重要なのは生活習慣の改善と言われています。
  • 朝は決まった時間に起きる
  • 栄養のある食事をとる
  • 3食決まった時間にとる
  • 適度な運動をする
  • 毎日同じ時間帯に寝る
  • お酒は飲みすぎない
といった対策です。(一人暮らしの私には耳が痛いようなことばかりです。。)

最近ではうつ病になると不足しがちな栄養素を「ネバネバ食」で補うと効果的だといわれています。納豆、オクラ、山芋等が代表的です。

生活習慣の改善は非定型うつ病を改善する上で必須となりますが、もちろんそれだけで改善されるとは限りません。

非定型うつ病の治療には薬も使用されています。いろんな角度から実施することが必要となります。少しでも悩んだら、専門医と相談して個人個人にあった治療をすることをおすすめします。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 非定型うつ病