うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

傷病手当金の支給っていつ?支給期限は?

   

Pocket

傷病手当金とは、健康保険法で認められている制度であり、健康保険の被保険者が疾病や負傷により業務につくことができない場合のみ、療養中の生活保障として被保険者に決められた金額を支給する制度です。

ただし、この傷病手当金は、被保険者がいくつかの条件を満たしていないと、支給されないこともあるようです。

では、いったいそれはどんな条件なのでしょうか?また、実際支給されるのはどれくらいの金額で、それは支給されることが決定されてから、いつ頃までに支給されるのでしょうか?今回は、傷病手当金に関する基本的な知識をまとめていきたいと思います。

傷病手当金は、どんなときに適応されるのか?

健康保険の被保険者が、

病気やケガをしたときに会社を休まざるを得ない状況であったとき、さらに事業主(会社側)から十分な報酬をもらえないときに適応されます。

これが、傷病手当金を受け取るための基本的な適応条件です。

まず、この状況を満たしていないとこの制度の適応外となります。また、上記の条件が満たされている場合は「健康保険傷病手当金支給申請書」という、読んで字のごとくの書類を記入し、お近くの「全国健康保険協会」に提出しましょう。

スポンサードリンク

傷病手当金の支給条件とは?

傷病手当金は、次の4つの項目に書かれている内容をすべて満たしていないと受け取ることはできないのです。以下にまとめてみました。

 

「業務外の理由、事由」による病気やケガの療養のための休業であること

ここで注意しなくてはならないのが、「業務上もしくは通勤途中による病気やケガ」は対象外であるという点です。また、業務外であっても被保険者の任意によって起きた病気、ケガ(美容整形などが原因で起こる病気など)も、病気やケガとみなされないことより対象外とされています。

 

仕事に就くことができないこと

仕事ができない、仕事に就けないなど、この状態であると判断するのは自身ではなく健康協会の療養担当者の判断を主な基準としているようです。それ以外にも、被保険者の仕事内容なども考慮して判断される場合もあります。

 

「連続する3日間」を含み「4日間以上」仕事ができずに休んでいること

業務外の事由での病気やケガなどで、3日間以上仕事を休んだ日から4日目以降の仕事復帰できなかった日数に応じて適応し、事業主からの報酬がない場合のみ、傷病手当金が支給されます。

また、この「連続する3日間」には有給休暇や土日、祝日などの公休日も含まれるので、給与の支払い対象であるかどうかは、一切関係ありません。

さらに、「連続する3日間」のあと1日以上出勤したとして、その後仕事に復帰できなくなっても、「仕事に復帰できなくなった日」から傷病手当金の対象となります。

 

休業した期間に対しての給与支払いが一切ないこと

上記3つの条件に満たしていても、

休暇を取っている間に給与が発生している場合は傷病手当制度が適用されず、傷病手当も支給されません。

ただし、実際に給与が支払われていても、傷病手当の額面より低い場合は支給額との「差額」のみ支給されます。

 

傷病手当の支給限界!?

傷病手当が支給される期間にも限界があります。それは、

傷病手当支給開始日から、「1年6カ月」であるということです。

ただし、これは1年6カ月分の支給が保証されるということではありません。あくまで支給開始日から1年6カ月という期間のみということです。この期間の間に、仕事に復帰して給与を得ていた場合には、当然支給対象外になり、仕事復帰していた期間も、この1年6カ月に含まれてしまうのです。

そして、一番注意しなくてはいけないこと、それは1年6カ月を経過した後は仕事ができずに休んでいても、傷病手当金は支給されないのです。

スポンサードリンク

傷病手当の支給額とは?

傷病手当の支給額は、勤務状況により大きく分けて2つ存在します。次のような計算方法で算出されているようです。

 

支給開始日が決定した段階で、勤続日数が12カ月未満の場合

支給開始日が決定した月の前の月からさかのぼって入社月からの平均給与額」と「被保険者全体の標準月額の平均(ただし、支給日決定時の前年度の数値)」を比べて、どちらか低い数値の方が支給対象額となります。

 

支給開始日が決定した段階で、1年以上の月額報酬をもらっている場合

支給開始日が決定した月の前の月からさかのぼった平均値」を支給対象額とします。

 

そして、「1」と「2」のどちらの場合にも、その支給対象額を12で割ったあと更に30で割ります。その数値に3分の2を掛けた数値を出します。その数値を1日にもらえる金額として設定するのです。

 

例)毎月30万円の月額で1年以上勤務の場合

(30×12)÷12÷30×0.66(3分の2)=6600

1日あたり6600円の支給額となります。

 

傷病手当金は、いつ頃から支給されるのか?

一般的に支給開始日とは、傷病手当の支給が適用された日の開始日で、支給日ではありません。では実際、いつから支給されるのでしょうか?

じつは、実際に明確な取り決めはないようです。

傷病手当を受け取っている方々の口コミだと「1カ月から2カ月後」に受け取れたという方が、圧倒的に多かったことが判明しています。

この状況の主な原因として、「会社側の処理の手際の早い遅い」や、「健康保険協会の受理できるスピード」にも左右されるとのことです。ということで、おおむね「1カ月以上」と考えて頂くことをオススメします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回紹介させていただいた「傷病手当金」は、医師の証明があれば、業務外の病気として「うつ病」にも適用されます。ただし、証明がないと申請もできないので注意が必要です。

傷病手当金とは、外面的な病気やケガを負った方々だけでなく「うつ病」の方にも適用される法律であり、健全なる社会復帰を手助けすることを目的とした国の制度なのです。病気やケガ、うつ病で働けずに悩んでいる方々は、上記を参考に「傷病手当金」を受け取り、しっかり、ゆっくりと療養して頂けたら幸いです。

スポンサードリンク

Pocket

 - うつ病と仕事とお金