うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

映画のエンドロールの順番は3パターンある!

      2016/04/16

エンドロールとは

エンドロールとは、映画などの最後に出演者や監督、その他製作者の名前が流れていくものです。この説明を聞けば、ほとんどの人が、あーあれかとなると思います。

知らない人はいないのではないかと言っても過言ではないエンドロールですが、名前が流れる順番については知らないという人が多いと思います。特に何も考えずに名前を眺めているだけだという人ばかりではないでしょうか。そもそも映画のエンドロールを観ないという人もいそうですね。

そこで今回は、エンドロールを観る人は多いのか、また、エンドロールで流れる名前に順番の決まりはあるのか、以下で説明します。

スポンサードリンク

映画のエンドロールを観る?観ない?

映画のエンドロールを皆さんは最後まで観ていますか、それとも全く観ませんか。本編が終わっているのでわざわざ観る必要はないと考える人もいれば、エンドロールも含めての映画だと考える人もいるでしょう。

とある調査によると、エンドロールまで観るという方が多数派なんです。実に7割以上の人が、最後まで映画のエンドロールを観るみたいです。

エンドロールではスタッフが流れること以外に、ちょっとしたオマケが流れることもあり、何かあるかもしれないという気持ちもあって観る人が多いようですね。

 
スポンサードリンク

映画のエンドロールで流れる名前の順番は?

観る人が多いものの、知らない人が多いのがエンドロールで流れる名前の順番です。これは正直なところ、映画によって違うようですが、大まかに3パターンあるそうです。

 

①主演→助演→(大物や準主役)

②登場順

③アルファベット順

 

主にこのような順番で構成されているようです。大物が後に流れてくる理由としては、他の脇役と同列に扱うのではなく、後から出すことで特別扱いして顔を立たせているのだと思われます。

今まで何も考えずに眺めていたという人は、これを機会に、映画のエンドロールで流れる名前の順番を気にして観てみると、また新たな発見があるかもしれませんね。

 

映画で息抜きを

日常のストレスの発散方法としての映画鑑賞はおすすめです。映画を観ることはある意味自分にない人生を体験することです。日常では得られない快感や感情の動きを感じることができます。

1時間以上の時間を使ってじっくりと余計なことを考えずに作品の世界に浸ることは、自分の心に潤いを与えることでしょう。その際に、エンドロールにも注目してみてください。

本編が終わってもすぐに立ち去らずに映画の余韻を楽しみながら、また、この記事で書いたような名前の順番に注目しながらエンドロールを眺めてみるのも、きっとおもしろいものだと思いますよ。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 雑学・暇つぶし