うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

お腹のガス溜まりを治す時の注意点と解消法

      2016/04/16

ガス溜まりとは

ガス溜まりとは、お腹にガスが溜まることです。お腹にガスが溜まり、お腹に張りや痛みの症状が出てきます。それだけでなく、おならも出やすくなり、その症状に悩まされている人はたくさんいます。特に女性で悩んでいる人は多いです。

しかも、こういった症状は人には聞きにくいですので、他の人もガス溜まりで悩んでいるのかなかなかわからないものです。なので、本当にたくさんいるの?と思うかもしれません。

とある調査によると、ここ1年でガス溜まりに悩まされる女性は、なんと三割もいるそうです。結構多いですね。自分だけがおかしいのではないかと思っている人は安心してくださいね。

以下ではガス溜まりに悩んでいる人のために、ガス溜まりの原因と対策についてご紹介します。

スポンサードリンク

ガス溜まり 5つの原因は?

さてこのガス溜まりですが、原因はいくつかあります。

 

まず、①腸の働きが弱くなっているケースです。

腸の働きが弱くなり、便やガスがうまく排出されず、お腹に溜まるわけです。

 

次に②姿勢です。

仕事などで長時間座っているという人は、ガスが溜まりやすいです。しめつけや圧力がかかってガスが溜まるわけですね。

 

他には、③おならを我慢していると、ガスが溜まりやすくなります。

出すべきものを出していないのですから、溜まることは容易に想像できると思います。また、それだけでなく、我慢をし続けていると、ガスが溜まりやすい体になるそうです。

 

他には、④食事が高脂肪、高たんぱく質であると、体の中にガスが溜まりやすくなると言われています。

 

また、お腹の不調でよく原因になっているのがストレスです。

⑤ガス溜まりの場合も、ストレスが原因でなることはあります。ストレスによって悪玉菌が腸内に増えて、ガスが溜まりやすくなるわけです。

 

このように、ガスが溜まる原因は様々なものがあります。では、ガス溜まりを解消するにはどういった手段があるのでしょうか。

 
スポンサードリンク

ガス溜まりの対策法

生活習慣を見直す

食事、睡眠、運動などを見直すことでガス溜まりを改善することができます。食事は、ヨーグルトや納豆を食べることを心がけ、高脂肪、高タンパク質の食品はとりすぎないようにしましょう。また、食物繊維も基本的には体にいいのですが、とりすぎるとガス溜まりの原因になるので注意してください。

睡眠が不足すると腸の働きにも影響が出ます。うまく睡眠時間を確保することを意識しましょう。

運動ですが、先に書いたように、長時間座っているとガスが溜まりやすくなります。ストレッチを挟んだり、普段から歩くことを意識したりするなどして適度に体を動かすようにしましょう。

 

ストレス解消

ストレスを解消することもガス溜まりの原因を除去することにつながります。

嫌なことがあったら人に聞いてもらう、趣味に没頭する時間を作る、ぼうっとする時間を作るなどしてストレスを解消する時間を作りましょう。何をしても楽しくない、やる気が出ないという人はうつ病の可能性があります。

その場合は病院でお腹のこととあわせて相談するといいでしょう。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 体の不調を感じたら