うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

ぼーっとする原因と4つのよくある対策の注意点【重要】

      2017/04/17

Pocket

頭がぼーっとする4つの理由と対策

風邪ではなさそうなのになぜか頭がぼーっとするということに悩まされている人はいませんか。色々やりたいことがあるのに頭が働かず何もできず時間が過ぎていくのはとても歯がゆいですよね。この頭がぼーっとすることですが、実はいくつか原因があるんです。

スポンサードリンク

脳に原因がある

頭がぼーっとする理由の1つとして、脳に何かしらの原因がある可能性があります。例えばブドウ糖の不足が原因で頭がぼーっとすることもあります。この場合は甘いものや炭水化物を摂ってエネルギーを補給しましょう。

ただし、急激に摂ると、逆にうつ病のような症状になり、ぼーっとする状態が悪化して疲れやすくなるので、摂りすぎには注意してください。

 

睡眠の乱れ

睡眠不足が原因で頭がぼーっとしている可能性があります。自分の生活を見直して、睡眠が足りないと思ったら睡眠時間を増やしましょう。どうしても夜に時間が確保できない人は昼間に15分以下の仮眠を入れるだけでも違ってきますよ。

また、難しいもので、寝すぎもいけません。睡眠は多くとれば体が休まりそうですが、そう単純ではないんですね。寝すぎたことで頭が覚醒せずにぼーっとすることがあります。シャワーを浴びたり水分を補給したり軽くストレッチしたりするなどして体を覚醒させましょう。

スポンサードリンク

自律神経失調症

全身の器官をコントロールする自律神経が乱れ心身の調子を崩す病気を自律神経失調症と言います。頭がぼーっとするだけでなく、めまいや手足のしびれ、イライラ、不安感などの症状が見られます。

自律神経失調症かなと思ったら、病院に行き医者に相談しましょう。カウンセリングや薬物療法など、適切な治療をしてくれます。

 

うつ病

うつ病など心因性の病気の可能性があります。頭がぼーっとするだけでなくやる気が出なかったり、死にたいという気持ちが出たり、気分が落ち着かないなど自分自身で調子がおかしいなと感じたら、迷わず病院に行きましょう。自律神経失調症と同じく、適切な治療をしてくれます。

自分でどうにかできればいいのですが、どうにもならずに症状が悪化し、余計に苦しい思いをする恐れがあります。通院は難しいという人は、普段の頑張りすぎていないか、自分のことを見つめなおしてみるといいでしょう。また、誰か知り合いに話を聞いてもらうのも良いと思います。

 

まとめ

以上、頭がぼーっとする4つの理由とその対策でした。睡眠、食事、運動といった基本的なことをしっかりと行うことで改善されるケースが多いです。

それでもうまくいかない場合は何かしらの病気の可能性がありますので、専門家である医者に頼り、自分の調子を整え、生活をより良くしていきましょう。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

Pocket

 - うつ病に関連すること