うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

精神障害者手帳の等級を見分けるには?まとめ

      2017/04/22

Pocket

精神障害の等級によって補助に差がある

精神障害者手帳とは精神に何らかの困難を抱えている人が社会復帰するための公的補助で、1級から3級までの等級があります精神障害者手帳を取得することにより様々な恩恵を受けることができます。また、それは精神疾患の重さで設定される等級というもので差があります。

例えば、1級だと所得税の控除が40万円、2級以下だと27万円といった具合です。

自分が精神的に疾患があり困っている場合、この精神障害者手帳を取得することで、経済的に楽になることができます。

スポンサードリンク

精神障害者手帳とは

精神障害者手帳とは前項目で書いたように、精神に何らかの困難を抱えている人が社会復帰するための手助けとなるもので、これを取得することに寄って減税されたり公共のサービスの料金が割り引きされたりします。

手帳を取得するには、初診から半年以上経過していることという条件があります。

申請は各市町村の窓口で行うことができます。診断書と自分の写真を用意して申請に行きましょう。なお、精神障害者手帳の有効期間は2年間となっています。また、精神障害者手帳を取得すると、その精神疾患の様子から等級というものを設定されます。

この等級について次の項目で詳しくまとめます。

スポンサードリンク

精神障害者手帳の等級とは

等級は1級から3級まであり、以下のように基準が決められています。

 

1級

日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの。具体的には、食事、入浴、知人との会話、買い物などが適切にできないなどが挙げられます。

 

2級

日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの具体的には、食事、入浴、知人との会話、買い物などが誰かの手伝いがないと普通にできないなどが挙げられます。

 

3級

日常生活若しくは社会生活が制限を受けるか、又は日常生活若しくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの。具体的には、食事、入浴、知人との会話、買い物などがある程度はできるが、時折援助を必要とするなどが挙げられます。

自分の等級は各市町村の窓口から精神障害者手帳の交付を申請することで知ることができます。各窓口から申請された内容が精神保健福祉センターにて判定され、各市町村の窓口から精神障害者手帳が交付されます。その時に自分の等級も知る事ができます。

等級の判定はすぐには出ずに、一ヶ月はかかるようです。

 

まとめ

自分が精神に何らかの疾患があり、半年以上続いている場合は精神障害者手帳の交付を申請しましょう。精神障害者手帳を取得することで公共料金の割り引き、減税などの恩恵を受けることができます。

精神障害者手帳では1級から3級まで障害の重さが判定され、その等級によって受けられるサービスの度合いが変わってきます。手帳を受け取ることによって不利益を被ることはありませんので、特に経済的に困っている人にはおすすめします。

スポンサードリンク

Pocket

 - うつ病に関連すること