うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

仕事始めと2016年を失敗しない新年の挨拶マナー

      2017/04/17

仕事始めはいつから?

公務員などの年末年始の休みは12月29日(火)~1月3日(日)となっているので、仕事納めは12月28日(月)、仕事始めはずばり、1月4日(月)になります。

一般企業も3日がちょうど日曜日ということもあり、同じようなところが多いと思います。4日や5日が土日の場合は、公務員はその日まで休みですし、一般企業も同じようなところがよくあると思います。もちろんどの企業も休みがこれだけ長くあるわけではなく、サービス業はむしろ稼ぎ時だからとほとんど休みがないところもあると思います。

ちなみに銀行もやや仕事納めはやや遅く、窓口対応は12月30日(水)までやっています。

スポンサードリンク

仕事始めに失敗しないための正月ボケ解消法

1月4日(月)から仕事が始まるところが多いわけですが、正月の翌日ですからね、なかなか体が正月ムードから抜け切れず、うまく出勤できないということも出てくると思います。そこで新年スタートダッシュに失敗しないための正月ボケ予防策をご紹介します。

 

起きたら日の光を浴びる

休みの期間は睡眠が乱れがちです。これはもう仕方のない部分もありますが、起きた時はシャキっとしたいものです。そのためにも、起きた時に日の光を浴びることを意識して過ごしてください。こうすることで体にスイッチが入り、起きようという状態になってくれます。

 

ストレッチなど軽い運動をする

休みなのであまり動きたくないと思いますが、入浴前など時間を見つけてストレッチなどで体を軽く動かしましょう。こうしておくことで体の倦怠感の予防になりますし、良い睡眠をとることにもつながります。

 

甘いものを食べ過ぎない

甘いものは食べ過ぎると体のだるさにつながります。休みでもあまり食べ過ぎず、みかんやバナナなど果物をとると良いでしょう。このようなちょっとしたことでも気をつけておくと、休み明けに逆に疲れがどっと来て起きられず仕事がつらいことになるということは回避できると思いますよ。

スポンサードリンク

新年の挨拶で失敗しないためのポイント

年が明けて気分を新たにして、無事に職場に出勤したら、新年の挨拶をする必要があります。1年の最初の月ですから、気持ちの良い挨拶をして、今年もよろしくお願いしますという気持ちを伝えたいものです。

この新年の挨拶ですが、職場の雰囲気でどのような挨拶をするか変わるようです。新年は忙しいところも多く、かしこまって挨拶をすることを避ける職場も多いです。そのようなところではいつもしている挨拶の代わりに、あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いしますなどと軽い挨拶をするといいでしょう。少し時間があるようでしたら、良く休めたこと、新年気持ちを一新して頑張ることを軽く雑談のように話すと良いと思います。

ある程度余裕があってかしこまった挨拶ができる職場でしたら、上述の内容に加えて、最近の話題や今年の干支の話などもからめて話を広げるといいと思います。

 

まとめ

最後にまとめますが、要は、相手に不快な思いをさせないように、コミュニケーションをとり、今年もよろしくお願いしますという素直な気持ちを伝えることを心がけるといいでしょう。

新年になり気をつかうことはあると思いますが、考えすぎて憂鬱になっては元も子もありません。堂々として、良い1年にするんだという気持ちで過ごしたいですね。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 年末年始の豆知識