うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

イライラするのは病気の危険信号?!うつ病編

   

Pocket

そのイライラはうつ病かもしれない

人間誰しもイライラすることがあると思います。仕事、学業、人間関係、金銭問題、その他もろもろ、現代社会では何かとストレスがかかりがちです。そういったストレスに対し怒りを覚えてイライラするということは良くあります。ところが、そのイライラ、もしかしたら病気のサインかもしれないんです。

実はうつ病の症状の1つにイライラというものがあります。うつ病というと、気分が落ち込んで何もしたくないような状態のイメージがあると思います。もちろんそれはあながち間違いとは言えないのですが、実はうつ病になる時にイライラすることが増えたという人も多いんです。

以下にうつ病の特徴と、イライラの種類をまとめてみました。当てはまるかもという人はすぐにでも病院に行って相談してみてください。早いうちに対処した方が、日常生活にも支障が出ずに済みます。

スポンサードリンク

うつ病チェックリスト

・以前興味があったことへの興味がなくなった
・疲れやすくなった
・気分が落ち込むことが増えた
・睡眠が安定しない
・食事が安定しない
・仕事や勉強でミスが増えた
・以前に比べて考えることが億劫になった
・今の自分に焦りイライラする
・仕事など何かを任せられてイライラする(きついのにさせられるなど考えてしまう)
・他人の悪いこと(マナー違反、ミスなど)が目につきイライラする
・理由もわからずイライラする

 

以上の項目で当てはまるものが多い人はうつ病または何かしらの病気の可能性があります。無理をせずに病院に行きましょう。自分では怒りっぽくなったことや、調子が悪くなっていることを、軽視しがちです。

病院に行って、忙しいことなどによる一過性のものなのか、うつ病なのか客観的な判断をもらった方がいいと思います。

スポンサードリンク

イライラは抑えればいいものではない

うつ病の中で見られるイライラですが、ではイライラを押さえ込むようにすればいいのかと言うと、そう単純ではありません。イライラと言うと悪いイメージがあります。もちろん基本的にいいものではないのですが、悪いからと言って押さえ込んでしまうと、さらに調子を崩したり、どこかで気分が爆発したりしてしまいます。イライラしている自分を受け入れることも時には必要となります。

そこで、どこかでイライラをぶつけて吐き出してみましょう。それはノートでもいいですし、インターネットに慣れた人なら、ツイッターに鍵をかけて自分だけの愚痴アカウントなんかを作ってもいいかもしれません。

とにかく自分だけが見る場所を用意し、そこに思っていることを書きなぐるわけです。そうすることで心のバランスをとれるようになります。良かったら試してみてくださいね。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

自分の怒りを1分で鎮める方法

1分間で怒りを鎮める具体的な方法を紹介した精神科医の動画を紹介します。気休め程度かもしれませんが、知っているだけで、その場をしのげる方法もありますので、参考までにぜひ。

自分の怒りを1分で鎮める最強の方法 【精神科医・樺沢紫苑】

Pocket

 - うつ病と症状