うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

「イライラする」を解消する意外な逆転の発想とは?

      2016/04/16

Pocket

何故、あなたはイライラするのでしょう。簡単に言うと、それはあなたの思った通りにならないからです。では、何故思い通りにならないのでしょう。

簡単に言うと、それはあなた以外にも人それぞれ考え方が色々あるからです。では、どうすればイライラする事を解消できるのでしょうか。簡単に言うと、それはあなたが何事にも納得する事でもあるのです。

人は意外な事で実は納得出来て、少し発想を逆転させることで納得できる事も多いのです。
今回はそんなお話です。

他人の行動や言動を気にしてしまう時のイライラする事

仕事をしていて、よく他人に対して「なんでこうするの?」とか「なんでこんな事言うの?」などと思う事は多いと思います。自分が納得できない事をされたり言われたりすると、誰でも頭の中に怒りが充満してしまいます。

怒りが溜まると感情もコントロールできなくなります。また、そんな自分に「怒ってしまう自分は最低だ」と自己嫌悪に陥ってしまう人も中にはいることでしょう。それを決して「情緒不安定」という簡単な言葉で片付けてしまってはいけません。何故、そうなってしまったのか?その状況の捉え方によっては、今後の状況が全く変わってくるからです。

スポンサードリンク

怒りは抑え過ぎてはいけない

怒りは、人が持つ自然な感情の中で最も強いものです。悲しいという感情やうれしいという感情、楽しいという感情よりもはるかに強いエネルギーを持っています。その強いエネルギーを感情でコントロールする事が「怒りを抑える」つまり、「イライラする」事を抑えることになります。これは日常生活を送るのにしなくてはならない局面が多い事ですが、この行動こそが、実は新たな「イライラする」を生み出してしまっているのです。

怒りのエネルギーを抑え付けてしまうということは、逆に自分の心が回復する事を拒んでしまっているのと同じ事なのです。納得がいかないまま、心が回復しないと、心は病気になります。そして次第に「うつ病」と呼ばれる症状も出てきてしまうのです。

スポンサードリンク

怒りを上手く利用する事、それが逆転の発想である事

怒りを我慢すればするほど、怒りのエネルギーは、どんどん良くない方向にその人を連れて行ってしまいます。例えば、朝出勤時に駅に向かう途中で、道に落ちていたガムを踏んでしまい、少し「イライラする」事を感じている状態で、満員電車に揺られて、また少し「イライラする」事を感じて我慢して、電車が遅れて会社に遅刻して上司に怒られて、また「イライラする」事が重なり、それでも我慢して、遅刻したことにより仕事が終わらず休憩が取れずに「イライラする」事が溜まり、我慢、会社が終わり帰宅時に駅で見知らぬ人と肩がぶつかり口論になり、溜まりきった「イライラ」が爆発して、その人に暴行を加えてしまったとします。

そこで考えてみて下さい。最初のガムを踏んだイライラから人に危害を加える人はそうはいません。溜まりに溜まってしまった「イライラする」事が最後には人に危害を加えるところまで達してしまったのです。

このような悪循環の「イライラする」事から解放されるには、その瞬間「イライラする」事を感じたら、溜めずに吐き出して、納得する事がとても重要なことなのです。ただ、やみくもに怒りを発散させてしまうと、社会のルールや法律に触れてしまう事でしょう。それは良くない事です。では、誰にも迷惑をかけずに「イライラする」事を溜めずに吐き出すにはどうしたらよいのでしょうか。

昔の人はこう考えました。井戸に向かって不満を大声で叫ぶというものです。現代では、井戸を探す事がまず難しいでしょう。では、こうしましょう。

 

井戸の代わり 現代版

井戸の代わりに紙を用意して、叫ぶ代わりに字を書いてみてはいかがでしょうか。書くのは、当然あなた自身が感じた不満や心の叫びです。それをあなた自身が納得のいくまで書きましょう。受けた怒り、「イライラする」事のエネルギーが、尽きるまで書きましょう。一人で誰にも邪魔されずにどんどん書いていきましょう。

書くという動作は、脳内のイメージを必ず引き起こします。書くことによって納得し、嫌な出来事のイメージや心の不満も少しずつ解消されていく事でしょう。

 

まとめ

怒りを力で抑える事はあまりおすすめ出来ません。頭と体、心と行動が共にともなうためには、怒りというものの見方を変える、つまり逆転の発想でそれを良い方向へ突き動かす、強いエネルギーに変えて、自分自身の中で納得していくことが大切なのです。

一日に起こる「イライラする」事を順番に書いていく事、エネルギーの転換をぜひ一度試してみて下さい。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

Pocket

 - うつ病に関連すること