うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

レクサプロの副作用や服用するときの注意点ってなあに?

   

うつ病に効果のある薬は色々ありますが、比較的副作用の少ない薬の一つとして、レクサプロが挙げられます。レクサプロは効き目も早く、一般的には服用開始から一週間ほどで効果が感じられるといわれています。ここではレクサプロの効果や副作用、飲み合わせなどについて見ていきましょう。

レクサプロって、どんなお薬?

レクサプロは、日本では2011年から発売が開始された抗うつ剤で、SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)の1つです。

うつ病の患者に見られやすい症状に、気分の落ち込みや不安といった症状があります。これらの症状に関係があるといわれているのが、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」です。レクサプロは、脳内のセロトニンを増加させることで、抗うつ効果をもたらすといわれています。脳内で役目を終えて不要になったセロトニンは回収されますが、その回収を邪魔(阻害)することで、脳内のセロトニンの量が減るのを防ぎます。回収されなかったセロトニンはそのまま働き続けるので、抗うつ効果が期待されるのです。このような働きをする薬のことをSSRIといいます。

スポンサードリンク

副作用とその対処法は?

レクサプロは、他の抗うつ剤に比べると副作用が少ないといわれていますが、全ての人に副作用が出現しないわけではありません。

レクサプロの副作用のうち、一番起こりやすいといわれているのが吐き気です。レクサプロを飲み始めてから、比較的早い段階で出現しやすい副作用が吐き気で、念のために吐き気止めの薬を一緒に処方されることもあるようです。一般的に、レクサプロの服用を続けていくうちに、だんだんと吐き気は出現しなくなることが多いようですが、個人差もありますので、気になることがあれば主治医に相談するようにしましょう。

他の副作用に、傾眠傾向があります。傾眠とは、大きい音がしたり、叩かれたりといった周りからの刺激があれば目が覚めるような浅い眠りの状態で、刺激がなければすぐに意識が混濁する状態を指します。つまり、「うとうと」しているのが傾眠です。

傾眠は、仕事や車の運転などに支障をきたす場合があるため、主治医に相談して、必要があれば薬の量を減らしてもらったり、日中に働いている人であれば服薬時間帯を朝から夕方に変更してもらったりすることで、状態が改善される場合があります。また、生活リズムを見直して、睡眠の質を向上させることで、日中のうとうとした状態が改善されることもあります。

その他、レクサプロの副作用には下痢やふらつき・不眠・頭痛などがありますが、いずれの症状も人によって感じ方は様々であり、勝手な判断で薬の服用を止めたりせず、主治医に相談することが望ましいでしょう。

スポンサードリンク

食べ合わせ・飲み合わせの注意点は? 

薬を服用する際、併用することで薬の作用が増強されたり、重い副作用が出現したりする場合があります。レクサプロの場合、特に注意しなければならない薬として、セレギリン塩酸塩(エフピーなど)やピモジド(オーラップ)等が挙げられます。セレギリン塩酸塩との併用では、脳内のセロトニン濃度が高すぎる状態になる「セロトニン症候群」という副作用が起き、不安やイライラ・振戦(震え)などが出現する可能性があります。ピモジドは不整脈を誘発して危険なため、併用は禁忌です。

また、ハーブの一種で、サプリメントとしても販売されているセント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)も、「セロトニン症候群」を誘発する恐れがあるので注意が必要です。

アルコールもまた、副作用を出現させやすくするとされているので、控えるのが望ましいでしょう。

 

まとめ

副作用が少ないといわれている薬でも、自分の体に副作用が出現しないとは限りません。仮に、これまでに一億人の人がその薬を飲んで副作用が何も出なかったとしても、自分が重い副作用の出現する最初の一人になるかもしれません。

薬は、主治医や薬剤師とよく相談してから服用するようにしましょう。決して自己判断で増量や減薬をしてはいけません。また、少しでも異変を感じたら、遠慮なく医療機関に相談しましょう。

副作用とは異なりますが、レクサプロは比較的新しい薬なのでジェネリック医薬品がなく、値段も高価になります。費用の面も、遠慮なく医師や薬剤師に相談しておくと、治療を続ける上で安心です。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 精神安定剤や治療薬