うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

パキシルの効果って実際どうなの?効果効能、副作用まとめ

   

パキシルとは

パキシルとは日本では2番目のSSRIと呼ばれる種類の抗うつ薬で、2000年から販売されています。とても効果が強いことで評判ですが、SSRIの中では副作用が出やすい方だと言われています。また、ジェネリック医薬品としてパロキセチンという同じ成分の薬が販売されていますので、安い値段で手に入れることが可能です。

スポンサードリンク

パキシルの効果

パキシルは抗うつ作用の他に、抗不安作用があります。不安に対する効果はとても高く、これこそがパキシルの特徴と言えるでしょう。パキシルはうつ病の人だけでなく、パニック障害、社会不安障害、PTSD、強迫性障害など他の病気の人にも効果を発揮します。

パキシルは少量から始めて徐々に服用する量を増やしていき様子を見ます。だいたい2週間~1ヶ月程度で効果が出てきます。1年くらいじっくりと服用していくことがよくあるようです。

 

パキシルの副作用

パキシルは高い効果を期待できる薬ですがその分副作用も見られます。副作用としては眠気や吐き気がよくあります。眠気の原因として夜の睡眠が浅くなっている可能性もありますので、昼間に眠気を感じたら、夜にきちんと睡眠を取れているか意識してください。場合によっては他の薬の併用も検討することになると思いますので、ひどい場合は医者に相談しましょう。

吐き気はしばらくすればおさまることが多いようです。吐き気の場合もあまりにも長く続くような場合は、医者に報告して他の薬にすることを相談してみてください。また、まれにセロトニン症候群になり発熱、発汗、けいれんなどを引き起こすことがありますので、注意しましょう。

スポンサードリンク

パキシルの離脱症状

パキシルの量を減らしたり、パキシルの服用をやめたりすると、離脱症状が出る可能性があります。これは、今まで服用し続けてきた薬を得られないことで体が過敏に反応するものです。

症状として、シャンシャンと鳴るような耳鳴り、ビリビリと感じる手足のしびれ、倦怠感、吐き気などがあります。この中でも耳鳴りとしびれのことをシャンビリと言います。このシャンビリに悩まされている人は非常に多いです。パキシルはこの離脱症状がとても出やすいです。調子が良くなったからと突然自分の判断で服用をやめてしまうと、この離脱症状になってしまう恐れがあります。

 

薬を減薬、断薬する場合の注意事項

必ず医者の指導のもと薬を減らしていきましょう。医者の指導のもとで離脱症状が出た場合も、必ず医者に報告して、対応を委ねてください。一般的には薬を減らすペースを落としたり、離脱症状が出にくい他の薬に変えたりして様子を見ながら、薬をやめられるようにしていきます。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 精神安定剤や治療薬