うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

仕事漬けの毎日から脱却する仕事術

      2016/04/16

あなたは今、「忙しい」が口癖になっていませんか?その仕事、本当にあなたが一人でしなければならない仕事ですか?そして、忙しくないときの自分に不安を感じたりしていませんか?真面目で責任感の強い人ほど、うつ病になりやすいともいわれています。ちょっと力を抜いて、今の自分を見つめ直してみませんか?

仕事を抱え込みすぎていませんか?

社会人になり、それなりに職場での経験を積んでいくと、任される仕事も多くなってきます。テキパキと部下や後輩に仕事を振り分け、要領よく仕事をこなしていく人がいる一方で、部下に任せるべき仕事まで自分ひとりで抱え込んで、時間に追われてばかりいる人がいます。

決して部下が信用できないわけではないのに、せっかく出世して上司の立場になっても、うまく部下に仕事を割り振ることができないのです。その結果、難しい仕事や大量にこなさなければならない仕事など、自分の許容範囲を超える仕事がやってくると、途端に限界がきてしまい、落ち込んだり、自分を責めたりしてしまいます。また、場合によっては、急に仕事が回らなくなっている状況を見て、周囲からの信頼までも失いかねません。

こういうケースに陥る人は、何でも細かいところまで気になってしまい、一から十まで自分の目で確認しないと落ち着かないか、自分の価値を周りに認めてもらいたくて必死にもがいているか、どちらかのタイプなのではないでしょうか。そして、本当は心のどこかで、そんな自分を誰かに助けてもらいたいと思っているのではないでしょうか。

どちらのタイプにせよ、真面目で几帳面だったり、何に対しても一生懸命だったりすることが多く、自分で自分を追い詰めてしまいがちです。こんな状態を見て見ぬふりする前に、一度自分自身の心と向き合って、重い荷物を降ろしてあげましょう。

スポンサードリンク

自分の本当の気持ちを知るヒント

まず、紙とペンを用意してください。そして、心の中で思っていることを、何でもいいから書き出してみましょう。殴り書きでもいいのです。そんなことを急に言われても、なかなか書けないという人は多いでしょう。最初は思ったことを素直に書き出すのは難しいかもしれません。スラスラ書けなくても構いません。まずは一言、書いてみましょう。

例えば、「仕事がうまくいかなくて腹が立った」と書いたとしましょう。では、どうして腹が立つのでしょう?ある人は「自分のスキルが足りなくて、自分にイライラしたから」と書くかもしれませんし、別のある人は「上司が的確な指示を出さなかったから」と書くかもしれません。さらに、「上司は普段から威張っていて嫌いだ、どこかにいなくなればいいのに」と書くかもしれません。どんどん書いていくうちに、「あいつは最低だ!」「仕事なんか全部放り出してしまいたい!」「誰か助けて!!」といった言葉が飛び出すかもしれません。

書いていくうちに、どんどん自分の本当の気持ちが見えてきて、全てを書き終えた頃には「ああ、本当はこんなふうに思っていたんだ」「あれ、この部分は他の人に手伝ってもらってもよかったかも」といった本音が見えてくるでしょう。本音が見えてくると、心を楽にするための解決方法も見えてくるかもしれません。

スポンサードリンク

汚い言葉を書いてもいいの?

どんなに汚い言葉を使ったって大丈夫。だってこれは、紙の上での話。誰かに迷惑がかかるわけでもなく、自分の心の中を整理するためにするものですから。そして、全てを書き終え、心の中が見えてきて冷静になったら、その紙は破り捨ててしまいましょう。

自分の本当の気持ちを知ることが、仕事漬けで疲れた心を癒す方法を見つける第一歩。この方法は、心療内科の医師やカウンセラーなどが、自分の気持ちが整理できない人や、本音をさらけ出せない患者に勧めることもある方法です。そして、ひとりで抱えるのが大変なら、思い切って誰かに話を聞いてもらうのも大切です。

 

まとめ

たくさんの仕事を抱えて、本当は心が悲鳴をあげていると気付いたら、まずは自分の心の声を聞いてみましょう。そして、できることなら誰かに相談してみましょう。家族や友人・同僚でもいいですが、職場に専門家はいませんか?保健師や産業医・カウンセラーを採用している企業もあるでしょう。また、職場内で相談することに抵抗があるようなら、電話相談などの窓口を設けている機関もあります。これらの専門家には守秘義務があります。プロの立場からアドバイスをもらっても、あなたの秘密は他に漏れることはありません。あなたも思い切って、扉を叩いてみませんか?

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - うつ病と仕事とお金