うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

誰も信用できないと思っている人へ!スグ出来る3つの解決法

      2017/10/14

何かを信用しなければならない、でも出来ない。誰かを信用しなければならない、でも出来ない。信用という言葉の意味は理解できても、そうすることが出来ない。

そんな時どうすればよいのでしょうか?その原因は、自分自身が本当は良く理解している事なのに、どうしても出来ないでいる自分がいるのではないでしょうか。

誰も信用できないあなたは、誰かを信用するという人の考えが理解できますか?逆に誰でも信用する人は、信用できないあなたへ対して一体何を考えるのでしょうか?

今回は信用に対する考え方と、人を信用したくても出来ないでいる、あなたの心の解決法について考えていきたいと思います。

あわせてよく読まれてます
人を信用できないのは病気なの!?妄想性パーソナリティ障害の症状と原因とは?

スポンサードリンク

信じる事、信用する事が出来ない理由とその解決方法

 まず、「誰も信じない」と考える原因は必ずあります。多々あるとは思いますが、今回は3つ考えてみました。

① 幼少期、少年期など多感な時期のトラウマ

幼いころの家庭環境が原因である事です。誰かを信用したせいで、両親が苦しんだり、自分自身が傷ついたりしたことはありませんでしたか?そう、あったはずです。あなたは多感な時期に、その出来事を純粋にまっすぐ受け止めてしまった事で、今の信用できない自分を作り上げているのです。

では、どうすればよいのでしょうか?

 

A.過去は過去の事として割り切る事が必要です。
 
自分が受けた心の痛みを誰かに相談することは必要です。そして何回もそれを繰り返す事をおすすめします。そうすれば、自分の中でそれが本当の意味で過去の出来事であると、強く認識していきます。辛い記憶を掘り起こすのはとても大変な事ですが、少しずつゆっくり相手に心を開いていくことが、本当の意味で誰かを信用できる状況に繋がってくるのです。

 

② 自分以外の誰かのせいにしている

あなたが今、思い悩んでいる事があるとします。では、お尋ねします。その理由は一体何ですか?何が原因で悩んでいるのですか?そう尋ねられた時、あなたがもし、こう答えるなら、それが誰かを信用できない事に繋がっています。その答えは「自分以外の誰かのせいにしている」という答えです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

 

A.今ならまだ間に合います。その考え方を修正して下さい。

自分の問題を他人の、誰かのせいにすることは、つまりは自分自身を苦しめているといという事に気づいて下さい。周りに悩みの原因を求め続けていると、いつも周りの状況にライフスタイルが左右されてしまいます。

だからこそ、「あいつのせいだ」→「じゃあ自分はどうしよう」に変え、それに対応していくことが、本当の幸せの第一歩となります。誤解しないでいただきたいのは、「全部自分のせいだ」と思ってほしいのではありません。

他人と言うのは、自分の何倍も変える労力がかかります。だから、そこをいつまでも気にしていても、苦労するのは結果的に自分ですよということです。

また、疑心暗鬼の目で世界を観ると、それは自分自身の孤独以外何も生まれません。あなたの心の中の自分は、そんな世界を望んでいません。あなたは、あなたの素晴らしさや、弱い部分を心の底から見つめることで、新しい世界へ一歩踏み出す事が出来るはずです。

 

③ 自分に自信が持てない事が原因

人には誰でも理想があると思います。その理想通りにいかない事にストレスを感じて、そのストレスが、他人や誰かではなく自分に向けられると、それが原因で自己嫌悪になってしまいます。そして、自信がなくなり自分自身さえも信用できなくなってしまうのです。

では、どうしたらよいのでしょうか?

 

A.今出来る事に目をそむけずに、何事にも、自分の中に期待感を持って下さい。

無意識の中で、あなたは「他人は自分と同じ考え方で、同じようなものの見方をしている」と考えているでしょう。その物差しで理想をはかって、それが出来ない事に絶望する必要は全くありません。

そして、その物差しで見下される事も無いのです。今出来るあなた自身の得意な事に目を向けて、誰の何を気にする事もなく、自分の中に期待を持って下さい。そして、自分自身を褒めてあげて下さい。試してみて下さい、そしてもう一度思い返してください。何故、自分に自信が持てなかったのか。

スポンサードリンク

誰かを信じなくてもいいと思っているあなたへ

信じることだけが全てとは言い切れない部分も確かにあります。

だから「あなた次第」なのです。でも、人を信じられない世の中に、一歩でも足を踏み入れてしまうと、いざそこから抜け出すのはとても大変です。他人や周囲は全て自分の敵で、自分は常にその恐怖と闘って生きている。こんな世界では正気を保てなくなってしまいます。

ですから、少しだけ考えを変えてみて下さい。自分を信じられない事が、他人を信じられない原因なのだと。「信じるか信じないかはあなた次第です。」最近よくはやっている言葉ですが、的をえている気がします。

冒頭でも言いましたが、「誰かを信用しなければならない」のではなく、実は、自然に「誰かを信用しよう」と思える心が大事な事です。上記3つの事柄を試すことは決して難しい事ではありません。難しく考えずに、自然と人と接しているうちに、素直にそう思える心が大切です。ぜひ、試してみて下さい。

スポンサードリンク


■一緒に読まれてる記事■

 - 対人関係