うつ病の症状を克服「うつ病治療ラボ」

うつ病の症状を治療し、克服する為の情報サイトです。うつ病の専門家の意見も踏まえながら改善に向けた情報を提供していきます。

*

うつ病のチェックの仕方 3

      2017/04/16

Pocket

何をしていても頭の中から問題が離れない

心が揺さぶられるということは、それを引き起こす原因となる、何かの問題が心のなかにあるからこそ、人はうつ病になり始めます。

そうなった場合、その人はその問題をなんとか解決しようとして一生懸命に悩み考えるのですが、その結果、どうしてもうまくいかなかったり、どうやっても問題が解決出来ないという結論しか頭の中に出てこないと、心のなかに絶望という暗雲が立ちこめます。

そんな状態になってもなお、なんとか問題を解決しようとして一生懸命に取り組みすぎてしまうから、当然頭の中はその問題でいっぱいになります。

そんな心の状態の人は、客観的に見ると、周囲の人からはどのように見えるのでしょうか。

スポンサードリンク

こんな風に見える方は要注意

・家族や友人が話しかけても、上の空で生返事

・食事中でもなんでも、とにかくボーッとしている

・下を向いてブツブツ言うようになる

このような症状が表れます。

もしあなたがこのような状態を自覚したら、すぐにでも診断を受けたほうがいいです。心が直面する問題に心を蝕まれ、自分自身で心をコントロールできなくなってきている前兆です。

当然、そんな心の状態では、何かをしたいといった日常的な生理的欲求も徐々になくなってきます。美味しいものを食べたり、ゆっくりとお風呂に浸かったり、くつろいで晩酌を味わったりしたいといった欲求もなくなり、更には夜の営みに対する欲求もなくなってくるでしょう。

心配した家族や恋人が、あなたのためにごちそうを作ってくれても、それを美味しいとすら感じ取れなくなるかもしれません。

例えば、本を読むのが好きな人、テレビや新聞を見るのが好きな人も、その好きなことをやろうとさえ思えなくなるくらい、心が問題に占有されていくのです。

心を覆いつくす問題に心を囚われていますから、愛する家族や恋人、友人が目の前にいて話しかけてきても、心は集中できません。当然笑顔で返す余裕などありません。

スポンサードリンク

心のコントロールが効かなくなる前に

問題が心のなかに深く住みつき、心のすべてが問題にとらわれてしまい、コントロールが効かなくなってくる、、、、

このような状態は明らかに危険信号です。黄色信号ではありません、すぐに医者に行ったほうが良い状態だということを自覚しておいてください。

スポンサードリンク

Pocket

 - うつ病をセルフチェック